ライダーのための有用なグッズをたくさん紹介します(保存版)

高校生の時からほぼ毎日、日常の足としてバイク・スクーターに乗っている私。。。


(私が乗っているHonda PCX150 - Hondaサイトより)

バイクなしの生活なんて考えられません。

もちろん、ライダーのためのグッズにもこだわっています。

今回は、車種に依存しないすべてのライダーのために有用なライダーのためのグッズを紹介します。

コスパを重視して選んでいます。

安全のためのグッズ

ヘルメット

ヘルメットといってもいろいろとあります。安いものは、プラスチックがファイバー強化されておらず、強度に問題があります。

安い物もたくさん販売されていますが、できれば、SHOEIかArai、あるいはバイクメーカー純正のものを使いたいものです。

SHOEIとAraiを比較してみると、

SHOEI:間口が広くてかぶりやすい

Arai:間口が狭くてかぶりにくいが、フィット性がよく長持ちする

というような特徴があります。

なんと、私が今使っているAraiのフルフェイスヘルメットは高校生の時に買ったものです。30年間近く持っています(笑)。本当は、劣化するので買い換えた方がいいですね。いや、買い換えようと思うのですが、なかなか壊れないもので・・・

SHOEIのヘルメットを使っていた時期もありましたが、フィット感が長持ちせずに、途中で捨ててしまうことになりました。

というわけで、私がおすすめするのは、Araiです。できれば、まぶしさを低減することができるものがおすすめです。

グローブ

こけたときに地面と最も接触するのは手です。そのため、グローブは重要です。

強度
寒さ対策
雨対策

という観点で、選ぶことになるかと思います。皮製、ネオプレーン製、補強材入りのものなどがあります。最近は、スマホ対応が多いですね。

シューズ

シューズは重要です。できればかかとが隠れるものがいいです。

普通の靴を履いていると、何かに軽く足が当たったり、取り回し時に変な力が加わったりして、ねんざすることはよくあります。

バイク用のシューズだとわからないようにするか、わかるようにするかという観点でも選ぶといいと思います。

プロテクター入りウェア

着る物にプロテクターが入っていると安心ですね。プロテクターが目立たないようなものだと、着れる機会が増えます。

胸部・脊椎プロテクター

バイクの死亡事故の原因を統計的に調べてみると、頭部の次に、胸部が多いとのことで、最近、胸部プロテクターが重視されています。

この胸部・脊椎プロテクターは、脊椎も守ってくれます。私も買いました。

娯楽性のためのグッズ

カラビナ付きBluetoothスピーカー又はスピーカー付きMP3プレイヤー

音楽を聴きながら運転すると、意外と落ち着いて運転することができます。

そこで、普通の人が考えるのは、イヤホンをスマホやMP3プレイヤーに接続することです。しかし、これだとイヤホンがヘルメットに当たって耳が痛くなります。ヘルメットをかぶるときに一苦労です。

そこで、小型のカラビナ付きBluetoothスピーカー又はスピーカー付きMP3プレイヤーをヘルメットの固定具にカラビナで固定して首の近くに置くことをおすすめします。これだとほぼ自分しか聞こえないので、他の人にも迷惑をかけません。(厳密にいうと、都道府県によっては条例違反になるかも!?)

Bluetoothスピーカーだと、音源は別途スマホから取る必要はありますが、スマホの着信も確実に知ることができます。防水タイプだと、風呂場でも使うことができます。

寒さ対策

ハンドルカバー

これは見た目に問題がありますが、防寒効果はバツグンです。

ウィンドシールド(風防)

疲れ防止や高速道路での安定性にも効果的です。

前から大きな物が飛んできた場合にも、無傷でいられる可能性が高くなります。排気ガスも直接浴びなくてすみます。

私は、グランドマジェスティの純正の大型ウィンドシールドを中古で買って、加工して、ホンダのPCX150に取り付けています。

オーバーパンツ・バイク用ズボン

安全性のためにも重要です。ただ、かさばるので、私は、冬以外はレインウェアのズボンしか使っていません。

雨対策

レインウェア

私は、空気を通さず、薄いために収納性がいい、カジメイクのものを使っています。上下で1200円くらいしかかからずに安いです(笑)。

バイクに備え付けるとなると、収納性がいいことも重要です。

レインウェアは、防寒具にもなります。

収納グッズ

リアボックス

リアボックスがあると、いろいろなものを収納できます。旅行の時にも雨の時にも重宝します。

安全性を考えると、LEDストップライト付きのものがおすすめです。ストップランプの配線を分岐させることになります。なお、点滅するタイプのものは、違反となる可能性があります。


いかがだったでじょうか?自分はこういうものを使っているとか、コメントにて教えてくださ~い!!

エキサイティング250のスタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)を安く入手する方法

KYMCO製エキサイティング250については、こちらでまとめがあります。


エキサイティング250のスタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)が滑ってきていたので交換しました。 エンジンを始動する際に、セルモーターが回っているのに、空回りしていたら、この部品が空回りさせている可能性が高いのです。

xciting-starterclutch

しかし、純正品を日本代理店経由で入手すると、まあまあの値段がします(21092円)。

そこで、ネット中を調べてみると、 ありました!

台湾の業者が互換品を出していました。

日本製バイク用なども出しているようです(ホンダ用ヤマハ用スズキ用)。

品質はいいようで、しかもかなり安く買えるのでおすすめです。

業者はIdeal Engine Parts Co., Ltd.

idealengineparts

eBayから注文可能です(他の車種用はこちら)。

本体が$99.99(1万円)くらい、送料は1500円くらいです。発送元は台湾なので、発送から5日くらいかかります。

KYMCO Xciting 250のステータコイル巻き直し

KYMCO製エキサイティング250については、こちらでまとめがあります。

さて、このエキサイティング250はどうやら中古でヤフオクで購入した当初からステータコイルに断線があり、発電機能がはたらいていなかったようです。

ACジェネレーターの回路図は下記図のようになっています。

xciting250acg

(参考図:サービスマニュアルより)

これは、エンジン右側からレギュレーターへ来ている黄色い3つの線の間の抵抗を調べればわかります。

黄色い3つの線どうしの抵抗は0.1Ω~0.5Ωが標準です。

そして、黄色い3つの線とアースとの間は絶縁されているのが正常です。

私の場合、黄色い3つの線どうしの抵抗が絶縁されていました。これは、途中で断線していることを意味します。

そこで、ステータコイルを注文しようとしました。

しかし、日本代理店は在庫をかかえていないようです。これでは3ヶ月コースです。

eBayだと、南アフリカの業者が純正部品を空輸で送ってくれるようなので、これを頼むのもいいでしょう(値段は日本代理店から購入するよりも安くなります)。

私は、コイルの巻き直しという選択肢を選びました。

xciting250-stator-coil

(作業前のステーターコイル)

コイルは、(おそらく純正品と同等の)ポリスチレン被覆の0.8mm径のものを選びました。

1.0mm径のものの方が抵抗が少なく発熱も少ないのですが、これだと間違いなく純正と同じ数(Xciting 250の場合、1つの芯に約30巻き)だけ巻けません。

stator-rotor

作業のポイントは図のようになります。エポキシ接着剤は100円ショップのものでOKでしょう。

(A剤とB剤を混ぜるタイプのものです。同じ量にすることとよく混ぜることが重要です。A剤だけ、B剤だけだとまったく固まらないので、普通の接着剤よりも意外と長持ちします。 実は電子レンジの皿を直すのに使いましたがいまだにカチンカチンですので、耐熱性は十分だと思います。エポキシ接着剤は半導体製造の際にも使われています。)

抵抗測定も全部終わったら、できれば、露出しているエナメル線に全面的に塗りまくり、耐熱性・固定性を増します。

けっこうたいへんな作業でしたが、いろいろと勉強になりました。

充電してもバッテリーが弱くなる方は、エンジンを切った状態で、バッテリーの+-の間の電圧を測ってみましょう(13Vくらいあれば満充電です)。

そして、エンジンを5000回転くらいで回した状態で、バッテリーの+-の間の電圧を測ってみましょう。これが上記電圧よりも高くなっていなければ、正常に充電できていないということになります。

黄色い線の間の抵抗を計ってみて、異常があればステーターコイルの故障の可能性が高いです。

これが正常な場合は、レギュレーターが故障している可能性が高いです。 ここらへんのトラブルシューティングは、部品や材料を買う前に、サービスマニュアル記載通りにテスターでチェックすることが先に行う作業になります。

(主に図を2014/9/7に追加しました)

KYMCO エキサイティング250のまとめ

Kymco Xciting 250(エキサイティング250)という台湾製スクーターに乗っています。

このスクーターは、日本メーカー製のものと比べて、車高が高く、ツアラー的、スポーツ的な走行ができるおもしろいスクーターです(下記のようにサスを交換した場合)。

良く言うと、T-MAXを意識した設計のXciting 500とエンジン以外のほとんどの部分を共有している、以前のKYMCOのフラグシップモデルです。

※逆に言うと、足つき性が悪いので、近場に行く際に乗りにくいという印象を持つ人もいるようです。ちなみに、エキサイティング250は中古市場やヤフオクではかなり安く手に入れることができます。このために、盗難に遭いにくいという利点(!?)があります。


この投稿では、このエキサイティング250の情報をまとめてみたいと思います。(徐々に)

        定期整備箇所

      • エンジンオイル

      マジェスティ125、RV125などの台湾スクーターと同様にオイルフィルターがないので、早めの交換が必要です。300、1000、3000、5000、...以降2000kmごと、に交換することになっています。

      エンジンの底のドレーンボルト(下を向いている)の他に、エンジンの左側にも横に向いているボルトがありますので、まずはこちらから出して、最後に下から出した方が楽です。あるいは、(交換サイクルが早いので)横からだけでも十分です。ギア付きバイクと比べて湿式クラッチがないので、車用の安いオイルでもOKです。オイルの質よりも交換頻度が重要になります(実際に交換してみるとわかります)。

      • ギアオイル

      300、3000、7000、...以降4000kmごと、に交換することになっています。

      ギアオイルを入れる際は、細いホースや注入器のようなものが必要です。

       

    • エアフィルター

    3000、7000、11000kmに交換することになっています。グランドディンクと共通部品なので、純正以外でも安い同等品が日本でも購入可能です(下記リンク)。

    • ドライブベルト(Vベルト)・ウェイトローラー・スライドピース

    ドライブベルトは、古くなると切れやすくなり、また、ロー気味になるので最高速が落ちます。2万キロごとくらいに交換する部品です。

    (切れてから、あるいは切れる兆候が出てから交換する選択肢もありますが、後輪がロックしたりエンジン(のクランクシャフト)を壊すリスクが少しありますので、早めに交換しましょう)ただ、KYMCOやSYMではプーリーを押さえるナットがかなり固く締まっていることが多く、ホルダーでは外せずインパクトが必要なことがあります。

    純正Vベルトは、Kymco取扱店で注文ができます。

    純正Vベルト以外は、マロッシの強化ベルトのみです。

    ●マロッシジャパンより入手
     定価9345円(納期1ヶ月 前払い)
    ●マロッシ本国より入手
     http://www.malossistore.eu/
     部品番号:6113028

    (100Euro以上は日本でも送料無料なので、マロッシジャパンから入手するよりも安い 私の場合は2つ買って1つはヤフオクで売りました 到着は4日くらいでした)
    ●ヤフオクで探す
    マロッシから2つ買った人が出品しているかもしれません。

    ウェイトローラー・スライドピースも適宜交換する必要があります。

    • バッテリー

    Xciting 250は本来、常時点灯仕様ではなく開発されたスクーターですので、バッテリーが弱くなりやすいようです。弱くなってバッテリーのインジケーターが点灯したら充電器を入手して充電しましょう。それでも回復しなくなったら交換です。

    YTX12-BS(Yの部分は互換品の場合他の文字)が装着されていると思いますが、バッテリーの下のスポンジを引っ張って取ると、YTX14-BSも入るようになります。

    実際にパーツリストでは、YTX14-BSになっています(コストを抑えたか!?)。値段があまり変わらなければ、?TX14-BSを買った方がいいと思います。

    • バルブクリアランス(タペットクリアランス)の調整

    SYMのRV125シリーズのように狂いやすいというわけではないようです。オーナーマニュアルでは、300、3000、7000、11000kmごとに調整することになっています。INもEXも0.1mmに合わせます。調整するためには、シリンダーヘッドの鉄製カバーを外す必要があります。これは、シート下のトランクボックスを取り外せば、プラスチックカバーを外さずに外すことができます。ただし、適切な長さの10mmメガネレンチが必要です。

    タペットクリアランスの調整には、9mmのメガネレンチ(厚みが薄目のものが好ましい)が必要です。私の場合、4万キロ時点で、IN 0.10mm、EX 0.13mmでしたので、EXを0.10mmに合わせたら、始動性が改善し、低速トルクも増え、エンジン性能がかなり改善しました。2万キロ以上調整していない人にはおすすめです。



      故障対応


    • セルモーター(スターターモーター)

    こちらを参照。


    • スタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)

    こちらこちらを参照。


    • ACジェネレーター(ステーターコイル)

    こちらを参照。


      おすすめカスタム

  • サスペンション交換

純正サスペンションは、台湾での3~4人乗りにも耐えるべく固いサスペンションになっています。

ホンダフォルツァMF06、MF08の純正サスペンションを流用できます。ヤフオクで1500円+送料というような激安で中古を購入できます。なぜかというと、フォルツァユーザーはローダウンのカスタムをする人が多いからです。

かなり乗り味が良くなります。比較的簡単に交換できますので、費用対効果を考えると、かなりおすすめです。

  • ミラー移設

普通の位置に変えることができます。すり抜けが楽になります。

私の場合、ヤフオクでミラーホルダー2つを送料込みで1060円、ミラーを送料込みで1900円で買って、取り付けしました。ミラーは長めのものが必要です。

ただし、状況に応じて、ディスクグラインダーなどの工具を使って、ハンドルバーに付着する溶接の隆起を削ったり、穴開けドリルでネジを貫通させてホルダーがすべって回るのを止めたりする加工が必要な場合があります。私の場合、左側だけはこのような加工が必要でした。また、私の場合、プラスチック製のハンドルカバーは撤去しました。これを残しながらきれいに取り付けられている方も多いようですが、私は特に問題が発生していません。

  • ウェイトローラー最適化

スクーターは、ドライブプーリー(エンジンのクランクシャフトにつながった滑車状の部品)裏のウェイトローラーが、エンジンの回転数の上昇に伴って遠心力で外側に動こうとするのを利用して伝達比率(ギア比)を変えています。

ウェイトローラーの重さを重くすることによって、シフトアップを早めてエンジン回転数を減らすことができます。

逆に軽くすることによって加速性能を上げることができます。

純正では20gのウェイトローラーを使っていますが、私はこれを25gに変えました。自然とシフトアップする感じになり、かなり乗りやすくなりました。

 

  • プーリーセット交換

スクーターのカスタムといえば、駆動系をいじる場合が多いです。

マロッシからプーリーセット(マルチバリエーター2000)が販売されています(他はないのです)。

こちらのサイトが参考になります。

私は導入していません。

(値段が高く作業量も多いので、おすすめというわけではありません)

  • HID導入(ヘッドライトを明るく)

H4対応のキットを使います。私の場合、25Wのリレーレスタイプを3500円くらいで購入して、「差し替え」だけの簡易的な取り付けました。十分に明るくなりました。ただし、リレーレスだと、点灯が不安定になったり電線への負担が大きくなるリスクがあるようなので35W以上は難しいと考えた方が良さそうです。

 

  • シート開閉センサー無効化

シート開閉センサーが有効なままだと、シートがきちんと締まっていない場合、トランクのライトが付いたり、インジケーターのライトが付くので、バッテリーの放電対策という点で気になります。

シート下のボックスを外して、後ろ側の右側のロック部分につながっている線をニッパーで切ると、シート開閉センサーが無効になります(いつも閉じた状態と扱われます)。これでわざわざシートが締まったかどうかをあまり確認しないでもよくなります。

 

 


参考サイト(他力本願…)

日本代理店のEKA社が運営するサイトです。エキサイティング250の情報はProduct Lineupからは削除されています。取扱店の一覧があります。Downtown 200i、GD250Zなどのページがあります。

日本では販売されていませんが、FI化されている最新版です。

ミラーが通常位置にあります。

車体はあまり変わっていないように思います。

外国から個人輸入はどうでしょうか?(書いてみただけです)ただ、$5,249はけっこう高い値段ですね。

実際のオーナーの評価やカスタム内容を見ることができます。

疑問があったときやトラブルの際は、バイクに詳しい常連さん(バイク屋レベルな人も多い)やエキサイティング250オーナーが親切に教えてくれます。現状、エキサイティング250の情報交換ができる最も活発な掲示板です。

GIVI製キャリア、BEAMS製マフラーが販売されています。

貴重なカスタム例がたくさん掲載されています。ただし、ミラーホルダーのようなパーツは今では入手困難です。

マロッシプーリーセットの導入結果、リアミラー移設、HID導入などが報告されています。

TMAXを意識したインプレッションです。

「まず跨ってハンドルを握ったところからすでにTMAX。エンジンを掛けて走り出してもやっぱりTMAXです。ですからTMAX大好き人間としては悪い印象はなにも出てきません。スポーツスクーターとしての素質充分。」とのこと

T-MAXに乗りたいのに、免許の問題や価格の問題であきらめている方は、Xciting 250を検討してみてはいかがでしょうか?

沖縄の場合、台湾から直接輸入なのでしょうか!?

 

(適宜追記予定)


番外編

現在、なんと25年前に買ったアライのロード用ヘルメットを使っているのですが、最近、このエキサイティング250で使うために、オフロードヘルメットの購入を検討中です。オフロードヘルメットは日除けがあるのがいいですね。ちなみに、最初からシート下に収納することはあきらめています。...どれにしようかな~

車やバイクのタイヤ交換を安くする方法+自分でやる場合のビード落とし、ビード上げ

車でもバイクでもタイヤ交換は、タイヤ代、工賃ともに大きいイベントです。

しかし、近年、ネットショッピングやオークションの発展によって、かなり安くタイヤを入手することができるようになりました。

最も手軽なのが、オークションで、新品に近いタイヤが付いている中古ホイールを買うことです(特にバイクの場合、安いです)。

tirewheel

廃車にしたバイクなどをパーツごとにバラバラにして販売している業者があって、ホイールは邪魔なので、かなり安く売られています(例、バイクの場合で1000円+送料)。

このようなタイヤ付きホイールの場合、タイヤをホイールから脱着する作業が必要なく、ホイールごと交換するだけなので、交換作業が楽です。しかも、ホイールまで付いてきます(バイクの場合はディスクも)。

しかし、新品に近いタイヤ付きホイールがないこともありますし、何しろ、新品に交換したいものです。

そこで、車の場合は、AUTOWAYでNankangなどの台湾製のタイヤを購入して、近所の持ち込み可能なタイヤ交換業者で交換してもらうことで、かなり安くなります。

バイクの場合も工賃が安いバイク用品店やバイクショップで替えてもらうのがいいでしょう。

NAPSや2りんかんなどでは、ホイールを外して持って行くと、工賃が1600円くらいで済みます。ちなみに、SYM、KYMCO、PGOなどの台湾製バイク・スクーターの場合、ホイール持ち込みでないとバイク用品店では断られることが多いので、ホイール持ち込みをするか、対応バイクショップで替えてもらうことになることが多いです。

以前、上野のバイク街の主役だった「光輪」というバイク用品店では、工賃無料(非スクーター)でやっていましたが、残念ながら2008年に負債116億円で倒産してしまったようです。私は千駄木と田端に10年以上住んでいましたので、上野のバイク街にはよく行ったものです。ちなみに社長が豪邸に住んでいたことと、労働争議が盛んだったことでも有名でした。

(参考画像)

また、DUROやSHINKOなどの安いバイク用タイヤがネットで売られていますが、バイク用品店では基本的に替えてくれないのでその場合は自分で替えることになります。


ところで、何らかの事情によって、不幸にも(!?)、タイヤ交換を自分でやらざるを得ない場合もあると思います。

いくつか専用の工具が必要です。他で代用できるものもありますが、作業効率を考えると買っておいた方がいいです。

ビードブレーカー(またはビードブレーカー付きタイヤチェンジャー)

(これは価格が3000円ほどと安いです)


(このバイク用ビードブレーカーは小型で収納性はいいのですが、非力なので工夫できる人でないと難しいです)

タイヤチェンジャーがあると楽ですが、価格も高く、収納性が悪いです。

業務用タイヤチェンジャーです

タイヤレバー(タイヤチェンジャーの場合、専用の棒が付属)

リムプロテクター(バイクの場合)

空気入れ手段(エアコンプレッサー+米式バルブアタッチメント、手動ポンプなど)

ビードクリーム(ビードワックス)または石けん水、中性洗剤水

ホイールバランサー+ウェイト

タイヤの重さの違いをなくすバランス取り作業に必要となります。高速道路に乗らない125cc以下のバイクでは必要ないでしょう。

(プロ用)

プロにこの作業だけでも依頼するのも手です。


いろいろな工具が必要となるので、いくらタイヤを安く入手したとしても、一度の交換だけでは元が取れないことが多いでしょう。しかも、初めての場合、かなりの労力を使います。

しかし、それでも、どうしても自分でやってみたいという理由などで、自分でやる場合もあるかと思います。

その場合の一番の難関が、ビード落とし(ビードブレイク)と、ビード上げ(ビード当て)です。

ビード落とし

ビード落としとは、タイヤのビード部分をリムの半径が小さくなっている内側にずらす作業のことです。

(参考画像)

H~Fの部分にあるタイヤの縁をH~Hの部分にずらしてあげる作業です。これをしないとタイヤを外せません。

ビード落としをクランプでやろうとする人もいますが、素直に、上記の専用のビードブレイカーを購入した方がいいです。

そして、一カ所を一気に攻略するのではなく、何カ所で徐々にやって最後に一カ所で力を大きく入れる必要があります。

ビード上げ

ビード上げとは、ビード落としの逆の工程で、上の図で、H~Hの部分にあるタイヤの縁をH~Fの部分に上げることです。

ムシを外した上で、(ガソリンスタンドにある)業務用の強力なエアコンプレッサーを使えば一気にビード上げに成功するかもしれません。

しかし、空気が抜ける部分が大きくそれでも成功しない場合もありますし、ホイールを持ってガソリンスタンドに行ける環境にない場合もあると思います(車を出せない場合など)。

そのような場合は自分でビード上げをしてから自分でタイヤに空気を入れる必要があります。

個人でビード上げをするのに、邪道ですが楽な方法が爆発ビード上げ(爆上げ)です。

潤滑剤の気化成分をタイヤの内側でボンッと一気に燃焼(爆発)させる方法です。

ただし、万一の事故のために目を保護するため、フルフェイスヘルメットまたは防護用メガネが必要です。危険な方法を避けたい場合はやめましょう。

必要なのは、

フルフェイスヘルメットまたは防護用メガネ・水泳用ゴーグル

潤滑剤(CRC 556)

パーツクリーナー

ライター

です。動画を見るのが早いです。手順は下記になります。なお、くれぐれもガソリンスタンドでやってはいけません。

(1)ムシは外しておきます。外さないと、爆発後にタイヤが収縮してしまい、ビードが再び落ちてしまうことが多いです。外したところにティッシュでも詰めておいた方が揮発成分が逃げず爆発しやすいかもしれません。

(2)潤滑剤をタイヤの内側のホイールに数カ所噴霧します(例、1秒間を3カ所)

(3)パーツクリーナーでタイヤの外側から内側への導火路を作ります。

(4)防護用メガネ(シールドを閉じたフルフェイスヘルメット)・長袖・手袋を着用した状態で、タイヤに噴霧されたパーツクリーナーにライターで点火

(5)うまくいけば約1秒後にポン!っとタイヤ内部で爆発します。爆発しなかったなら、(2)からやり直します。ただし、繰り返すと大爆発になる可能性が高くなることに留意しましょう。

続きを読む

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR