グーグルが発表した新プログラミング言語「Go」

(GoのマスコットのGordonくん)

http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20403390,00.htm

Googleが新しいプログラミング言語を発表しました。オープンソースプロジェクトです。

ベル研究所にいたロブ・パイクPlan 9チームとして有名)やケン・トンプソン(Unixを作った人として有名)という伝説的な人物が中心となったプロジェクトで作りました。

ちなみに彼らは2002年近辺にニュージャージーのベル研からシリコンバレーのGoogleへと移りました。私は以前(2000年まで)ベル研の末端組織で仕事をしていましたので懐かしくなりました。

なお、ロブ・パイクやケン・トンプソンとベル研で一緒だったデニス・リッチー(C言語を作った人として有名)は2007年までベル研に残り、その後リタイヤしました。

技術的にはjavaやC#のような中間コードを生成する言語ではなく、C言語やC++言語に置き換わる安全な高速プログラムを容易に作れる言語のようです。

今後、オープンソースコミュニティによってライブラリや開発環境などが充実して、いろいろなところで使われてくることになるんだろうと思います。

第一印象をレポートしている方がいました。

速いプログラム → 廉価なハードウェア・低電力 → 環境にやさしい

となっていいですね。

Google関連では、これから出てくるPC向けのシンプルなOSであるChrome OS、スマートフォン向けOSのAndroid、WebブラウザのChrome(現在使っていますが秀逸です)などに応用されてくるのを期待してしまいます。

ロブ・パイクやケン・トンプソンがかかわるということはChrome OSはPlan 9のようにシンプルなOSになるでしょうし、Unixの正統な後継とも言えますね。

ニュージャージーのベル研からシリコンバレーのGoogleへと移っても、simplicity(単純さIやthe worse is better(機能が少ないことはいいこと)という有名な設計思想をベースにソフトウェアを作っているようです。

ちなみに上のGordonくんはロブ・パイクの奥さんのレネー・フレンチ(漫画家、イラストレーター)が描いたものです。そのキャラが微妙に合っていないところも下のPlan 9のマスコットのうさぎのGlendaちゃん(同じくレネー・フレンチ作)を彷彿とさせます。

(Plan 9のマスコットのGlendaうさぎ)

ロブ・パイク自身も絵を描くのが好きなようで会議中に書いた「落書き」を公開しています。

http://herpolhode.com/rob/doodles/index.html

ルーター越しのネットワーク共有の解決策(親ネットワークとサブネットワークとの間のフォルダ共有)

ルーター越しの複数のネットワークの間(別のセグメントの間)でネットワーク共有(Microsoft Windows Network)をしようとしてもお互い認識できない場合が多いようです。
(ルーター越えのファイル共有、セグメント越えのファイル共有、異なるネットワークのファイル共有とも呼ばれます)

例えば、下の図のような192.168.1.??のネットワークと、このネットワークに属するルーターB(WANポート:192.168.1.250 LANポート:192.168.3.1)を介してつながっている192.168.3.??のネットワークの間での共有です。

主な原因は以下の5つです。これらについて解決策を記載しますので、すべて対策をすれば解決しているでしょう。それでも解決できない場合はコメントを書いて知らせてください。

1.主な原因

(A)IPルーティングがうまくいっていない
(B)コンピュータ名とIPアドレスの関連づけがなされていない
(C)Windowsファイアーウォールで遮断されている
(D)ルーターで遮断されている
(E)電気信号がルーターまで通っていない

2.解決策
(A)IPルーティングがうまくいっていない場合の解決策

IPルーティングがうまくいっていない場合があります。
すなわち、192.168.1.??のPCから192.168.3.??のPCにアクセスしようとしたときに、ルーター(WANポート:192.168.1.250)へと探しに行かずに、デフォルトゲートウェイ(通常、192.168.1.1)へと探しに行くような状況です。そうであれば、192.168.3.??のPCにアクセスできません。

そのような場合、192.168.1.??のPCから、「ファイル名を指定して実行」かコマンドプロンプトで、
route add 192.168.3.0 mask 255.255.255.0 192.168.1.250
とします(通常1回実行すればOKです)。
route print
とすれば、変更されたルーティングテーブルを確認できます。
192.168.1.??のPCからpingを打って応答があるか見ることで確かめられます(ルーターのステルス機能を設定している場合は応答がありません)

(B)コンピュータ名とIPアドレスの関連づけがなされていない場合の解決策

そもそもコンピュータ名で検索しても、コンピュータ名とIPアドレスの関連づけがなされていないので、共有フォルダが見えない場合があります。
そのような場合は、(1)コンピュータをIPアドレスで検索するか、(2)LMHOSTSファイルを設定するといいです。
(1)コンピュータをIPアドレスで検索するには、「ファイル名を指定して実行」で、「\\192.168.1.11」のように入力して、OKを押します。
(2)LMHOSTSファイルを設定するには、C:\WINDOWS\system32\drivers\etcにあるLMHOSTS.SAMファイルに
192.168.1.11 computername
のように行を記載してから、LMHOSTSという拡張子なしのファイル名に変えて保存して、「ファイル名を指定して実行」かコマンドプロンプトで、「nbtstat -R」と入力して、lmhostsを有効化します。

(C)Windowsファイアーウォールで遮断されている場合の解決策

  • コントロールパネル|Windowsファイアーウォール|例外設定 で 「ファイルとプリンタの共有」 にチェックが付いているか確認します。
  • ここでルータ越えの場合には、「編集」をする必要があります。
  • 「スコープ」が、標準では「サブネット」になっていますがこれでは同一セグメント内でしかやりとりできないので「スコープの変更」で変更します。
  • 192.168.1.?? と 192.168.3.?? の間の共有であれば

192.168.1.0/255.255.255.0,192.168.3.0/255.255.255.0 とするか、

192.168.0.0/255.255.0.0 とします。

  • これを TCP 139、TCP 445、UDP 137、UDP 138 のすべてのポートで、すべてのコンピュータで行います。
  • これで直っていれば成功。

この他の確認事項としては

・ルーターのファイアーウォール機能で上記ポートをブロックしていないかの確認

・ネットワーク接続で、「Microsoftネットワーククライアント」「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有」が入っているかの確認

・「ファイルを指定して実行」にて、¥¥192.168.1.2 のようにIPアドレスを指定してコンピューター指定して表示されるかの確認

などがあります。

(D)ルーターで遮断されている場合の解決策

ローカル側のコンピュータから、ウェブブラウザで、ルーターのLAN側IPアドレス(192.168.3.1)へとアクセスして、ルーターの設定を変えます。具体的には、「ファイアーウォール」「ブロック」などの項目の設定で、ブロックを解除します。

(E)電気信号がルーターまで通っていない
この記事の趣旨と若干外れますが、これが原因である可能性は意外と多いです。

LANケーブルがルーターのLANポートやPCのネットワークインタフェースカードに刺さっていなかったり、ケーブルの中の電線が切れていると、当然ですが、ネットワークを使えません。

ルーターのLEDランプ、PCのネットワークインタフェースカードのLEDランプを確認することで分かります。また、ping 192.168.3.1のように、つながっているルーターにpingすることで確かめることができます。

以下のように対処するといいでしょう。

●LANケーブルを完全に差し込む
●LANケーブルを換える
●ハブをたくさん接続している場合は階層を減らす

(F)上記策でも解決できない場合

ネットワーク共有(Microsoft Windows Network)で共有することをあきらめて、WebDAV(Web Client Network)で共有するのはどうでしょうか。

IISやApache Web Serverを入れて実現することができます。IISは、Windows XP等では、コントロールパネル|プログラムの追加と削除|Windowsコンポーネントの追加と削除からインストールできます。

特許・情報フェア&カンファレンス2009

2009年11月4日(水)~6日(金)に東京・北の丸公園、科学技術館にて開催されていた特許・情報フェア&カンファレンス2009へ行ってきました。

http://www.business-i.net/event/pif/

特許・情報フェアは初期(10年前)には行っていたのですが今回はひさしぶりです。

(余談ですが、その際、大手電機メーカーが自社のツールからボタン一つで呼び出せる外部プログラムとして私が当時作っていたプログラムをデモしてくれていたときにはびっくりしました。)

写真を撮ってレポートしようかとも思いましたが目立つのでやめました(狭い業界でライセンス交渉で知り合った方に会ったりする可能性が高いもので…)

そこで、初期の特許・情報フェアと比べての今回の感想ですが、

  • 出願管理システムは増えていました。(大手電機メーカーの他、MS-Accessで作ったシステムまで)
  • 明細書チェックツールも若干出ていました(以前は私のプログラムしか出ていませんでしたが…)。生成ツールはまだ初期レベルといった感じでした。
  • マップツール・分類ツールを出しているベンダーが幾つかいました。
  • 調査会社も幾つか出ていました。
  • 特許明細書の翻訳会社も3社ほど出ていました。日英翻訳のレートを聞いたら30円/wordという返事が返ってきて高くてびっくりしました。
  • 以前と同様に、大手電機メーカー(東芝、日立、富士通、松下など)は広いスペースを使い、自社の出願管理システムなどを宣伝していました。
  • NRI、Thomson Derwent、パトリス、Wizdomainなどの検索会社も広いスペースで多く参加していました。
  • 三極特許庁ブース、ヨーロッパ特許庁、米国特許商標局(USPTO)のブースがありました。(ただし、USPTOは担当者が急遽来日できなくなってしまったとのことでJapioの方がEFS-Webなどの資料を配付していました。)
  • 2009/7に民事再生法適用を申し立てた株式会社パトリスも元気に出展していた(おしゃべりに付き合ってくれた担当者の方、ありがとうございます)。
  • パテントサロン(特許関連ニュース・求人のサイト)も出展していました。さすがメジャー特許サイトです。(以前働いていた会社が同じ大坪さんに挨拶をしようと思いましたが他の方とお話をされていたのでやめました)
  • マイナーな業界の割には来場者が多く、この業界で働いている人は多いんだなぁと感じました。
カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR