イオン商法にご注意を―「イオン系」電気製品とその宣伝方法

最近、私は、「健康にいい住環境」について、いろいろと考えています。

それは、私自身幼少時から化学物質に敏感で、なのになぜか応用化学科に進学し、そこで公害やその原因について学ぶ機会があったからだと思います。

(参考画像:中国の大気汚染―自動車から出たNO、NO2に太陽光が当たってオゾンO3が発生します。このオゾンが酸化物質(オキシダント)として人間の呼吸器官等を攻撃します。)

現在、電気メーカーが、マイナスイオン、ナノイープラズマクラスター光速ストリーマ、ピコイオン(マイナスイオン以外は各社の商標)など、いろいろな名前を付けて、消臭や抗菌作用があるとして、電気製品を売っています。

日本ではそのような電気製品を望む人が多く、よく売れています。

メーカーの説明サイトを見ると、美肌にいいとか、もう笑うしかないような説明があります。

bihada
(参考画像:某社がうたっている美肌効果)

「オゾンが出ますか?」と聞くと、「出ますが健康には問題ないレベル」と答えます。

安全性については「独立した試験機関で安全性が確認されている」そうです。

放置すれば菌やウィルスが死ぬことは確認しているけれども保証できないそうです。


ところが、原料が空気(N2、O2、H2Oで主に構成)しかない電気製品から出てくるものは、基本的に、オゾン(O3)などのオキシダント(他の物質に攻撃して酸化させる物質)以外にありません。特に放電によって作る場合は…

(参考画像:大気汚染物質のオゾン)



(ここの部分を追記)

そこら辺のことはメーカーも分かっています。S社によると、「プラズマクラスターイオンの個数」は、1cm3当たり25000個なんだそうです。

これに対して、オゾンの濃度が0.02ppm(メーカーも認める値)出ているとすると、オゾンの個数は1cm3当たり約500000000000個です(0が11個)(高校の化学の範囲で計算できます)。

「イオンの個数」の数字が意味のある数字だったと仮定しても、強力な酸化物質のオゾンのなんと、2000万分の1しかない物質の効果をうたっているのです。


オゾンは100年以上前から強い消臭力を持っていることは知られていますが人がいないところで使うものです。

人体には非常に有害な物質です。

オゾンの酸化力(おおまかにいうと、他の物質に化学変化を起こさせる能力)はフッ素ガス(F2)の次に高いのです。

同じ量あれば、塩素ガス(Cl2)よりも強いんです。

(参考画像:光化学オキシダントの発生)

塩素ガス発生装置を家に置く人はいませんが、オゾン発生装置を家に置いている人はたくさんいます。

理解できません。買う方も売る方も。

特にオゾンを発生させているのに別のものを発生させているかのように宣伝して、美肌に効果があるとか、エステの変わりになるとか、宣伝している会社が。。。

日本という国は儲かれば何をしてもいい国になってしまったのでしょうか…

オゾンは、ぜんそくなどの病気(肺気腫、気管支炎など)になったり皮膚にできものを発生させることが古くから知られています。

Google検索1
Google検索2

労働安全衛生関連の法規でも人が働く環境ではオゾンを0.1ppm以下に抑えるように規制されていますし、環境関連の法規(公害対策基本法および大気汚染防止法)でも大気中の光化学オキシダント(オキシダントとは酸化力のある物質のことで、オゾンなどの酸化力のある物質の総称)を0.06ppmに抑えるように規定されています。

ところが機密性の高い狭い部屋で使うメーカーの電気製品の多くは、既にオゾン臭がしています。オゾン臭がする時点で0.02ppm以上なんです。

メーカーの人も0.04ppmになることは認めていました。

乳児がいる機密性の高い家で、オゾンを出し続けると、どんどんオゾン濃度が高くなる可能性があります。

(追記2013/4/8:この点の説明を加えました

メーカーの人はこのようなことが想像できないのでしょうか。

どのメーカーの製品もオゾンセンサーは付いていません(付けるのが現実的でない複雑なものです)。

オゾンを出し続けてしまうのです。

しかもオゾンは空気よりも重いので、下の方に漂って滞留します。その結果、最も被害を受けるのは乳児です。

消臭、抗菌を電気製品に頼るのはやめましょう。掃除、換気が基本です。

インフルエンザ予防、風邪予防なら、シンプルな加湿器くらいがいいのではないでしょうか(加湿によりインフルエンザウィルス、風邪ウィルス対策になることが知られています)。

ここでオゾンについての正しい情報を書いておきたいと思います。



●オゾン層が上空にないと紫外線が入ってきてしまいますが、オゾンなどのオキシダントが住環境にあると人間にとって悪です


●大気汚染がひどい場所でオゾン濃度が高くなり、光化学オキシダントとして人間に害を及ぼします。


●人にとって「オゾン濃度が・・ppm以内なら安全」と言ったことは言えません。オゾンなどのオキシダントは人間にとってできればない方がいい物質ですし、乳児や喘息の人にとっては他の人よりも症状が出るのが早いですし、機密性が高い家ではオゾン濃度が高くなりがちです。


というわけで、下の宣伝はおすすめの激安加湿器です(笑)。

結露、カビ発生に注意して上手に使うといいと思います…



うちはKaz製です。これって熱い蒸気が出るので嫌う人が多いのですが、外国ではスタンダードです。カルキ分を取り除くようで、日本でも少し白い粉が析出されます。外国で使うとものすごくこびりつきます。部屋が暖かくなるし、外国でも使えます。逆に言うと、熱くならない加湿器よりも電気を多めに使っているようです。ヒーターよりは電気を使っていないでしょうが…

「リフレッシュ液」を買ってくぼみへ入れれば、気分や状態に合わせて、香りを漂わせることもできます。だけどこれ値段が高いですね。他のものを代用できそう…

東芝の一部の空気清浄機は、フィルター式のみで消臭を行っています。うちもCAF-M16Sを買いましたが、静かでフィルターを洗うことができるのでオススメです。

日立のアレルオフイオンは、フィルター式のみで消臭を行っているそうです。

除湿器には暖かい時期に強いコンプレッサー式と、寒い時期に強いデカント式(ゼオライト式)と、これらの両方を備えたハイブリッド式があるようです。

下の5つはコンプレッサー式です。


追記:

獣医師の「オゾン脱臭に伴う危険性について」という論文をみつけましたのでリンクを貼っておきます。
リンク

関連リンク集です。いろいろと面白いです。

リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク

リンク リンク

追記(2013/3/13):


現在、PM2.5(微小粒子物質)による公害が問題になってきていて、空気清浄機の需要が大きくなっていて、うちも買い足しました。しかし、東芝、日立は、イオン系以外は縮小傾向にあるようで、結局、象印のPA-HA16を買いました。


スクーターRV125JPにスクリーンとサイクルコンピューターを装着

台湾製スクーターSYM RV125JPを1月に買って、けっこう乗っています。

125ccのスクーターなのに大きくて安定感があり、エンジンは高出力タイプで、前後ディスクブレーキのおかげで足回りがしっかりしています。

それに重量当たりの価値(中古相場)がかなり低そうなので、盗まれる心配をしないでもいいです(笑)。

SYM RV125JP

冬でもセル1回で始動し、オートチョークも効いています。

ここらへんは台湾ローカル仕様のマジェスティー125と違ってかなりのメリットです。

エンジンは高回転型の割には信頼性が高いようです。

今までにいじった箇所は、

●グランドマジェスティー純正ロングスクリーン(ウィンドシールド)の装着

だけです。

なぜそうしたかというと、SYM RV125JPの純正スクリーンに不満があったからではありません。

中古で買ったときにスクリーンが付いていなかったのです。

ちょうどグランドマジェスティー純正スクリーンが、現在お休み中のマジェスティー125(コマジェ)に付いていたのでそれをそのまま付けました。

RV125JPのシールドがない状態でフェンダーとスピードメーターの土台にドリルで穴を開けて、外径が4mmのボルトを4本とナットとワッシャーを8個使って付けているだけなので、どんな高さにでも調整できます。

座席に座ったときに目と同じ高さよりも少し低いくらいの、かなり高い位置に付けました。

上側のボルトはスピードメーターの土台に2つ固定していてしっかりしているので、純正のスクリーンよりも揺れが少なそうです。見た目には、ボルトが見えていて、手作り感が出てしまいますが…

下側は私の場合はボルトでやりましたが、タイラップにした方が取り付けしやすいかもしれません。

<実際の写真>
Grand Majesty screen on RV125JP

冬には快適です(一度付けたらやめられません…笑)。


ところで、RV125JPは作りがしっかりしていて、エンジンのトラブルはほとんど聞いたことがありませんが、ネットでの評判を見ると、どうやらRV125JPのスピードメーターは壊れやすいようです。

バイク屋に頼んで直してもらってもすぐ壊れることがあるようです。

そんな私のRV125JPも購入してから500kmくらいしか走行していないのにスピードメーターが動かなくなってしまいました。

スピードメーターが動かなくなる原因は、「スピードメーターケーブルが切れている」ということがかなり多いようですが、そうではないようです。前輪タイヤを回すとスピードメーターに刺さっているスピードメーターケーブルも回ってくれています。

どうやらスピードメーター本体が故障してしまったようです。

バイク屋に直してもらうことや、ヤフオクで中古の純正スピードメーター(2500円くらいで買えるようです)を落札することも考えましたが、とりあえず自転車用のスピードメーターであるサイクルコンピューター(サイクルメーターとも言われます)を付けてみました。(しばらくしたら中古の純正スピードメーターに替えます)

amazonでのサイクルコンピュータの検索結果

私が購入したのは、SIGMA SPORTのBC1600という製品です。ドイツ製です。

中古で3000円くらい(+送料)でした。

SIGMA SPORT BC1600

「えっ!バイクに自転車用のものを付けるの?」

と思われるかもしれませんが、これ正確でかなり高性能なんです。

(これは無線タイプですが、バイクでは点火系のノイズを拾うために無線タイプは使用できません)

●なぜ正確なのかというと、車輪1回転分の進む距離をmm単位で入力して、n回転分の時間を計測してスピードを出すためです。私の場合、1450mmと入力しました。誤差が10mmあったとしても1%未満ということになります(時間計測などの他の要素の誤差を除けば)。

●なぜ高性能なのかというと、トリップ積算計が複数あるのはもちろん、最大速度、平均速度、乗車時間を記録する機能があるんです。

今の走りの最大速度はいくつ出ていたというようなことも分かります。

ただし、欠点もあります。それは、

●表示速度の更新が遅い(約1秒前の速度しか表示できない)

という点です。もともと自転車用なので仕方ないですね。

●(サイクルコンピューターだけを)盗まれやすそう

●夜間は補助ライトが必要

という悩みもあります。

(このように補助灯も売っているようですが…)

取り付けは、フロントホイールに付属の磁石を工夫して付けて(ホームセンターで150円くらいで売っているホース固定具を使用します)、センサーを車体側に付けます。自転車ではタイヤの上側に着けることを想定しているのでケーブルが短く、ケーブルの延長が必要となります。

<マグネットの取り付け画像>
Installation of Cycle Computer magnet

取り付けは、マジェスティ125に取り付けられた方のこちらのサイトを参考にさせていただきました。

試しに付けてみただけなので、かなり簡略化していますが…

例えば、マグネットを付ける台座は、アルミ板ではなく、大きめのクリップ(黄色のプラスチックで覆われています)(太めの針金)にしています。

※今回は試しに付けてみましたが、バイクへの取り付けを特にお薦めしているわけではありません。正確なトリップメーター(距離計)が必要な場合などの特殊な事情がなければ、正直、特に必要ないでしょう…(笑)

ブックリーダーのAmazon Kindleの新製品発表(Kindle Touch, Kindle Fire)

kindle4

以前の投稿で、amazon.comから販売されていたブックリーダーのKindle 3を紹介しました。

このKindle 3の特徴は以下の通りです。

●目が疲れず電力をあまり消費しないE-Inkディスプレー

●本の売り上げを見込んでいるために安い価格

●Docomo・Softbank回線を利用した3Gアクセスし放題

●本を購入しなくても、テキストファイル、PDFファイル、Wordファイル等の閲覧が可能
※PDFファイル等はテキストファイル(できればUTF-8エンコード)に変換するのがおすすめ


このたび、このKindleに新しい製品が出ました。第4世代になります。

● Kindle
日本向けは$109
キーボードもタッチ機能もないので、文字入力は方向キーで行うことになり面倒そうですネ。Wifi機能はあります。$79(米国の場合)で買えるのは画期的ですね。
● Kindle Touch

● Kindle Touch 3G

※2011/10/1現在、日本からは「Kindle」、「Kindle Keyboard」の購入しかできないようです。

Kindle 3と比べてキーボードがない代わりにタッチスクリーンになりました。
少し大きさが小さくなりましたネ。Wifi版(無印)とWifi+3G版(3G)があります。

OSはAndroidではなく従来のKindle 3と同様にLinuxベースの独自OSのようです。

文字入力は英語のみでしょうが、Kindle Keyboardと比べて入力しやすいのか気になります。英語の入力はしやすいのではないかと予想しています。発売日まで待てるのであれば、Kindle Touch 3Gはおすすめです。

● Kindle Fire

※2011/10/1現在、日本からは「Kindle」、「Kindle Keyboard」の購入しかできないようです。

E-Inkディスプレーではなくカラーディスプレー、OSはAndroidです。

ようするに、よくあるAndroidタブレットですが、Kindle用アプリが入っている点と、SamsungのGalaxy Tabletのような他のAndroidタブレットと比べて値段が安い点(購読料が入ってくるためと思われます)で異なります。

他のAndroidタブレットを購入しようと思っている方にはいいのではないでしょうか。一般にAndroidタブレットは故障しやすいものですが、amazonですので故障の際の対応が安心です。

Wifi版のみでWifi+3G版はありません。

E-Inkディスプレーではないため、

●厚み・重さがある

●電池の持ちが他のKindleのように良くない

●目が疲れる

といったデメリットがありますが、表示・ブラウズが早いといったメリットもあります。

Androidですので機器自体の日本語対応は安心です。

● Kindle Keyboard

● Kindle Keyboard 3G

従来のKindle 3が値下げしたもののようです。

外出先で3Gアクセスしてメールを書く場合を考えると、Kindle Touchの文字入力機能の使い勝手によっては、Kindle Keyboard 3Gが良いのかもしれません。

いずれにしてもKindle Touchの発売前は「Kindle」か「Kindle Keyboard」しか購入できないようですのでお急ぎの方はこれの3G版がおすすめです。

※「With Special Offers」(米国のみ!?)で購入すると広告が表示される代わりに安くなります。

「Without Special Offers」で購入するとかなり高くなります(Kindle Touch 3Gの場合、$149が$189になるようです)。

※上記価格は米国向けの「With Special Offers」での価格です。

以前と同様に値段には日本向けには「海外発送」費用として追加費用がかかるようです(「Kindle」の場合、$79が$109になるようです)。

購入を進めていくと住所入力の後に下記のメッセージが表示されて、「non-US Kindle product page」へと誘導されます。

Important Message
Kindle Touch 3G, Free 3G + Wi-Fi, 6" E Ink Display - includes Special Offers & Sponsored Screensavers is not currently available to ship to the selected non-US address. To shop for Kindles available to ship to you, please visit the non-US Kindle product page.

※2011/10/1現在、日本からは「Kindle」、「Kindle Keyboard」の購入しかできないようです。発売は「Kindle Fire」が11月15日、「Kindle Touch」と「Kindle Touch 3G」が11月21日です。


 

相変わらずamazon.comの英語サイトからしか(正規に)買えませんが、特に、Kindle Touch 3Gがおすすめです。

なんといってもamazonですから壊れたときの返品対応がいいというメリットもあります。(ユーザ責任の故障は本来返品できませんが、薄い機器ゆえに…)


関連記事

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110929_480424.html

http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/20062/



追記

Kindle関係の続報が入ってきましたので追記します。

年内にも電子書籍サービス=日本市場に参入―米アマゾン

これで日本語書籍も購入することができるようになりそうです。

 

米アマゾン、タブレット市場に参入=アップルに挑む

これは上のAndroidタブレット機のKindle Fireのことですね。

 

アマゾン、仙台に新拠点=最大1000人雇用、復興支援に

ありがたいですね。





Kindleアプリを入れれば、amazon.comで購入したkindle版の書籍はPCやAndroidデバイスでも読むことができます。







カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR