慰安婦問題に対抗するために、少女が売られ親がお金をもらっている様子の「キーセン像」建立運動を応援しよう!!

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の第2回定例会

この動画は、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の第2回定例会の模様が収録されています。

この団体は、沖縄が中国などに乗っ取られないようにするために活動をされている団体です。代表は、「沖縄のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれている我那覇真子さんがやられています。

book_ganaha001

慰安婦問題について

当時の朝鮮半島出身者を日本の軍隊や官憲が女性を強制的に慰安婦にした事件はありません(オランダ人についてはそのような事件があり首謀者は戦後に処刑されました)。

朝鮮半島出身者の慰安婦について、実際にあったのは、

●親が業者に娘を売った(娘に前借り金の借金を負わせた)

(多くの場合、親が直接女性に仕事の内容を伝えず、女性自身にはあらかじめ仕事の内容が伝えられなかった)

keesen

●業者が女性をだました

●女性が自ら志願した

●業者が女性を拉致した(警察が保護したという新聞記事が残っています)

 

「キーセン像」建立運動

ここで、我那覇真子さんのお父様の我那覇隆裕さん(応用心理カウンセラー)(以下、局長・・・ラジオ番組での沖縄防衛情報局局長に由来する呼称)がスピーチをされていて、12:40くらいから、慰安婦問題に対抗するために、「キーセン像」建立を提案されています。

「キーセン像」の趣旨・概要

    局長の発言の要旨は以下の通りです。
  • 少女が女衒に売られ親がお金をもらって感謝している様子の像
  • 悲しい女性たちの鎮魂の像
  • 沖縄は北朝鮮の重点的な活動拠点(米軍を追い出すため)
  • 後ろには、北朝鮮の軍服をした兵士がいて、ピースサインをしている。
  • 北朝鮮の兵士は、「日韓断行万歳!!」という「のぼり旗」を持っている
  • 慰安婦問題は、北朝鮮が韓国を攻めるための工作
  • 慰安婦問題に弁明をしても単なるいいわけに聞こえる。新しいイメージで上書きするしかない。
  • 局長たちが火をつけて本土の人たちに活動を促したい。

「キーセン像」建立活動を応援しよう!

今後世界中に建てたいとのことですが、1つでもあるだけで、効果抜群だと思います。

建立する場所を確保したり、像を作ったりするのに資金が必要だと思います。

みなさんも「キーセン像」建立活動を応援しよう!

 

nk-soldiers

(参考画像:北朝鮮兵士)

サイト構築システムのWordpressにて、サイドバーに最新コメントを表示する方法

サイト構築システムのWordpressでは、いろいろな無料テーマが出回っていて、簡単に外観を変えることができます。

(実はいくつか自分のWordpressサイトを持っています)

また、プラグインがたくさん出ていて機能を追加したり、ウィジェットを使って、サイドバーにアイテムを追加することもできます。

しかし、適当なプラグインがなかったり、ウィジェットが対応していない場合は、cssファイルやphpファイルを直接いじる必要があります。

今回は、サイドバーに最新コメントを表示する方法をご紹介します。

使用しているテーマのsidebar.phpなどに、下記を追加するだけです。

 

<?php
$comments = get_comments(array('status' => 'approve' ,'number' => 20, 'type' => 'comment'));
$prev_link = "";
foreach($comments as $comment):
$post = get_post($comment->comment_post_ID);
?>
<li>
<?php
$this_link = get_permalink($post->ID);
if( $this_link != $prev_link ) {
  echo '<a href="' . $this_link . '">' . $post->post_title . '</a> へのコメント<br />';
}
$prev_link = $this_link;
?>
・<?php comment_author_link(); ?> さん(<?php comment_date('m/d'); ?>)<br />
</li>
<?php endforeach; ?>

コメントの内容までは表示しません。

numberの20で表示する数を指定しています。

こちらを参考にさせていただきました。

相模原市緑区の発展

<元々、知人が相模原市緑区選挙区(橋本、津久井、相模湖など)の相模原市議選に出たために宣伝として掲載させてもらいましたが、選挙期間が終わったので、その部分は削除しました。選挙結果は分かり次第掲載いたします。


神奈川県相模原市橋本といえば、リニアモーターカーの駅ができると言われているところです。また、津久井にはもうすぐ圏央道のIC(相模原IC)ができて、やっと万年渋滞が解消しそうです。今後、一層と盛り上がる地域となると思います。

最安ミラーレス一眼レフデジカメのNikon 1 J1を買いました

今まで、デジカメは、携帯性に優れるコンデジ(コンパクトデジカメ)で十分と思っていました。

(参考画像:コンパクトデジタルカメラのPentax Optio E70 - 格納時にレンズの出っ張りがなく薄いので携帯性に優れますが、どのコンデジも焦点合わせが遅いという欠点があります)

しかし、画質は年々良くなっても焦点合わせのスピードが遅くて、スポーツしている人物を撮るのはかなり難しい…

そして、仕事上、手動で焦点合わせができて画質もそれなりに良いカメラが必要に…

調べてみると、コンデジの焦点合わせのスピードが遅いのは、コントラスト検出方式を使っていてレンズを動かしながらコントラストが大きい位置を探しているためとのこと。

これに対して、一眼レフ(ミラーレス一眼を含む)の場合、位相差検出方式を使っているため、瞬時に焦点合わせが可能とのこと。

(参考画像:一眼レフで使われている位相差検出方式)

銀塩カメラ(フィルムカメラ)の一眼レフでも瞬時に焦点合わせが可能だったので、どの一眼レフでもそれほど変わらずに早く焦点合わせができるものと思われます。

しかも手動で焦点合わせができるものがほとんど。

また、自分の場合、カメラを買うと、子供が使いたがるので、壊れてもショックが大きくないように安くて丈夫なことが重要。

というわけで、最も安いレベルのミラーレス一眼を探すことになりました。もちろん新品で。

主に、価格.comとヤフオクで価格調査。候補に挙がったのは、

●Pentax Q 02ズームレンズキット(最安23980円 - 購入当時の値段 以下、同じ)

●Nikon 1 J2 標準ズームレンズキット(赤が最安22490円)

●Nikon 1 J1 標準ズームレンズキット(シルバーが最安20800円)

(いずれも型落ち品)

最初は、ほぼPentaxに決めていました。それは「最も小さい」という点と、「大人の事情(以前の仕事の関係…)」でです。

(参考画像:ミラーレス一眼最小のPentax Q - サイズは魅力的)

しかし、Pentax Qと他のミラーレス一眼を触ってみると、レンズの出っ張りがあるので、「本体の大きさ」はあまり重要ではないという感想を持ちました。

そして、Pentax Qシリーズは比較的電池の持ちが悪いそうで・・・(電池のスペースが少ないので納得…)

結局、値段が安いNikon 1 Jシリーズに絞ることになりました。

(値段以外でも、Sony、Canonはレンズが大きすぎ)

Pentax Qシリーズは一眼で最も小さいという利点を強調するために、厚さが薄い単焦点レンズとのセット品を用意して、Ricoh GR Digitalが備えるデジタルズーム機能を入れるといいのではないかと思います。その方が後でズームレンズの需要が出て利益が上がりそうだし…

(参考画像:単焦点レンズの採用によって高画質を実現している高級コンデジのRicoh GR Digital)


Nikon 1 Jシリーズの最新版は、Nikon 1 J3です。これだと、レンズ付きで、4万円を超してしまいます。

そこで、型落ち品のJ2かJ1にすることに・・・(外見上はほとんど同じ製品 - 新製品よりも枯れた安い製品が好きです)

J2はレッドしか安くなっていなくて、レッドは避けたいので、結局、最安のミラーレス一眼レフデジカメのNikon 1 J1のシルバーを買いました。

さっそく、2点ほど、改造を。(後日写真掲載予定)

●ストラップを子供用に短く

(同梱のストラップのひもを最も短くなる位置で固定して、余ったひもはぐるぐる巻きにしました。長いままで使うと、カメラをぶつけたり濡らしたりしてしまいます)

●レンズカバーにドリルで小さい穴を開けて、ひもを装着

(標準のレンズカバーには「ひも」がついていないので、すぐになくなってしまいそうです。12年前に13万円ほどで買ったSonyのデジカメでもレンズカバーをなくしてサードパーティー製のひも付きレンズカバーを購入しました。今回はそのひもを装着してストラップに固定しました)

Nikon 1 J1は1年半前に発売された型落ちのミラーレス一眼ですが、コンデジと比べれば大満足な機能と性能でした。

(参考画像:Nikon 1 J1の5つの色と、ファインダー付きのNikon 1 V1(右奥) - J1のピンクの色は貴重だそうです)

なお、Nikon 1 J1、J2、J3の特徴として、フラッシュを使う場合は、必ずボタン操作でフラッシュユニットを物理的にポップアップしないといけないという点があります。

逆に言うと、これは、「ポップアップしなければフラッシュしない」という機能なので、フラッシュを使ってはいけない場所ででも、わざわざフラッシュ無効になっているか確認せずに、気軽に撮影できます。

(参考画像:フラッシュをポップアップした状態 - この状態にしないと確実にフラッシュしない)

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR