イオン式空気清浄機について「ガラパゴス家電」、「家じゅうをオゾンだらけ」と表現する記事

イオン式空気清浄機について、以下のように表現する優れた記事が2つビジネスジャーナルから出ていますので、ご紹介します。

■「日本国内だけで独自に進化したガラパゴス家電」、

■「欧米ではオゾンを発生するものとして規制の対象になることもある」、

■「オゾンを発生させる機器をあちこちの家電製品に組み込み、家じゅうをオゾンだらけにしてしまいそうな勢いで増やしている」、

■「効果そのものが、イオンよりもオゾンによるものではないかという異論も出て来ている」

(「異論」とありますがメーカーの説明と異なる論なだけで、化学に詳しい人からすると当たり前の論かと思います この点もう少し突っ込んでほしかった…)

細かい点では意見したいところがありますが、おおむね優れた記事であって最近の動きについてもよくまとめられていると思います。

“ガラパゴス化”する日本のマイナスイオン家電 薄い効果でも誇大広告が横行の実態

http://news.livedoor.com/article/detail/7569012/

ビジネスジャーナル2013年04月06日06時55分
 
●なぜ掃除機にイオン発生機が?
 2012年11月、シャープのプラズマクラスター掃除機が消費者庁から景品表示法に違反するとして措置命令を受けた。...
【景品表示法違反の対象となった機種一覧】
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/121128premiums_1.pdf
 ...
 消費者庁から措置命令を受けたシャープは、すでにカタログやウェブの表示を修正しているが、11月28日の自社ニュースリリースでは、問題は「カタログ等での表示に関するもの」であり、「プラズマクラスター搭載製品の性能について、問題とされているものではありません」と明記している。
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/121128-b.html)
 だが、消費者庁の措置命令に関するニュースリリースにも、はっきりこう記されている。
「対象商品は、その排気口付近から放出されるイオンによって、対象商品を使用した室内の空気中に浮遊するダニ由来のアレルギーの原因となる物質を、アレルギーの原因とならない物質に分解又は除去する性能を有するものではなかった」
 ...
(文=六本木博之/フリーライター)




同じライターの六本木博之氏から同じビジネスジャーナルにて、もっとイオン系空気清浄機の作用について踏み込んだ記事が出ていますので、ご紹介します。
下記の記載が印象的でした。
■消費者の間では、「イオンは健康にいい」という根拠のないイメージが強く、家電業界では「どんなに高性能な空気清浄機でもイオン機能がないと売れない」とさえいわれている。
■本当に部屋中の浮遊物質を酸化させるほどの活性酸素が出ているなら、人体への影響も懸念されていいはずだ。
■むしろイオンと同時にできるオゾンのほうが、はるかに量は多い。


人体に悪影響も…イオン式空気清浄機は花粉対策にならない? 誤解生む広告上の“効果” - 六本木博之
http://biz-journal.jp/2013/03/post_1664.html
Business Journal 2013年03月10日 16:11
●消費者庁からイオンの効果に疑問符
 ・・・
●「イオン」の正体は活性酸素か?
 ・・・
 だとすれば、わざわざ効果も不確かな上に、人体に有害になりかねない物質を放出する必要があるのだろうか?
 結局のところ、「イオンの効果」というイメージを与えるためだけの機能でしかないといえるだろう。
(文=六本木博之/フリーライター)

機密性の高い家でオゾンを出し続けるとオゾン濃度が高くなる可能性があることの理由


kakaku.comの『プラズマクラスターやナノイー自体にはほとんど殺菌効果がない』 のクチコミ掲示板で、イオン系空気清浄機について貴重な議論がなされているのを最近発見しました。
ここで、 Yahoo!知恵袋などでメーカー擁護の立場から活発に活動されているssfs2007さんから、このブログのイオン商法にご注意を―「イオン系」電気製品とその宣伝方法の投稿の記載について、

「乳児がいる機密性の高い家で、オゾンを出し続けると、どんどんオゾン濃度が高くなる可能性があります」とありますが、嘘八百です。このように妥当性を欠く主張は無意味です。

との貴重なご意見をもらいました。
確か以前にもここの箇所についてssfs2007さんからご意見をもらっていたと思います。
(ssfs2007さん自身もこのことが事実であれば問題であると考えているのかもしれません)
上記の私の見解は、オゾンについて詳しい人や一般に化学物質について詳しい人は、「当然のこと」として支持してくれる内容かと思いますが、下記に説明したいと思います。

(参考図:オゾンを主体とする酸化物質により発生する光化学スモッグ - 三重県環境政策資料)

●労働安全衛生関連の法規で(職業的にやむを得ない場合であっても)人が働く環境ではオゾンを0.1ppm以下に抑えるように規制されています。

●環境関連の法規(公害対策基本法および大気汚染防止法)でも大気中の光化学オキシダント(オキシダントとは酸化力のある物質のことで、オゾンなどの酸化力のある物質の総称)を0.06ppmに抑えるように規定されています。

●光化学スモッグという現象はオゾンなどのオキシダントが一定以上増えたために、オキシダントが減らなくなったり増え続けて、人の健康に害を与えるおそれがある現象です。

(参考図:栃木県環境政策課資料;オゾンなどによる光化学スモッグとその作用)

●オゾン臭が複数の人に認められる時点で0.02~0.04ppm程度あります。

●オゾン臭が発生しているイオン系製品は多いです。

●メーカーも製品の吹き出し口から0.04ppmのオゾンが出ることがあることは認めています(私が電話で聞き取り)。

この数値は、公害対策基本法および大気汚染防止法の規制値の0.06ppmより少し少ない程度です。

しかもイオン系製品は、やむを得ずではなく(例えば、電車のモーターやコピー機やレーザープリンターから出るオゾンは「やむを得ず」です)積極的に発生させています。

●オゾン濃度センサーを搭載している一般的な製品はありません(手軽なオゾン濃度センサーは実用化されていません)。

したがって、オゾン濃度を検知してオゾン濃度が高くなったらオゾン発生機能を停止する機能を持ったイオン系製品はありません。

●空気中に(酸化性の)オゾンが少ない状況だと、イオン系製品からオゾンが出ても、オゾンは(還元性の)他の物質を酸化した上で、結局O2(酸素)や酸化物の一部に変化して、オゾンが低濃度に抑えられます。これに対し、空気中にオゾンや他の酸化性の物質(オキシダント)が多い状況だと、還元性の他の物質が少ない状況となり、O3(オゾン)の攻撃対象が少なくなってしまいます。その結果、オゾンが分解することは少なくなり、増えやすくなります。


(参考図:一酸化炭素の濃度上昇 - 不動産会社資料)

この現象は、一酸化炭素(CO)の濃度のふるまいに似ています(酸化と還元は逆)。還元性のCO(一酸化炭素)は通常の大気中では酸化性のオゾンや酸素などと反応してCO2となる「すぐさま消えていく化学種」ですが、CO(一酸化炭素)が増えて酸化性の物質(例、オゾン、酸素)が少なくなってくると、CO(一酸化炭素)が還元させる物質が少なくなり、一気に致死量の1500ppmまで上がります。

●オゾンの単位体積当たりの重さ(密度)は、窒素や酸素の密度の1.5倍です。よって、オゾンは床近くに滞留するのです。

(参考図:乳児のハイハイ - 東京都こども医療ガイドより)

床近くでハイハイをしたり寝る乳児の生活空間の濃度は、大人の人の濃度の1.5倍 …ではありません。

重さが1.5倍なので、濃度はもっともっと高くなるといえます。しかも、オゾンのおかげで、オキシダントであるNO(空気と同程度の重さ)やNO2(空気の1.5倍の重さ)も存在する状況になります。

●機密性の高い家で、オゾンを出し続けても、オゾン濃度が高くならないのであれば、いったいどんな状況であれば、労働安全衛生関連や環境関連の法規に記載されているオゾン濃度0.1ppmや0.06ppmになるのか、いったいどんな状況であれば、光化学スモックで大気中のオゾン濃度が高くなる状況になるのか、逆に聞きたい…です。

以上より、「乳児がいる機密性の高い家で、オゾンを出し続けると、どんどんオゾン濃度が高くなる可能性があります」ということが至極当たり前のことであることをわかっていただけると思います。
イオン系製品のメーカーには、消費者に誤解を与えるような広告宣伝はやめ、適切な表示・説明を行った上で製品を販売するなり、返品に応じたり、自主回収することを強く望みます。関係当局も行政処分や行政指導することを強く望みます。
私の友人は、かつて公害都市であった神奈川県川崎市で育ち、肺が十分に成長せず普通の人の1/3の大きさの肺で19歳で死にました(川崎市からは公害認定を受けていました)。消費者に誤解を与える広告宣伝によって自分の家に公害を作りだし、その結果、健康を害する人が出るという事態にならないことを切に願います。


(参考:このような措置命令をお願いします)


学識経験者の中村匡伸 元教授は、最近の消費者庁の措置命令国立病院機構の西村論文について論評しながら、

シャープは本件の後始末とともに、まだ、やるべきことが残っている。それは当該製品の潜在する健康被害を明らかにすることである。似非科学で売り上げた当該商品は、いまだに数千万台が稼働しており、使用状況による健康被害を明らかにし、注意を促すべきである。・・・シャープが喧伝したプラズマクラスターの作用機序は、マイナスイオンに端を発した妄想、作り話によるミスリードである。このような似非科学と呼ばれる商品が出るのは、嘆かわしく、自らを省みないのは言語道断である。プラズマクラスターに与えられた何々賞も、選考委員の眼力がその程度であったと評されても致し方あるまい。まともな検証もされないまま、この会社の妄言を鵜呑みにし、なんとなく流布し、あきれるほどの他製品への付加状況は、右に倣えの感さえあった。愚かな行為が繰り返されないことを望む。開発とは何か、科学者、工学者の良心とは何かを今一度、思い返して欲しい。(プラズマクラスターの終焉より)
と書かれています。まったく同感です。同氏のシャープ/プラズマクラスターの作用機序では、
シャープの提唱してきたプラズマクラスターの作用機序に科学的根拠は認められない.
として、その根拠について説明されています。さらに、
いつまでこのようなことが続くのだろうか.もううんざりである.当装置に関わりのある人もそうでない人も,はやく眼を覚ますべきである.・・・消費者庁,及び・・・厚生労働省は,襟を正してことに当たって欲しい.
とも、要望しておられます。このような良識ある人が日本で増えてほしいものです。そして、少しでもイオン系商法のインチキさがわかる人は情報発信をしてほしいです。特に、中村氏のような学識経験者に。 最後に、イオン系商法は、シャープのプラズマクラスターだけでなく、パナソニックのナノイー、ダイキンの光速ストリーマ、サムスンのS-Plasma ionなども同様であることを記しておきます。

(参考:某社がうたっている美肌効果)

Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールする方法(WinToFlash使用の場合)

前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)では、主に、USBメモリーを使用してWindowsをインストールする方法や、Windows XPのインストールの際のF6キーによるハードディスクコントローラーの読み込みを回避する方法をご紹介しました。

今回は、一般的に、Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールする方法をご紹介します。

(0)事前準備

(0a)Windows XPインストール用ブータブルUSBメモリーを準備

Windows XPインストール用CD(もちろんこれは必要)から作ります。

前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)で書いたように、WinToFlashを使用するのが楽です。

(0b)Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーを準備

Windows 7インストール用DVD(もちろんこれは必要)からWinToFlashを使って作ります。3GB以上のUSBメモリーが必要です(中身はフォーマットされます)。

(0c)EasyBCD

ブートマネージャー設定ツール(無料)(どのOSを起動するかを設定するツール)です。後で使うので、Windows 7に、EasyBCD (Non-commercial Free版)をインストールしておきましょう。

(1)Cドライブを分割して新しいDドライブを作る

CドライブにWindows 7がインストールされている場合、同じドライブにWindows XPをインストールすることはできません(厳密には不可能ではありませんが…)。

よって、Cドライブを分割して新しいDドライブを作ることになります。もちろんCドライブ以外に十分な容量の別のドライブ(ボリューム)が既にある場合は作る必要がありません。

(1a)CD/DVDドライブがDドライブになっている場合はCD/DVDドライブをQドライブなどに変えます。

「コンピュータ」を右クリック|管理|ディスクの管理|で該当ドライブを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。これによって新しいドライブをDドライブとすることができます。

エクスプローラなどで新しいドライブの前にCD/DVDドライブが並ぶのが違和感があるために行います。

(1b)パーティション分割ソフトウェアでCドライブのサイズ変更(resize)を行い、空いたスペースに、Dドライブを新たに作ります(通常、NTFSフォーマットで作ります)。

パーティション分割ソフトウェアとしては、Windows上で動作する、

EaseUS Partition Master (無料のHome Edition)

がいいでしょう。SystemRescueCDに入っているParted(Linuxベースの無料のパーティション操作ツール)などを使う選択肢もありますが、ブータブル(起動可能な)USBメモリーやブータブルCD/DVD(CD/DVDドライブがある場合)を作るのは面倒なためです。

(なお、この手の無料ソフトをインストールする際は、「自動」ではなく、「カスタム」を選んで、広告ソフトウェアを一緒にインストールしないようにしましょう。一度インストールしてしまうと除去するのが面倒だったりします)

(3)Windows XPをUSBメモリーなどからインストールする

これについては、前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)で、主に、USBメモリーを使用してWindowsをインストールする方法や、Windows XPのインストールの際のF6キーによるハードディスクコントローラーのドライバーの読み込みをインストールCDに統合する方法をご紹介しています。

なお、相当に古いPCやWindows XPのインストールに配慮しているマザーボードのPCでないかぎり、F6フロッピーによるSATAハードディスク用ドライバーの導入が必要になります(ブルースクリーンになります)。

上記投稿では、nLiteを使ったF6フロッピー回避方法を説明しています。

(4)WinToFlashを使用して用意したブータブルUSBメモリーからWindows XPのインストール

(4a)ハードディスクでなくUSBからPCを起動

PC起動時に、ESCキー、F2、F8、F12キーなどを押して、起動媒体選択画面を出します。

Acer Aspire One D270では、F12キーです。

そして、USBメモリーらしきものを選んでEnterキーを押します。

(4b)WinToFlashの起動画面が出たら、1st, text mode setup …を選んで、Windows XPのインストールを開始します。

(4c)再起動したら、起動選択画面にて2nd, GUI mode setup …を選びます

もしうまく起動できなければ、2nd, GUI mode setup …の下の選択肢を順に試して起動させてみます。

Windows XPのインストールが終わると、再起動となります。ここで、USBメモリーを抜きます。しかし、

(4d)おそらく再起動できません

再起動できた場合は(6)へ

(5)Windows 7を起動可能にする

Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーで起動します。そして、立ち上がった後の画面で、「インストール」ではなく、「コンピューターを修復する」を選びます。

その後、再起動することになり、ブータブルUSBメモリーを抜いて起動させますが、おそらくまだ起動できません。

そこで、再度、Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーで起動 → 「コンピューターを修復する」を行ってブータブルUSBメモリーを抜いて再起動させます。

これで、Boot Loaderが修正されWindows 7が起動可能になっているのではないかと思います。

しかし、まだWindows XPが起動可能になっていません。

(6)Windows XPを起動可能に

これは、Windows 7起動後、(0c)でインストールしたEasyBCDを使います。

EasyBCDを起動して、

●Add New Entryを選び、Windows NT/2k/XP/2k3を選択して、Add Entryを押します。

●Edit Boot Menuで、デフォルトのOS、待ち時間を設定できます。

これで再起動をすると、起動画面で、Windows 7に加えてWindows XPも選択可能になっていると思います。

これで、Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールすることが(運が良く根性もあれば)できたと思います。

EasyBCDはLinuxとのマルチブート環境の構築にも使えます。

(不明な点などがあればコメントをお願いします)


追記(2014/2/1)Windows Vista以降の場合は4GB以上の容量のUSBメモリーが必要です。

WinToFlashと同様な機能がある「Windows 7 USB/DVD download tool(ダウンロートはこちら)」という無料ツールがMicrosoftから出ています。WinToFlashではなくこちらを使う手もあるようです。

最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化

最近、Windows 7 Home Edition搭載のAcerの激安ネットブックAspireOne D270(AOD270)をヤフオクで新品2.1万円(送料込み)で購入しました。

しかし、Windows 7に対応していないソフトが多く、Windows XPを使用したい事情もあったりします。
しかも、AspireOne D270は1GBのメモリーしか搭載していないので、そのままではWindows 7ではメモリー不足に陥ります。(私は2GBに入れ替えましたが、初めての方では作業が難しいと思いますし、「これが破られていたら保証なし」と書いてあるシールを破る必要があります。まぁWindows 7で使う場合はメモリー入れ替えお勧めしますが・・・)


AspireOneシリーズはキーボードにPage Down/Page Upキーがあるのでおすすめです。ウェブブラウジングやPDFやWordの文書をただ見るだけのことが多いので、Page Down/Page Upキーがあるとすごく便利なんです。そして、バッテリーが8時間も持ちます。



(これ以降の作業は熟練者向けです。興味本位でやるとハードディスクの内容をすべて失ったりすることもあります。Windowsを起動できなくなった場合の対処法(セーフモード以外の方法)に自信があるくらいな人でないとやるべきではありません。WinToFlashを使ってWindows 7搭載PCにWindows XPをインストールすると間違いなく一時的にWindows 7もWindows XPも起動できなくなりますので。私は日系人の人に英語版Windows 95と日本語版Windows 95のデュアルブート環境を作ってあげてから、Linuxとのマルチブート環境の構築などいろいろと経験ありますが、失敗したこともいろいろとありますので失敗してもいいという方のみ行ったほうがいいと思います。)


そこで、(私の場合)Windows 7を残したまま、Windows XPを(デュアルブートで)インストールするわけですが、

(1)CD/DVDドライブがないのでUSBメモリーからインストールしたい

という問題があります。この問題は、WinToFlashで解決です。

image

しかし、Windows XPのインストールCDには、最新PC(というより5年以内の普通のPC)で使用しているSATAハードディスクのドライバー(Intel提供のドライバー)が入っていません。


(2)SATA用ハードディスクドライバー(Intel提供のドライバー)がないと、Windows XPのインストールの初期段階で青いエラー画面(ブルースクリーン)が出て先に進まない

これは、Intel提供のF6フロッピードライバー(f6flpy????.zip)など(マザーボードのチップセットによる - Windows 7のデバイスマネージャーでハードディスクコントローラーを確認できる)をダウンロードしてドライバーが入ったフロッピーディスクを作り、Windows XPのインストールの初期にて、F6キーを押して、フロッピーディスクを指定することで、解決可能です。

しかし、最近のPCは・・・

(3)フロッピーディスクドライブがない

外付けのUSBフロッピーディスクドライブを買いましょう。

amazonで新品1280円(送料込み)で売っています。Windows 7稼動後に使えないというamazon評価もありますがインストール時はたぶん使えるでしょう。

しかし・・・

(4)いまどきFDDなんか買いたくない!!自分はドケチIT技術者だぁ!!

そんなあなたのために、F6フロッピー回避方法というのが知られていますが、かなり面倒です。

■そこで、nLiteというツールを使用する方法があります。



このツールは、F6フロッピードライバーを統合する機能があります。(Integrate – Driver)

そして、修正したインストールファイル群からブータブルイメージ(ISO形式)を作る機能があります。(Create – Bootable ISO – Make Bootable ISO)

画面は、下記のように進ませます(クリックすると拡大)


Review imageReview imageReview image
Review imageReview imageReview image
Review imageReview imageReview image

上記WinToFlashを使う場合はnLite使用後、WinToFlashを直接実行可能です。また、ISOイメージを作ればCD/DVDも焼けます。
これで、USBメモリーからWindows XPのインストールを「開始」することができるようになります。

めでたし、めでたし。。。
(の訳はありません。これからいくつも試練が待っています。マルチブート環境の構築やXP用ドライバーの入手方法は続報予定です。上記のようにWinToFlashを使ってWindows 7搭載PCにWindows XPをインストールすると間違いなく一時的にWindows 7もWindows XPも起動できなくなりますので、Windows 7のセットアップUSB/FD/DVDを起動できるようにしてから作業してください。そもそもWindows XPのインストール開始前にパーティションを分割する必要がありますし・・・)

(質問があればコメントをくれるとうれしいです)



(追記:2013/4/8)追加情報をWindows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールする方法(WinToFlash使用の場合)に掲載しました。何かやる前にはこちらも読んでおいた方がいいと思います。

(追記:2013/8/25)Toshiba Equium 5210にWindows XPを入れました。グラフィックスドライバーについては、Intel Q33 Express Chipset Familyのものを探しましたが、Intel提供のものはなく、苦労しました。
探した結果、Dell提供のドライバーを使えました。

家電リサイクル券で旧型テレビを引き取ってもらった

実家に行ったら旧型のブラウン管テレビが2つ(29インチと21インチ)もあったので、家電リサイクル券を使って指定引取場所へと持ち込んで引き取ってもらいました。

(0)事前準備

http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_price.html

こちらで「製造業者等名コード(メーカー名)」と「品目・料金区分コード」を調べておきます。

例えば、三菱電機の16V型以上のテレビだと、

製造業者等名コード:320

品目・料金区分コード:22

です。テレビの他にも冷蔵庫、エアコン、洗濯機・乾燥機が対象となっています。これらは粗大ゴミでは引き取ってもらえません。もしリサイクル業者で引き取ってもらえるようであれば(有償や買い取り)、そちらの方がお得な場合の方が多いようです(良心的な業者なら)。

そして、指定引取場所を確認します。

http://www.rkc.aeha.or.jp/text/s_place.html

電話して営業時間(通常9時~17時)を確認して、実際に持ち込めるかどうかを判断します。

もし不可能であれば、2000円ほど余分に支払って、家電量販店や地方自治体(一部のみ対応)に引き取ってもらう必要があります。

対象廃棄物(家電4品目)一覧
(参考:家電リサイクル券センターの資料)

(1)郵便局

郵便局へ行って、説明書と専用の用紙をもらい(窓口に頼めばもらえます)、金額を振り込みます。

窓口で振り込むよりも(手数料:120円)ATMで振り込んだ方(80円)が若干手数料が安くなっています。

しかし、紙の下側部分と横部分を切り取った上でATMで「用紙読み込み」で振り込み、ATMで振り込んだ後に窓口に紙を持って行って、別途押印してもらう必要があります。

(2)指定引取場所

郵便局で押印してもらった紙を指定引取場所へ廃棄家電を持って行きます。

廃棄家電を置いて、紙に押印してもらい、「お疲れ様です」と言って解放してくれます(業者が持ってくることが多いようです)。

重いものを持つのが苦手な方は、もしかしたら頼めば運搬を手伝ってくれるかもしれません。

(3)その他

廃棄家電をリサイクルすることはいいことですが、本当にリサイクルしているんですかねぇ~。

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR