映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は「未来は決まっている」ことが前提。「福士くんパラドックス」は?

福士蒼汰&小松菜奈が主演の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を見てきました(少しネタバレ)。

bokuhaashita

タイムものの映画は好きなので、女子高生が見るような恋愛系の映画を見てきました。

公式サイトはこちらwikiはこちら予告動画はこちらプロモ動画はこちら

タイムものの中では、

逆に進行するパラレルワールド系

のようです。ようするに、

時間が逆に進行する同じような世界が別で進行していて、その別の世界の男女どうしが出会う

ということですね。

恋愛系の中で考えると、

制約があって一日一日を大切にデートしていく

相手が命の恩人でもある

というような設定です。

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』よりも気軽に見れた

benjamin

(公式プロモ画像より)

タイムトラベルという観点でストーリーが似ているものとして、ブラッド・ピット主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』公式サイト)があります。こちらは、

パラレルではない単一ワールドで、1人の人生の外見だけが逆に進行する

というものです。「赤ん坊のときには外見がおじいさんなので父親が逃げ出してしまう」という悲しいストーリーです。

これと比べると、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は気軽に見れていいですね。


カップルで一緒に見るのにおすすめ

制約があるので、相手に30日しか会えません。したがって、一日一日を大切にデートすることになります。

しかし、それ以上に、下の項目で書くように、

「今つきあっている人とは運命で定められている」

と思うようになるのです!!

この冬に一緒にぜひ!!


物理的な考察・矛盾点

ここからは、本来は考えてはいけない(!?)かもしれない物理的な考察・矛盾点です。

「逆に進行するパラレルワールドが他にあるなんて、ありえない」なんてことではありません。人間はまだそんなにものごとについてわかっていないのです。

そんなことよりも…

未来は決定されている(人間の活動などにかかわらず)

この映画の筋書きを考えれば、人間や動物がどんな活動をしようとも、その活動をすること自体がすでに定められていることであって、「未来は決定されている」というように解釈することができます。

だって、自分の5年後、10年後の未来について、相手は、5年前、10年前にすでに経験していて、逆も同じですから。

ラプラスの魔

このように「未来は決定されている」ということは、物理学的にも別にあり得なくもなくて、実際に、「未来は決定されている」という「ラプラスの魔」という仮説があります。(本気で主張されていたということではありません)

すべての物が中学で教わるニュートン力学に従うなら、人間の脳内活動も分子などの運動の結果発生する以上ニュートン力学に従うことになります。

ニュートン力学では、ビリアードの上にあるボールのようにすべての運動を予測できるので、人間の脳内活動もすべての物の運動も、すでに決まっているということになるのです。

現在は、この「未来は決定されている」というラプラスの魔自体は、「原子のような小さいものはニュートン力学に従わない」ということがわかっていますので、否定されています。

しかし、「未来は決定されている」ということ自体を否定できるほど人間は物の理をわかっていません。

映画の矛盾点

この映画の矛盾点は、まさにここにあるのではないでしょうか?

映画では、日記どおりに行動しないのかでもめる行動も含めて、2人の行動は2人自身で決めているというような感じで描かれています。

しかし、上記のように、そもそもの設定が「未来は決定されている」というようにしか考えられないわけです。

福士くんパラドックス

福士くんが「一緒に両親と会う」とか、これからのことが書いてある日記を見たときに「こんな日記に縛られるデートなんて嫌だ!」というようなシーンがあるわけです。

そのときに、福士くんがどうしても

「この日に一緒に両親と会わなければいいんだろ!」

として両親と会わなければどうなるのでしょうか?

●本人がどうがんばっても結局(事故などが起こり)会うはめになる
●多少逸脱しても自動修正され、逸脱している時の記憶は消される
●ルールを知ったにもかかわらずそれに従わない福士くんは、メン・イン・ブラックのような軍団に襲われてこの世からいなくなる(笑)

meninblack

(映画メン・イン・ブラックのプロモ画像より)

といったところでしょうか?

アンジー監督の映画「不屈の男 アンブロークン(原題:UNBROKEN)」を見たら、ねつ造された反日映画とは思わなかった

アンジー監督の映画「不屈の男 アンブロークン(原題:UNBROKEN)」が2016/2に公開されていたようですが、遅れて最近見てみました。(公式サイトWikipedia

unbroken1

(公式サイトより)

産経新聞の記事やネット上の書き込みの影響で、夫のブラッド・ピットがセブン・イヤーズ・イン・チベットで中国ににらまれたので、逆に中国に気に入られようと「ねつ造された反日映画」を作ったという先入観があったのですが、実際に見てみたら、そうはあまり思いませんでした。

反日的ではないと思う理由

●主人公は長い間海の上で助けが来なくて死にかけていたところを、結果として、日本軍によって収容された(助けられた)

●なんだかんだ言って、日本は捕虜として扱っている

※現在のアメリカ軍は、キューバ内のグアンタナモ米軍基地で拷問などを公然と行っていて、適切な捕虜として扱っていません(テロリストは正規軍の軍服を着ておらず捕虜として扱う国際法上の必要性がないという理屈)。なぜグアンタナモ米軍基地でやるのかというと米国の国内ではないため、国内法が及ばないからです(Bush Jrが許可)。

●捕虜収容所で、多少理不尽なことをされるのは、あまり驚くことではない 描かれていることは特に驚くようないびりではなかった。

unbroken2

(公式サイトより)

●ラジオ放送で家族に自分が無事であることを伝える機会が与えられ、「戦時下の状況を考えると適切に扱われている」と自分の言葉で話している。

●最初に、乗り込んでいる爆撃機が爆弾を落としている光景が描かれている

●東京の空襲で日本人が被害を受けている状況も少し描かれている

●アメリカ人の目線で見ると、「脱獄」したり「反撃」したりする訳ではないので、「つまらない」と感じる人も多いと思った

●グアンタナモ米軍基地で拷問を現在行っていることを知っているアメリカ人の目線で見ると、殺されず捕虜として扱われていて、拷問はないので、日本=悪とは思わないと思う。

反日的な要素

とはいえ、強引に反日的にしているのではないかという要素もありました。

●日本軍によって収容された後に、自分たちよりも前に尋問されていた前の米兵が、斬首されたことになっていた。

(そのわりに自分たちは殺されず捕虜収容所へ行くことになるのは不自然)

●その後、単に体を洗う光景を、自分たちが斬首されそうになるかのような恐怖シーンに変えていた。

●ラジオ放送の協力を拒否した後に、捕虜全員が主人公の顔面を殴るように強制されるシーンがある。

 

今後チャイナマネーがアメリカで浸透してくることを考えると、残念ながら、反日的な映画はますます増えそうですね。

魅力的な女性たちが出演しているおもしろいドラマ - ダメ父とダメ母

いまやっている魅力的な女性たちが出演しているおもしろいドラマを紹介します。


「時をかける少女」は、毎週土曜21時から放映中で、黒島結菜さんが主演です。なんと、今までの「時をかける少女」とはまったく別のストーリーです。

他のタイムスリップものと比べると、かなり簡単にタイムスリップできます。

timeleapgirltimeleapgirl2

(公式サイトより)

   



happymarry1

「はぴまり?Happy Marriage!??」は、amazonが作っているドラマで、こちらからプライム会員なら無料で視聴できます。清野菜名さんとディーン・フジオカさんが主役です。藤原紀香さんが55歳の秘書役で出ています。


清野菜名さんもディーン・フジオカさんも知らなかったのですが、ディーン・フジオカさんは金城武さんみたいな人で、アジアで俳優としてブレイクし、5カ国語くらい話せるそうです。

予告編動画はこちら。公式サイトに掲載されているあらすじはこんな感じです。

こんな結婚ってあり!? イケメン・エリートサラリーマン、間宮北斗(ディーン・フジオカ)が、 借金を抱えたOL、小鳥遊千和(清野菜名)に「借金返してやるから、俺と結婚しろ」とプロポーズ!! 横柄な北斗の態度に、即、断りをいれた千和だったが、後に、仕方なく結婚をすることに。 ドSな御曹司×男性経験ゼロOLの、奇想天外な新婚生活が始まった!! 果して、この結婚上手くいく!? しかも、北斗が千和を選んだのには、何やら深い事情があって。 これは、互いの利益の為に、「愛」のない「契約結婚」をした2人が、様々な人と出会い、あらゆる困難を乗り越え、真の「夫婦」になるまでの物語です。

原作が少女コミックっぽいシンデレラっぽい展開ですが、王子が傲慢でいじわるだったりします。

しかし、さすがに元が少女コミックなだけにかっこいい面も見せます。

清野菜名さん演じる「千和」に感情移入してしまう人は多いのではないでしょうか。温水洋一さん演じるお父さんがギャンプルで作った借金のために、ヤクザが娘を「慰安婦」にしようと連れて行きます。しかし、ダメ父は「ごめんね」とはいうもののあきらめて寝てしまいます。昔も今もダメ父はいるんですね。下の「受験のシンデレラ」では娘の貯金をだまって持って行ってしまう富田靖子さん演じるダメ母が出てきます。


juken1

「受験のシンデレラ」は、NHK BSでやっているドラマで、川口春奈さんが定時制高校に通っている生徒役で主演です。小泉氏は教える方です。ちなみに、川口春奈さんは長崎県五島列島出身で、海釣りが趣味で、1日に300匹も釣ったことがあるそうです。以前、「夫のカノジョ」というドラマに主演していましたが、平均視聴率が3%台とゴールデンタイムドラマの史上最低視聴率を取ってしまいました。内容は面白いドラマでしたが、「夫のカノジョ」という題名だと、家庭の中のお父さんはもちろん、奥さんも、子供も見づらい内容をイメージしてしまうことが原因かなと思います。

人生の希望を失ったカリスマ予備校講師の男と落ちこぼれの女子高生が挑戦する、とてつもなく無謀な目標!はたして彼らは、わずか1年で難関・東大合格を手に入れることができるのか?!

受験テクニックも出てくるので、中学生や高校生は、見るといいかもしれません。

「東大受験」は、努力した人が成功するのではなく、努力しない方法をみつけるのがうまいずるい人が成功するものなのです by ぽち(いちおう昔合格)

<追記>第2話で、「数学は解き方を暗記するものである」とあったのには賛成できません(まぁ、言いたいことはわかりますが東大の二次の数学だと普通の方法ではなかなか解けないようになっています)。

「数学で暗記すべきといわれているものは試験中に導き出せばいい。必要なのは問題を正確に把握して楽な方法をみつける能力。」 by ぽち

長澤まさみさん主演映画は悲しいストーリーが多い!?

最近、なぜか長澤まさみさん主演映画をいくつか見る機会がありました。

(長澤まさみさん ― wikipediaより)

 

見たのはこれらです(公開日順)。太字は主演作品です。

(参考画像 映画の宣伝用画像)

(参考画像 映画の宣伝用画像)

(参考画像 映画の宣伝用画像)

(参考画像 映画の宣伝用画像)

(参考画像 映画の宣伝用画像)

(参考画像 映画の宣伝用画像)

 

    お前は、そんなに暇なのか~!!

    とか、

    お前は、長澤まさみのストーカーか~!!

    とかけっして思わないでください。

    悲しいストーリー

    なんと!ほとんどの作品が親しい人が死んでしまうという悲しいストーリーでした~

    1つ見たら「悲しすぎるからもっと楽しい映画があるはずだ」としてもう1つ見て、その後に見た映画も悲しい映画…という連続でした。

    よくいえばどれも心が動かされる映画でしたね。

    みなさんもレンタルDVDなどでぜひ!!

    (※ファンというわけではありません)

最近は良い時代劇はNHKでだけ!?

最近は、どのテレビ局でも韓国ドラマが多く、日本の時代劇がめっぽう減りましたね。

韓国の現代ドラマはまだましですが、韓国の時代劇は最悪ですね。

裏切り、利己的な行動、理不尽な仕打ち、ひどい身分社会と朝鮮式儒教のひどい差別意識…

(参考画像:理不尽な理由で処刑されてしまうことが多く、だんだんと、それがそれほど理不尽だと思わなくなる!?)

以前、NHKの人から、日本のドラマの再放送をすると、1回ごとに(深夜でも)俳優などに当初の1/3のギャラを払わなければならなくなると、(公式な場で)聞きました。

そこら辺の事情が韓国ドラマの採用が多い事情になっているのかもしれません。

日本って、いくら環境が変わったから(深夜に放送するようになった)って従前からのシステムを変えるのは大変ですからね。特に、誰かの既得権益を害する場合は不可能に近い…

 

ところで、韓国ドラマの影響か、民放テレビ局の日本の時代劇が新規なものがほとんどゼロ。

SF的なもの(タイムトラベル系)が時々…

 

こんな状況ですが、最近はNHKで良い時代劇をやっています。

 

今は、木曜時代劇の「かぶき者 慶次」が1つ目。

関ヶ原の戦いの8年後に、石田三成の息子(緑の服の中村蒼)を自分の子どもとしている、前田利家のおいの前田慶次(前田利益)の晩年の話です。普段はだらしないおじさん風ですが、戦国時代の生き残りで、剣の腕は超一流です。

石田三成の息子ということが知られると、徳川に殺されてしまいます。その息子からは藩士にさせてほしいといつも言われていますが、藩に迷惑をかけることになりかねず…

 

BS時代劇の「神谷玄次郎捕物控2」です。

 

ドラゴンアッシュのパパ(古谷一行)版よりも、かっこ良くサスペンス的にもなかなかいい作りです。

 

そして、私が好きだったのが、「妻は、くノ一」です。少しSF的で、ガリレオ的な要素もあります。

松浦静山(平戸藩の元藩主で文武遊び両道―江戸時代を代表する随筆集『甲子夜話』や剣術書『剣談』の著者)がいい味を出しています。

見逃してしまった方は、Huluとか公式DVDとかで…

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR