横浜石川町の中華街や元町ではなく、久しぶりにエジソンプラザ(小さな秋葉原)へ行ったら感動!!

石川町駅周辺

ishikawacho-map

横浜の石川町駅といえば、中華街や元町へ行くときに降りる駅として使ったことがある方は多いと思います。今日はそちら側の話ではなく「寿町」側の話です。

横浜で生まれ育った私は、34年前の小学6年生の時に、同級生の2人がなぜか「無線(WiFiのことではなく無線機で話したりするやつ)」をやっていて、なぜか休みの日に石川町のエジソンプラザへと一緒に「遊び」に行くことになりました。

当時は今のパソコンにはまっている割合の人たちが無線の免許を取って「無線」や電子工作に興味があったのです。無線の免許を小学生の彼らが取っていました。

石川町駅の北口を降りて、北西方向に少しだけ歩くとこのようなビルがあります。

みら太な日々 エジソンプラザとか

http://mirata.blogspot.jp/2015/10/blog-post_12.html

edison-plaza

ちなみに、このビルの裏は、ラブホテル街になっています。中華街帰りの人が利用するのでしょう(笑)。そんなあなたのためにわかりやすくわざわざ上の地図でマーキングしてあげました。ラブホテル街といえばアヤシイ女性が一人でいることもありますが付いていかないように。

寿町

そして、この道をまっすぐ歩くと次のブロックから、大阪のあいりん地区と同様なドヤ街・寄せ場である「寿町」があります。

http://www2.tba.t-com.ne.jp/oldyokohama/kotobuki.htm

「知る人ぞ知る日雇い労働者の町。思わずここは東南アジアのスラム街かと思ってしまうような」

 

kotobuki1

kotobuki-ojisan

エジソンプラザ

エジソンプラザに話を戻しましょう。

以前は、エジソンプラザのビルの1Fと2Fが秋葉原系のお店で埋まっていました。1Fがパソコン系の電気屋さんになっていたこともありました。

edisonplaza-kanban

現在は、部品屋が1軒(タック電子販売、TEL:045-641-3126)
古い部品専門店が1軒(シンコー電機、TEL:045-662-4791)

だけになってしまっています。インターネットのおかげでしょうか。

これではもうエジソンプラザとは言えないな。

(実際に以前あったエジソンプラザという看板はなくなっていたような気がします)

と思って気落ちしていましたが、シンコー電機さんへ行って、感動しました!!

http://www.cqpub.co.jp/cqham/Vacuumtube/shopdata/07.htm

shinko

なんと!34年前と同じおばちゃん(今はおばあちゃん)が!!

以前と同様に一人でキリモリしていたのです。以前にはやさしく教えてくれたこともありました。普通は数年前に会ったことのあるおばちゃんなんて忘れてしまうのですが、独特なインパクトのあるおばちゃんなのです。

私は感動のあまり涙を流してしまったのは言うまでもありません。

(多少誇張しています…)

このように感じている人は多いのではないでしょうか。私はシンコーさんでこのおばちゃん以外が働いているのを見たことがありませんので、かなりの働き者のおばあちゃんなようです。

エジソンプラザに行ってきました[雑記]

http://jr1wzi.blog.so-net.ne.jp/2011-08-27

「シンコー電機のおばちゃんは元気でした。」

「シンコー電機のようなお店がいつまでも残っていることを望みます。」shinko-denki

 

私のように思っている人も多いと思います。と思ってググったら、 何人かおばちゃんネタでブログ書いている人がいました。

http://ameblo.jp/chibinon-factory/entry-12149812464.html

「しばらく前におばあちゃんにお話しを伺ったら、息子さんは継がないから、おばあちゃんの代で終わりになるだろうって仰ってたんだ」

ということはお店の経営者なのかな?どおりでおばちゃんしか見ないわけだ。

ぜひとも今後もお仕事を続けて、私のように感動する人を増やしていただけるとうれしい限りです。


おばちゃんの紹介とエジソンプラザについては、こちらが詳しいです

「その時、父はヒーローになる」―カリフォルニア・ダウン(原題 San Andreas)という地震映画を見て



日本人の感覚からすると、地震のときの悲惨な状況を何も好き好んで映画館で見たくないなとも思ったのですが、そこをあえて、カリフォルニア・ダウン(原題 San Andreas)という地震アクションパニック映画を見に行きました。

出演は、

主人公のアフガン帰りのレスキュー隊員を演じるプロレスラーのThe Rockこと、ドウェイン・ジョンソン


娘(妹がラフティングの事故で死亡している)役のアレクサンドラ・ダダリオ


イタリアおよびチェコスロバキア系のNY出身の女優さんです。普通にいそうな痩せすぎでないところがいいですね。



見て感じたのですが、突っ込みたくなるところはあるものの、地震・津波が多い日本人だからこそ、見ておいた方がいいのかもしれないなと思いました。

最悪の場合を考えないと、逃げるのが遅くなってしまうし、津波があることを想定して原発の予備発電機に対策をしなくなってしまうのです。

福島原発事故なんて、津波があることを想定して原発の予備発電機が水没しないようにしていたら何ともなかったのに…



高台にもう1つ発電機を作っておくとか、いろいろと対策はありました。

これらがされていなくても、津波の後に国をあげてすぐ電源確保をしていれば何ともなかったのです。当時の首相は周りの人を不快にするだけだったようで、あのときに適切な処置ができなかったのは日米開戦以来の日本人の大きなミスです!

ちなみに、他の投稿でも書きましたが、私は、学生時代に、日本原子力研究所に泊まりがけで実験に行ったりして原子力の開発に少しだけ関わったことがあるだけに、福島原発事故には大きな問題意識を感じています。ちなみに、地震の2ヶ月前くらいにこのブログのコメントで、原発にテロ攻撃がありうることを記載していました。

良い点

●最新のハリウッド映画だけに、地震のときの描写のCGがよくできている。

●離婚しつつある家族が元通りになりそうなところ。

●「その時、父はヒーローになる」

●地震のときのビル崩壊、地割れ、津波などの悲惨な状況について、(実際よりも大げさに)網羅しているところ。

●LAとSFの実際の町並みが出てくるところ(個人的には両方とも縁がある街で懐かしい風景が出てきていました)

●津波についてなど東日本大地震を反映しているところ

●地震の時のサバイバル術の知識がいくつも身につく(!?)

少なくとも精神的に備えることは重要でしょう。

●スリリングな展開なのでリアクションを楽しめる(!?)

少し納得が行かない点

●1分くらい前に溺れた娘に対する蘇生術が、心臓マッサージで始まるところ。映画なので演出上仕方ない面がありますが、まずは心臓停止していないか確認して、心臓が動いていれば、マウスツーマウスですね。心臓が動いているのに心臓マッサージをしても無意味です。心臓が動いておらず、心臓マッサージをする場合でも、マウスツーマウスも併用するべきですね。

●主人公のレスキュー隊員が、地震発生後、自分の家族を助けるためだけに行動していること(最初は職場のヘリを使って)。

いちおう、職場からは家族を助けにいくと連絡してGood Luckとか言われていました(ここは日本とは違いますね)。

まぁ、ストーリー的には仕方ない面がありますし、実際にアメリカでは家族優先でしょう。



地震のときの警戒心を持っておきたい方や父親が活躍する映画を見たい方にはおすすめです。

3/29(日)に米軍横須賀基地で一般開放の春祭を開催

次の日曜の3/29(日)に米軍横須賀基地で一般開放の春祭が開催されます。

こちらに案内があります。

横須賀基地の中に入れる貴重な機会です。東京からでも行く価値はあると思います。

こんな風に、空母の近くに行けて、さらに、空母に乗れる時もあります。

この空母、めちゃくちゃ高い値段します。格納されている戦闘機などを含めるとさらに高いです。

こんな空母でも200回に1回くらい飛行機の着陸に失敗するそうです。ということは、着陸1回当たり数百万円の無駄遣い・・・

こんな大きな空母よりもヘリ空母・ドローン(無人飛行機)用空母の方が実用的ですね。



(広いのでけっこう歩きます)



(※兵隊さんが持っている銃はおもちゃではありません - 不審な行動は避けましょう(笑))

 

祭りですが、アメリカ風のお店がたくさん出ているので、品物を見るだけでも楽しいです。 

ノリもアメリカっぽいです。

しかし、ここは元々は旧日本軍が使っていた海軍基地だったので、クレーンなどにその面影が残っています。昭和6年くらいに作られたクレーンがまだ現役で稼働しています。日本の重工会社の製品は信頼性が高いですね。

基地の中はとてつもなく広く、そこを歩くことになるので、行く人は覚悟しましょう。

ゴールデンウィークに何しよう

ゴールデンウィークに何しようと思っても、なかなかいい案が思い浮かばないですよね。

なので、ゴールデンウィークに関連するサイトを集めてみました。

この機会に旅行はいかがでしょうか? (ブログのネタ探し中…)




























食べ放題のお店あれこれ―宝島、お好み焼き本舗、けん、シェーキーズなど

近所に焼き肉食べ放題の「宝島」というお店があります。

takarajima-sagamihara

宝島は、すき屋、なか卯、COCO'S、牛庵と同じゼンショーグループで、30品食べ放題が大人2089円、70品食べ放題が2719円です。

安いわけではないのですが、種類が豊富で、おいしい良い物が出てきます。

幼稚園生以下は食べ放題が無料です。

そんな宝島は、開店して2年ほどしか経過していないきれいな広い店内なのですが、立地条件が悪いためか、いつも店内が空いています。

静かなお店で焼き肉を食べたい方には、おすすめです。


歩いていける近所には、お好み焼き本舗 もあります。

こちらの方は、国道16号線沿いで立地がよく、味もいいので、いつもお客さんで賑わっています。

お好み焼き本舗 相模原店にも食べ放題があって、カルビなども注文可能ですし、かき氷や綿菓子を作る機械が置いてあって、自分で作ることができます。こちらも幼稚園生以下は食べ放題が無料です。


焼き肉食べ放題といえば、東京に住んでいたときに、カルネステーション(肉のハナマサ系列)へも行っていました。

carnestation

今でも浅草店銀座店は残っているようです。

今でもランチタイムは980円(浅草店)のようです。

ちなみに、浅草店は、昔遊郭があった吉原地域のすぐ裏にありますので、食後に遊郭跡へと散歩してはいかがでしょうか(形が残っています)。

歴史を感じたり、いろいろ考えさせられると思います。

最近見ていたTBS日曜劇場「JIN - 仁 -」は、現代の脳外科医が江戸末期にタイムスリップするドラマですが、なんと、抗生物質のペニシリンを青カビから作って、吉原の遊女達を梅毒から救っていました。

jin2

(参考画像:TBSサイトより 中央の大沢たかお演じる南方仁(みなかた・じん)が主人公です。右の内野聖陽演じる坂本龍馬がタイムスリップにも深く関わっていて、中央の南方仁も薩長同盟等に深く関わっているというストーリーになっています。そして、左の綾瀬はるか演じる橘咲さんは仁の助手の女医で、ドラマをとても魅力的にしています)

タイムスリップものとしてはストーリーの矛盾を感じさせないよくできたドラマでしたネ。医学的なストーリー、歴史的なストーリー、恋愛的なストーリーもよくできていました。

見逃したドラマは「気ままにYouTube」がおすすめ。上の「仁」も全部見れちゃいます。動画ダウンロード支援サイトを使ってダウンロードしてから見たりもできます。ただし、はまらないように…

ところで、「吉原大門跡近くの松葉屋さんでおいらんショーをやっていますよ」と書こうと思いましたが、残念ながら、松葉屋さんは1998年に廃業なさったことがわかりました。

以前は松葉屋さんを訪問する「はとバスツアー」があったりしましたし、私も友人や外国人などを連れて行ったりしたものですが…

ところが、調べてみたら、はとバスのおいらんショーが含まれるツアーは、場所を六本木の新しい店に移して復活したようです。歴史はあまり感じないでしょうが、興味がある方はぜひ。


最近行くのが、「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」です。

ken

うちから近いのは、上溝店と、鵜野森店と、多摩センター店です。

こちらは、サラダバーが拡張したような食べ放題ですが、この食べ放題だけの注文だと、けっこう安いです。


追記:

このブログ投稿の後、鵜野森店へ行って、ポークステーキを頼んだら肉が腐っていました(一人暮らしの時に豚肉をよく腐らせていたので味でわかるんです)。

善意で店長に言ったら肉の確認もせず「なんてこと言うんだ。そんなわけない。うちは新鮮な肉しか出していない。とんだ言いがかりを言わないでほしい。」と言われ、それ以降行かなくなりました。

そして、その数ヶ月後、けん鵜野森店で食中毒発生。まったく最悪な店長です。


高校生の時からよく行っていたのが、ピザ食べ放題のシェーキーズです。

shakeys

現在は、聖蹟桜ヶ丘店へよく行っています。

高校生の時は、友達と一緒に昼に学校(最寄り駅が京浜東北線の山手駅)を抜け出して関内店(閉店)まで行って、5限目の途中に帰って先生に怒られたことがありました。

そして、校内で誰が何枚食べたとかいう記録を競っていて、一番の記録保持者が痩せ形の女性でした(確か、ピザ30枚+ポテト10枚)。

当時はたしか昼のピザ食べ放題が440円でした。

多くの人はドリンクも頼みますが、高校生なので最低料金で済ませていました。

ある日、隣のOL3人組が、ドリンクをかなり残して帰った(!?)ので、高校生3人組は、「こんなに残すなんてもったいないな~」と言って、その残りのドリンクをいただくことにしました。

しかし、なんとそのOL3人組は、ピザを取りに行っていただけでした。

高校生3人組はすぐさま飲むのをやめてドリンクを元の位置に戻しましたが、ドリンクは半分くらい減っていました。

OL3人組が席に着いてから、みんなで謝ろうかとも思いましたが、その機会を失し、OL3人組は不審に思いながらも残りのドリンクを飲んでしまいました(笑)。ゴメンナサイ。


そして、ちょっと、いや、かな~り、興味があるのが、小倉優子プロデュースの焼き肉小倉優子です。

yakiniku-ogura-yuko

焼き肉食べ放題が2990円~なので少し高めですが、宴会としてはいいかもしれませんね。

しかし…おしぼりを出されるときに、

「ハイ、おしぼりんこ」

と出されるらしいので、いろいろな意味で怖くて行けません…(笑)

相模原にもありますが、駐車場を見る限り、あまり賑わっているわけではないようです。

おそらく、みんな怖くて立ち寄れないのでしょう(笑)

せめて、歌舞伎町店以外のお店では、看板の小倉優子の写真を小さくして、

焼肉 こりん星

くらいの名前にしておけば入りやすいのに…


安い食べ放題と言えば、以前、横浜の桜木町駅近くのラーメン屋さん(閉店)で、コロッケラーメン(300円)を頼むと、上に乗っているコロッケだけ食べ放題というお店がありました。

中学生の時に1回だけ行きましたが、コロッケ5個くらいしか食べれませんでした(笑)

店主の顔がだんだん怖くなったので…(笑)


追記:この他、フォルクスのパン食べ放題、インド・バングラディッシュ系カレー屋さんでのカレー・ナン食べ放題(アンクル インドレストラン クロスガーデン多摩店(ANKUR))も時々行きます。
カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR