マジェスティー125のオイル上がり、オイル下がり、バルブ面すり合わせ

<初回投稿:2010/11/21 追記が多く、読みにくくてスイマセン>

マジェスティー125ネタの2度目の投稿です。

maje125
(参考画像 125ccなのに大きなスクーター)

本来はコマジェくんの写真や作業の過程を写真で載せたいところなのですが、グランドマジェスティーのシールドを装着したコマジェくんは見た目が独特なので、まだ公開するのはやめておきま~す!…

今年8月にまったくトラブルがなかったフォーサイト250EXを売って、ヤフオクでコマジェくんを買ってから、オイルがらみではいろいろと悩まされてきました。まだ解決していませんが、同じ悩みを抱えている人は多いと思うので、ここでいろいろと公開したいと思います。(追記:解決しました~!!)

ちなみに、コマジェに変えて良かったこと…

●盗まれる心配をしなくてもよくなりました。

●125ccしか停められない駅の駐輪場に停められるようになりました(そもそもの乗り換えの目的)。

(以前はバイクはあまり駐車違反にはならなかったですが最近は駐車違反にされるので重要な問題です)

●安い部品でバイクいじりができる上達

ヤフオクでの実際の出品画像(よく見たらバックミラーがなかった…そんなバイクはろくなものではないですね):
baikumannn

(1)シリンダーガスケットからのオイル漏れ

まず、ヤフオクの出品者のところに取りに行った時から明らかに、クランクケースとシリンダーブロックの間から、オイルが漏れていました。

そして、購入後乗って帰る途中に、オイルが少なすぎてエンストするほどだったので、何度かオイルを足しながら帰りました。

コマジェ乗りの間では有名な話ですが、コマジェ純正のシリンダーガスケットは、紙みたいで劣化しやすいので、このオイル漏れに悩まされて、修理に出す人が多いようです(純正の部品番号が変更されているので新しめのものは改善されているのかもしれません)。

オイル漏れは嫌な故障の1つですが、逆に言うと原因と対処法がはっきりしているとも言えます。よって、分解して、ガスケット交換しました。

ここで重要なポイントをいくつか。

●マジェご飯さん(追記:残念ながらサイトが閉鎖されているようです)で入手できる英文サービスマニュアルを入手して解読してから作業すべし。(プレストのサービスマニュアルがヤフオクで出品されていますが、これは単なる抜粋板なのであまり意味がありません)

●ショックドライバーを用意すべし
(カムスプロケットにアクセスするために、ウォーターポンプユニットを取り外すための「+ネジ」2つを取り外すため)

●腰上のオイル漏れを直すだけなら、エンジンマウントブラケットを外してエンジンを切り離す必要は無し
(エンジンを切り離すと再度結合させるのが面倒です。なお、結合させるのは、全体を横に倒すと楽です)

●圧縮上死点では、排気側で(吸気側も)バルブを押していないこと(バルブクリアランスがあることを確認)、ピストンが上がっていることを確認すべし

●カムスプロケット、カムチェーンには油性マジックでマークを入れるべし

●耐熱のモリブデングリースを用意し、ネジ山に塗布したり、マフラーガスケットに塗布するのに使用する。

●ガスケットには液体ガスケットを塗布

●ゴムホース(特にシリンダーヘッドからエアクリーナーボックスへと出ているブリーザー)が割れていることがあるので、ブチルテープなどがあると修復可能

●組み立て後に、いきなりセルを使わず、まずはゆっくりキックして正常に回るかどうかを確かめる

●12mm、19mm、24mmのボックスレンチソケット(カムスプロケットボルトを外すときにレンチが2つあるとそれらで外せます)、六角レンチ、シックネスゲージ、8mmのメガネレンチ、ラジオペンチが必要

●手が汚れないようにするためとケガを防止するために作業の際は使い捨てゴム手袋があると便利

(2)オイル上がり対策

オイル漏れの対処で外部へのオイル漏れはなくなりましたが、アイドリング時にマフラーから白煙が少し出て、オイル消費が激しくなるという問題が発生しているのではないかと思いました。

一般に、オイル消費が多い原因は4つあり、
(a)(外部への)オイル漏れ
(b)クーラント(水路)へのオイル漏れ(シリンダーガスケットが原因なことが多い)
(c)オイル上がり(クランクケースからピストンリングを経由してシリンダー内への漏れ)
(d)オイル下がり(バルブの棒からの漏れ)
です。

追記:

●始動直後にのみ白煙が発生して徐々に消える→オイル下がり

●走り出してから時間がたった後、アイドリング中に白煙が発生→オイル上がり

クーラントへはオイル漏れがないので、どうやら(c)か(d)のようです。

まずはオイル上がり対策をしました。

上の(1)と同様にシリンダーブロックを外して、さらにシリンダーブロックを磨きました。

これで直ったかと思ったのですが、1000kmくらい走った後、長距離を走ったら、最近またマフラーから白煙が出るようになり、オイル消費が激しくなりました。

追記:

■(2011/2/2)結論的には、オイル上がりも直っていなかったようです。シリンダーホーン工具を買ったのですが、それで直るかどうかわからないので、シリンダーを交換しようと思います。

●オイル上がりは軽度の場合以外はピストンリングを交換しただけでは直らず、シリンダーのボーリングやシリンダーとピストンの交換が必要になるようです。通常はここまでして直す意味はないでしょうね。

●コマジェで1000kmくらい走った後にマフラーから白煙が出るようになる(オイル上がりするようになる)のは、どうやら仕様のようです(オイルフィルターがないためオイル劣化が激しい)。オイル交換して白煙が出なくなれば直ったと考えましょう。

(3)オイル下がり

上のピストンリング交換であまり効果がなかったみたいなので、原因は、オイル下がりのような気がしています。

(追記(オイル下がり対策をした後):考えてみれば、ピストンリング交換時にバルブの内側を目視した際に、既にオイル下がりを確認していました)

オイル上がりとオイル下がりの区別の方法は、「エンジン始動時に白煙が出ればオイル下がりの可能性が高い」という判別方法があるようですが、確かにエンジン始動時に白煙が出ているような気がしています。

オイル下がりの対処は、バルブステムシールを交換することになります。既に専用工具のバイク用バルブスプリングコンプレッサーと、純正品のバルブステムシール(1つ150円位を2つ)を購入済みです。

バルブステムシールはここの3番の部品です。

yp125parts-fig3

近日中に作業をして、ここに追記したいと思います。下記のように作業をしました。

(追記:11番のロッカーシャフトを引き抜くためのヤマハ純正特殊工具(ロッカーアームシャフトプーラーボルトとウェイト(重り)のセットで1500円くらい)―ボルトを使ってがんばれば引き抜けるみたいですがほしくなったので買いました―と、バルブの面合わせのためのタコ棒(730円くらい)を買いました。

(追記:英文サービスマニュアルに記載のロッカーシャフトを引き抜くためのヤマハ純正特殊工具の番号は間違っています(少なくとも私の場合は)。ロッカーアームシャフトプーラーボルトは、90890-01085(M8用)と記載されていますが、これではなく、90890-01083(M6用)が正しいようです。なお、実際に引き抜いてみて、この特殊工具をガンガンに使っても少し苦労したので、少なくとも重り(ウェイト)90890-01084の方は購入した方が良さそうです。私の場合、ボルトの方は、購入した90890-01085(M8用)が使えず、ホームセンターのコーナンで同じくらいの長さのM6ボルト+ナットを合計80円ほど(ヤマハ純正は500円ほど)で調達しました。)

このコマジェくんの調子が良くならなかったら、Honda PCXを新車で買いたいと思うこともあるんですが、そうするとトラブルがぜんぜんなくて詰まらないような気がするし、盗まれることを気にしてしまいます。なので、当分はコマジェくんに乗っていたいと思います。何よりHonda PCXよりもマジェスティー125やRV125iはライディングスタイル、シートで勝っています(他の点では負けていますが…)


2010/11/22追記:オイル上がり、オイル下がりについては、自動車の趣味超越logさんがわかりやすくまとめられています。

私の場合はおそらくオイル下がりですね。

ただ、昨日オイル交換した後は白煙が出てなく、オイルも減っていないようです。オイルが劣化していないとオイルの減りが少ないようですね。

わざわざ分解する必要がなければWAKO'S エンジンシールコートで対策しようかとも思いましたが、私のコマジェくんには根本的な解決にはならなそうなので、素直に部品交換することにします。っていうか、部品と特殊工具を買ってあるので。。。

※コマジェでは、オイル上がりの兆候が出ていたとしても、オイルの劣化が原因であることがあるので、まずはオイル交換をしたほうがいいです。


2010/12/17追記:

やはりバルブステムシールが原因のオイル下がりでした(オイルが下がっていた跡がたくさんありました)。
通常は負圧が発生する吸気バルブの方からオイルが下がるようですが、私の場合は、排気バルブの方からでした。おそらく前のオーナーがオイル足らずの状態で走って、温度が高くなり、早く摩耗したのではないかと思います。マジェスティー125の場合は排気バルブの方が下だからなのかもしれませんが。

装着されていたバルブステムシールは、新品と比べてみると、穴がかなり大きくなっていました。新品のバルブステーシールの場合は、バルブを通しにくいくらいですが、装着されていたバルブステムシールはスカスカでした。

上に書いたロッカーアームシャフトプ-ラーボルトの件と、バルブコッター(上のパーツの図の6番)を紛失しないように気をつけるといいと思います。

バルブコッターを取り付ける際にはコツが入ります。まず、バルブスプリングコンプレッサーで十分にスプリングを押した状態で、グリース(二硫化モリブデン入り)をたくさん塗ったバルブコッターをラジオペンチで設置します。グリースをたくさん塗らないと外れてバルブコッターを探すはめになります。また、1つのバルブコッターを入れた後、2つ目を反対側から入れるのではなく、1つ目をできるだけ反対側に移してから、2つ目を入れるといいと思います。

なお、バルブステムシール(3番の部品)を強く押し込み、しっかりと装着しましょう。


2010/12/18追記:

バルブステムシール交換とバルブ面のすり合わせの作業が完了しました。

なんと、エンジンがメチャメチャパワーアップしました!!(本来のパワーに戻ったようです。)

音も少し違います。

トルクが出て、上も回るようになり、この寒い時期にセル一発で始動するようになりました。そして、何よりもマフラーから白煙がまったく出なくなりました。

今までシグナスX(同じようなエンジンを積んでいる台湾ヤマハ製125ccスクーター)に抜かされることもあったので、重量差を考えても「おかしいな~」と思っていたのですが、本来コマジェくんはこのくらいのパワーがあるんですね。

けっこう時間を使ってしまいましたが、結果がものすごく良くなったし、いい経験になって、大満足です。この忙しい時期にまあまあ時間を使いましたが…(周りの方、迷惑をおかけしてスイマセンでした)

パワーアップはバルブの面のすり合わせのおかげかと思います。とはいっても、実際のバルブ面のすり合わせ作業は、カーボンを取るのがメインな簡易的なものでしたが、それでもこのくらいの効果が出るものなんですね。

今回、オイル下がり対策のためのシリンダーヘッド分解に使用したのは下記の工具です。

●バルブスプリングコンプレッサー(バイク用、4種類の大きさのアタッチメント)

●ヤマハ純正特殊工具ロッカーシャフトプーラーボルト(M8用)90890-01085

●自作ロッカーシャフトプーラーボルト(M6用、90890-01083のまね シリンダーヘッドボルトで使用する銅ワッシャーも一緒に利用するといいと思います)

●ヤマハ純正特殊工具ロッカーシャフトプーラーボルト用ウェイト(90890-01084)

●タコ棒(1本当たり2つのゴム部がついているものが2本。合計で4種類の大きさ。)

なお、すり合わせ用のコンパウンドは使用しませんでした。

2011/2/2追記:マジェスティー125の白煙の原因はどうやら、オイル下がりではなくオイル上がりであったようです。オイル下がりの場合は、始動時だけたくさん白煙がでるようですが、エンジンが暖まっていくとアイドリング時に白煙を出すので、オイル上がり確定です。ここでピストンリングを交換してもシリンダーが変形している場合はまったく直らないので、中古のSYM RV125JPを激安でゲットして、マジェスティー125はゆっくりと直すことにしました。

流行りのAUTOWAYで激安台湾メーカー製タイヤ→業者で装着

皆さん、台湾メーカー製の製品を使っているでしょうか?(※中国メーカー製とは違います)

<参考画像:ASUStekのEee PC ― 私も愛用しています>

台湾メーカーには、コストの面ではもちろん日本メーカーは負けているのですが、最近は、品質でも勝てていない分野が増えているような気がします(パソコンなど)。

パソコン、DVDディスクでは、売上高が1位です。

<参考画像:RiTek社のDVDメディア(日本のメーカーのDVDメディアはほとんど中身がRiTekだったりします)>

私は、そんな台湾メーカー製のものを購入することが好きです。何より安いし、日本のメーカーが持っていないものを持っているし、日本のメーカーの将来がなんとなくわかるからです。

今日、車(1500ccの小型車)のタイヤ交換をしてきました。

最近流行りの激安タイヤネットショップのAUTOWAYでNankangという台湾メーカーのタイヤを購入して、FITコーポレーション町田店まで配送してもらって、今日交換作業をしてもらいました。
4本合計で2万円くらいですみました。

nankang1

AUTOWAYでの支払い

NANKANG RX615 175/65R14 82Hが1本2900円×4
1本当たりの送料500円×4
割引 ー400円
合計 13200円

FITコーポレーション町田店での支払い

タイヤ4本の交換作業・バランス調整6300円
タイヤ廃棄代 250円×4
合計 7300円

総合計 20500円でした(4本分)。

ディーラー、オートバックスなどで国産タイヤを取り付けると、これよりもかなり高くなること間違い無しです。

元々高価な商品が2~3倍以上するのですから大きな差ですね。

FITコーポレーションのように、AUTOWAYで購入したタイヤを取り付けてくれる業者さんはAUTOWAYのサイトの「取り付け店を探す」でリストされています。

たくさんの業者さんが登録されているので、きっと近所の業者さんもあると思います。

直接配送OKかどうかは事前に確認してください。
直接配送OKなFITコーポレーションは、(横浜市)都筑店、町田店、厚木店があります。

使用感ですが、NankangのRX615は溝が多めに掘られているタイヤ(接地面積が少ない)で、評判通り、かなり静かでハンドルを軽く切れます。

nankang2

水はけが良さそうなので雨に強そうですし、燃費も良くなりそうです。Nankangは元々は1940年に日本領の時代にタイヤを作り始めた歴史のある会社です(ある意味日本メーカー(?))。NankangはFordなどには純正タイヤとしても採用されていて、私は信頼性は特に問題視していません。

それよりも重要なのは、タイヤに適正空気圧を入れ、タイヤの特性をドライバーが把握して、路面状況に応じて運転することだと思っています。

皆さんもAUTOWAYで激安台湾メーカー製タイヤはいかがでしょうか?

私はかなり気に入りました。

<AUTOWAYの宣伝です>



クロスカントリースキーの動きでフィットネスできるクロストレーナー

クロストレーナーとは、クロスカントリースキーの動きでフィットネスできるトレーニングマシンのことです。

クロスカントリースキーとは縁がなくても、上半身も下半身も動かせるし、自転車マシンよりも自然な動きなので、かなりオススメです。そして、何より膝(ひざ)への負担が少ないです。

今回、スキー好きな知人にネットで安いクロストレーナーを調べてほしいと言われて、調べてみました。広告を掲載しました。

みなさんもどうでしょうか?少し場所を取りますが、健康第一です!!


商品1

●8330円の鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) スカイウォーカー IMC-18
crosstrainer

●クロストレーナーって10万円くらいするものでしたが、これ8800円だけです。激安です!ホームセンターで売っているバイクマシンよりも安いです。しかも送料も無料!うちも買おうかな。買ったら感想をここに追記しま~す

amazonのカスタマーレビューでは、1人の人が、「負荷がまったくないため運動した気にならない」と書いていますが、これはそもそも有酸素運動用なので、負荷がないくらいがちょうどいいのではないでしょうか。それでも両足両手を動かしていると、かなりな運動になると思います。


商品2

●31290円のNISSHO コンパクトクロストレーナー CXT-7000BL ― 負荷調節できるみたい
crosstrainer2

●これの方が少し頑丈そうですね。だけどやっぱり1番目のやつが安くていいナ


商品3

●少し前だとこのくらいの値段のものしかありませんでした。このクラスだと、業務用としても使えるくらい丈夫ですが、この種のマシンに個人で支払う額ではないですね…

商品4

商品5


マシンを使うのが好きでない人(置く場所とかの問題で)は、ジョギングもオススメです。

王道です。

走るって人間にとって自然な行為ですから。

ただし、クロストレーナーと比べるとひざを痛めやすいですが…

iPad、Android、スレートPC、Kindleなどのガジェット評+α

電車の中で文章を読んだり、簡単な文章を作ったり、家の中で手軽にネットを使ったりするのに、iPad、Androidタブレットなどの「電子おもちゃ(最近ではガジェットというらしい)」があるといいですよネ。

iPad、Androidタブレットの他に、スレートPC、Amazon Kindle、Sony Reader、Sharpガラパゴスなどが出ています(後ろの2つはこれから発売)。

GPSが搭載されてナビ代わりになるものもあるようです。バイク用の非常時ナビにはちょうどいいかもしれません。

画面の大きさが、iPadのように10インチくらいあるものの他、Androidタブレットでは6~7インチのものが多いので電車の中で文章を読むのには便利そうです。

という私もAndroidタブレットかAmazon Kindleのどちらを買おうかと真剣に悩んでいました。

Androidタブレットは、中華製が激安なこと、オープン、フリーっぽいことという点がいいのです。
しかも、Android OSには、ベル研からGoogleに移ったKen ThompsonやRob Pikeの思想が入っているらしくシンプルな設計思想(Worse[機能が少ないこと] is better.という言葉があります)なので、今後爆発的に大きくなってもらいたいと思っています。

Amazon Kindleについては、E-ink社の表示技術を使っているために電池消費が少なく目に優しい点、端末自体の価格が安い点(1.5万円~2万円ほど)、そして、なんと追加料金を支払わずに「世界中の主要国にて3G接続でネットし放題!」という点が魅力的でした。通常Docomo、au、Softbankのようなキャリアではパケットし放題が毎月5000円くらいかかるのに(当面)無料ですよ!


そんな状況の中、なんと、この私に5万円くらいで売られているこの種のガジェットを無料であげますよという会社が登場しました。これは決定的です!!


ただし、条件が少しだけあります。

●説明会へ行くこと
●そのガジェットで動くマルチタッチ対応アプリを作って2010/3/31までに公開すること
●転売を禁ず

というわけで、先日、説明会に行き、帰りにONKYO製のスレートPCをもらって来ました。ひさしぶりのコンピューター系の説明会はおもしろかったです。

主催者の人によれば、私を含む参加者は、なんと日本のトップ100のプログラム開発者に選ばれたんだそうです!

私の場合は「本当かよ~」って感じですが、周りの人たちの中には確かに著名なプログラムを作っているすごいプログラマーの人たちが多くいたようです。

というわけで、スレートPCをさっそく使ってみました。

ちなみにslateというのは英語で石板という意味です。なんかビミョーなネーミングですね。slay-edという物騒な言葉を想像してしまいます(slayは殺害という意味)。日本人にとっては新しいカタカナ用語が増えることになりそうです。

スレートPCは、はっきり言って、マウスやキーボードをUSBでつなげば、ただの軽いWindowsパソコンです。

それがこのスレートPCの一番の長所でしょう。普段使っているアプリが動きます。

起動時の「Press F2 for SETUP」とかいうBIOS画面も。

もちろんF2キーなんてないので4つくらいあるボタンで代用するみたいですが、手元にある説明書には書いてありません。誰か教えて~

しか~し、マウスやキーボードをつなぐのではおもしろくないので、マウスもキーボードもつながないで使ってみる訳です。

ただ、(私がタッチに慣れていないこともあり)使うソフトが指でのタッチを前提にして作られていないので、いつものWindowsパソコンと比べると少し違和感が…

タッチエリアが小さいし、タッチしてもクリックだと認識してくれないことが多いし、ボタンをタッチしても表示がほとんど変わらないのでタッチがうまくいったかどうかがわかりにくいんです。

(訂正:私がタッチするときに力を入れすぎていただけでした。軽くタッチするだけでいいんです。けっこう使いやすいです。家にあった小さめのUSBキーボードをつないだらかなり快適です。Windowsであることを考えると新しいことを覚えるのはわずかなのでiPadよりもいいかも。っていうか、電池消費は多そうですが、新しいOSの操作を覚える必要がないので、けっこういいです。下にスレートPCの広告を載せます)

それで、主催者としては対応アプリを作ってほしいという事情があるようです。

スレートPCの長所と短所をまとめてみました。これから増えていくんでしょうか。

スレートPCの長所:
 ●Windows PCである
 ●PCで使っているWindowsアプリが動き、動作可能なアプリの数は多い
 ●ノートパソコンよりも軽い
 ●他のモバイル専用端末よりも安価で確実に外部機器を使える
 (キーボード、プリンター、DVDドライブなど)
 ●CPUパワー
 (Intel Atomの一番遅いやつでもiPadやAndroidタブレットのCPUよりも速いでしょう(=電気を食うという欠点も発生します)。CPUが速くてもユーザーの体感が速いとはかぎりませんが…)

スレートPCの短所:
 ●タッチ前提アプリが現状はほとんどない
 ●電池の持ちが比較的続かない―現状はiPad(8時間)の約半分(4時間弱)
 ●起動が遅い

外出が多いビジネスマンの仕事用パソコンに、スレートPC+キーボード(会社内で)という構成も便利そうです。ノートパソコンよりもぜんぜん軽いですから。

それに、企業の情報システム部門としてはiPadやAndroidタブレットよりも導入しやすそうですね。

彼らは重さや電池の持ちなんかよりも、Windowsアプリを入れることができるメリットを重視するでしょう。自分たちの余計な仕事が発生しませんので。

このように考えてみると、これから台数増えそうですね。

なお、スレートPCは現状日本ではONKYOしか出していません。これからFujitsu、Asustekなどもどんどん出すようです。


<雑感>

私としては、PCメーカーには、キーボードとマウスが標準装備されているデスクトップAndroid PCを出してもらって、Android PCが増え、Androidが携帯機器でも、PCでも、家電でも、制御機器でも、デファクトスタンダードOSになることを期待しています。

以前、Rob Pike(現Google 元ベル研)らは、たしかメモリ1MBでも動くPlan 9やInfernoという軽いOSを作って、いろいろな機器に搭載されることを目指していました。

なんといっても今のPC、今の世の中は電気を使いすぎです。本当にこんなに電気を使う必要はあるのでしょうか?

MS-DOS Ver. 2.1の時代はCPUの動作周波数が100MHzくらいでしたが、今のPCよりもある意味サクサク動いていましたし、プログラムを作り始める敷居が低かったです。

<参考画像:初代 NEC PC-9801>

さらに前に、Bill Gates氏本人がコーディングしたBASICインタプリタなんかは100kBほどしかない、コンピューター資源をほとんど使わないものでした。

今のPCは設計思想が複雑すぎです。

どこで間違った方向へ向かってしまったのでしょうか。パソコン初期の時代から比べると段々と複雑になってます。

電話機のように技術が100年くらい変わらないでいてほしいものです。1876年にアレグザンダー・グラハム・ベルが2つの電線に送話と受話を入れる技術を作ってから今も同じ技術を使っているんです。携帯電話は例外ですが…

インターネットやPCが流行る
 ↓
PCや通信機器の電源ONが多くなる(サーバー、ルーターなど)
 ↓
電力消費量が激増
 ↓
原発が増える
(ここまではすべて既に起こっています)
 ↓
某国のミサイルがたくさん原発にヒットしてみんなポア

こんな悪循環にならなければいいのですが…

少し書きすぎました…

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR