FC2ブログ

コンテナ型の仮想化環境を提供する最近流行のDockerのコマンド集

※この投稿はプログラム開発者以外にとってはあまり意味ない情報かも!?

Docker

Dockerが最近のソフトウェア開発で流行しています。


(参考画像:公式サイトより - DockerはOSの上で動作してOS環境の容器を提供します・・・意味不明...)

Dockerとは、wikipediaによると、

コンテナ型の仮想化環境を提供するオープンソースソフトウェアである。VMware製品などの完全仮想化を行うハイパーバイザ型製品と比べて、ディスク使用量は少なく、仮想環境 (インスタンス) 作成や起動は速く、性能劣化がほとんどないという利点を持つ。

とのことです。

なぜ最近のソフトウェア開発でDockerを使うのか?

短く書くと、別のPCでも同じ開発環境を作りやすいからです。

ここらへんのことは、「2018年なぜ私達はコンテナ/Dockerを使うのか」というページが詳しいです。

Dockerのコマンド

というわけで、Dockerのコマンドをまとめます。

sudoの付与を不要にする

dockerというユーザーグループに入ることでdockerコマンドを打つときにsudoが不要となります。最初にやっておくと楽になります。

sudo usermod –aG docker $USER

確認:

cat /etc/group | grep docker

イメージを一覧表示

docker images

起動中のコンテナを一覧表示

docker ps

すべてのコンテナを一覧表示(停止中のコンテナを含む)

docker ps -a

リポジトリにタグを付与する

docker tag IMAGE REPOSITORY

docker tag IMAGE REPOSITORY:TAG

イメージからコンテナを起動

docker run –it IMAGE bash

ホストとコンテナでディレクトリを共有して起動

docker run –it –v /hostdir:/containerdir IMAGE bash

ホストとコンテナでファイルをコピー

docker cp CONTAINER:file ./

docker cp ./ CONTAINER:file

コンテナ内にrootとして入る

docker exec –u root –it IMAGE bash

コンテナからイメージを作成

docker commit CONTAINER REPOSITORY:TAG

イメージをファイル出力、取り込み

docker save IMAGE > imagefile.tar

docker load < imagefile.tar

コンテナをファイル出力、取り込み

docker export CONTAINER > containerfile.tar

cat containerfile.tar | docker import - REPOSITORY:TAG

まだまだありますね。

Windowsでコマンドラインでスリープ(サスペンド)や休止状態にするには?

パソコンから少し離れるときなどに簡単にスリープさせることができるといいですよね。

多くのパソコンではFnキーなどを使って1つのキー操作でできるようになっています。

sleep-key-zenbook3

(Zenbook 3のキーボード)

写真のようなASUStekのノートパソコンのキーボードだと、Fnキーを押しながら「Zz」が記載されているキーを押すと、スリープモードに入ることができます。「Zz」は、いびきを表現するときに使われるのでスリープを連想させるようですね。

月マークとなっているメーカーもあります。

Windows 8.1/10ではWinキーでキー操作可能

スリープや休止状態は、Windowsのシャットダウンメニューの中にありますし、Windows 8.1/10では、

スリープ:Winキー+X, U, S

休止状態:Winキー+X, U, H

というように、キー操作で簡単に実行させることができます。

「休止状態」もある

「スリープ」だとどうしても少し電気を使います。

長い間パソコンを使わないけど現在の状況を維持したい場合は、「休止状態」の方がおすすめです。

すでに入っているコマンドでは確実にスリープさせることはできません

rundllなどのすでに入っているコマンドでは(あらゆる環境で)確実にスリープさせることはできません。

powercfg -H off

rundll32.exe PowrProf.dll,SetSuspendState

では、休止状態になってしまうことも多いです。

Windowsでコマンドラインでスリープ(サスペンド)させるには?

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/psshutdown

のDownload PsToolsからPsToolsをダウンロードして、その中のpsshutdown.exeをC:\Windows\System32に展開します。

そして、

psshutdown.exe -d -t 0

でスリープさせることができます。

休止状態は、

powercfg -h on

rundll32.exe PowrProf.dll,SetSuspendState

(PsTools不要)

又は

psshutdown.exe -h -t 0

で実行することができます。

実際には、このコマンドをメモ帳などで書き込んで、standby.batのようなファイル名で保存して、そのファイル又はそのショートカットを、「ダブルクリック」ではなく、右クリックして「管理者として実行」して実行します。

ちなみに、AutoHotKeyでは、以下のコマンドを特定のキーなどに割り当ててスリープと休止状態を実行させることができます。

; Sleep/Suspend:
DllCall("PowrProf\SetSuspendState", "int", 0, "int", 0, "int", 0)

; Hibernate:
DllCall("PowrProf\SetSuspendState", "int", 1, "int", 0, "int", 0)

Zen Cartをcoreserverで使う方法

zencart2

Zen Cartは、世界的には最も使われている無料のオープンソースのショッピングサイト構築用のソフトウェアです。

日本では、EC-Cubeの方がよく使われています。

eccube

どちらもPHPという言語で記述されています。

coreserverは、個別サポートはしてくれないけれど、安く利用できる玄人向けのレンタルサーバーです。

coreserver

Zen Cartをcoreserverで使うには、PHPまわりで特別な設定が必要となりますので、ご紹介します。

Zen Cartをcoreserverで使う方法

Zen Cartをインストールする方法については、こちらを

coreserverでデータベース設定をする方法については、こちらを。

データベース設定をして、

http://[yourshop.com]/zc_install

にアクセスして、Zen Cartのインストールを始めると、「Zen Cart セットアップ - システム検査」のページで、

PHP session.use_trans_sidがOnになっているから、続行できない(赤字)

という旨のメッセージが表示されます。

また、PHP Output Buffering (gzip)がOffですという警告も表示されます。

解決策

phpファイルが配置されているすべてのディレクトリに、php.iniを配置する方法もあるようですが、 今回は、1つのphp.iniを変更する方法をご紹介します。

public_html/.fast-cgi-bin/php.ini

をFTPでダウンロードして、テキストエディタで開きます。

session.use_trans_sid = 1

session.use_trans_sid = 0

に変えます。また、

output_buffering = Off
zlib.output_compression = Off

output_buffering = On
zlib.output_compression = On

に変えます。

これでアップロードすれば解決すると思います。

Windows Updateのエラーが解消しなかったら、神ツールWSUS Offlineで一括適用

最近、Windows 7をスクラッチからインストールしました。しかし、Service Pack 1を適用後、Windows Updateでエラーとなって、進まなくなってしまいました。

そこで、Microsoftのツールを使ってみましたが、解決せず…

WSUS Offline

これで解決しました。これは神ツールです!!

ただし、Microsoft非公認です(笑)。

(Windows 7のスクラッチインストールの場合はどうやら必須ツールです)

元々の目的は、オンラインにすることができないPCにUpdateを適用するためのものです。

何をしてくれるのかというと、

●UpdateGenerator.exe 更新ファイルを自動的にダウンロードします

●UpdateInstaller.exe 一括適用します

 

ダウンロード

本家サイトの右側のMost Recent Versionのところの日付をクリックしてダウンロードします。Windows XPやOffice 2003のアップデートも必要になる場合は、ESR Version (Version 9.2.4)の方をダウンロードします。

使用方法

●UpdateGenerator.exeを実行して更新ファイルを自動的にダウンロードします。

これには約2時間ほどかかります。

●UpdateInstaller.exeを実行して一括適用します。

これは、clientフォルダに入っています。他のPCにて適用する場合はこのフォルダをUSBメモリーなどにコピーするといいでしょう。アップデートの際は、LANケーブルを抜いたり、WiFiスイッチをOFFにして実行させます。これには再起動を繰り返して、5時間ほどかかります。

詳しい使用方法は下記のサイトがわかりやすいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/f5da928d769272d75dd18b09b2805edb

http://www.japan-secure.com/entry/how_to_use_wsus_offline_update.html

一括適用後にWindows Updateを実行

更新プログラムを全部適用した後で、再起動後、Windows Updateをすると、エラーが出なくなっていると思います。

サイト構築システムのWordpressにて、サイドバーに最新コメントを表示する方法

サイト構築システムのWordpressでは、いろいろな無料テーマが出回っていて、簡単に外観を変えることができます。

(実はいくつか自分のWordpressサイトを持っています)

また、プラグインがたくさん出ていて機能を追加したり、ウィジェットを使って、サイドバーにアイテムを追加することもできます。

しかし、適当なプラグインがなかったり、ウィジェットが対応していない場合は、cssファイルやphpファイルを直接いじる必要があります。

今回は、サイドバーに最新コメントを表示する方法をご紹介します。

使用しているテーマのsidebar.phpなどに、下記を追加するだけです。

 

<?php
$comments = get_comments(array('status' => 'approve' ,'number' => 20, 'type' => 'comment'));
$prev_link = "";
foreach($comments as $comment):
$post = get_post($comment->comment_post_ID);
?>
<li>
<?php
$this_link = get_permalink($post->ID);
if( $this_link != $prev_link ) {
  echo '<a href="' . $this_link . '">' . $post->post_title . '</a> へのコメント<br />';
}
$prev_link = $this_link;
?>
・<?php comment_author_link(); ?> さん(<?php comment_date('m/d'); ?>)<br />
</li>
<?php endforeach; ?>

コメントの内容までは表示しません。

numberの20で表示する数を指定しています。

こちらを参考にさせていただきました。

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR