ショッピングサイト構築システムZen Cartを使って色・サイズごとの在庫管理 - Stock by AttributesとDynamic Dropdowns for SBAのアドインを使用

フリーなオープンソースのショッピングサイト構築システムとして、Zen Cart、OsCommerce、Magento、EC-Cubeなどがあります。

今回は、coreserverにて、ショッピングサイト構築システムZen Cartを使って色・サイズごとの在庫管理を、 Stock by AttributesとDynamic Dropdowns for Stock by Attributesというの2つのアドインを使用して実現しましたので、軽くご紹介します。

CoreserverへのZen Cartのインストール

Coreserverは、サポートはあまりしてくれないけれども安いレンタルサーバーサービスです。

Coreserver(xreaも)では、Zen Cartを動かすにあたってPHPをcgiモードで動かす必要があるため、そうでない他のレンタルサーバーへ導入する場合と比べて、少しハードルが高くなります。

以下の方法によって解決します。

ルートの.htaccessファイルに、Addhandler …を書き込む

*.phpがあるすべてのディレクトリに、所定の内容のphp.iniを設置する

Zen Cartは、1.3.9h日本語版(bigmouse版)を使用させていただきました。

1.5.1日本語版も公開されていますが、私が使っているcoreserverのPHPのバージョンだとサポート外となっていたためと、以前1.3.9hを比較した際、bigmouse版の方が日本語メッセージなどの完成度が高いという印象を持ったためです。

なお、Stock by Attributesなどのアドインをインストールする場合、Zen Cartでは”zc_”のようなデータベーステーブル名のプレフィックス(前置文字)は使わない方がいいです。アドインはプレフィックスなしであることを前提として作られているからです。

Zen Cartインストール後の修正

ショッピングサイト構築システムだけに、正常にインストールできてもいろいろと「バグ取り」ないし「調整」をする必要があります。

EC-Cubeも同様ですが、システム業者の仕事が発生するように、なぜか「バグ取り」ないし「調整」が必要となっています。

例えば、お客様の「鈴木一郎」さんがいたとして、画面上やメールにて、「鈴木一郎 様」と表示されず、「鈴木一郎」とそのまま出力されています。

これでは実際のショッピングサイトには使えません。

ここらへんの修正が必要となります。

いくつかいじる必要があるのですが、例えば、

UPDATE  `address_format` SET  `address_format` = '$firstname $lastname 様$cr$postcode$cr$state$city$cr$streets$cr$country$cr$' . 'telephone$cr$fax' WHERE  `address_format`.`address_format_id` =6;

というようにデータベースの値をいじったり(実際はツールを使って操作します)、

/includes/languages/japanese以下のファイル、
/email/jp以下のファイル、
tpl_shopping_cart_default.php
tpl_checkout_payment_default.php
tpl_checkout_confirmation_default.php
tpl_modules_attributes.php

のようなファイルをいじる必要があります。

色・サイズごとの在庫管理 - Stock by AttributesとDynamic Dropdowns for Stock by Attributesを使用

インストールのために重要なことは、上記のように、データベーステーブル名のプレフィクス(前置文字列)を使わないことです。

使い方:

  1. 事前に、管理者画面の、商品の管理|カテゴリ・商品の管理 にて、商品を登録しておく。
  2. オプション名の管理 にて、サイズ、色などの分類名を登録する。
  3. オプション値の管理 にて、サイズ、色に属する値を登録する。
  4. オプション属性の管理 にて、正しくサイズなどが登録されているか確認する。
  5. 商品の管理 の一番最後のメニューアイテム(属性ごとの在庫管理)にて、在庫数を登録する。

なお、これらのアドインの日本語ファイルを作りましたので、欲しい人がいましたら、コメントにて連絡をお願いします。

Dynamic Dropdownsについては、少しいじると、ラジオボタン形式も実現できるようになります。

ショッピングサイト構築システムMagentoを使ってサイズごとの在庫管理

今までショッピングサイト構築システムとして、Zen CartやEC-Cubeを使ってきましたが、色・サイズ(Zen Cartではオプション値、EC-Cubeでは規格という用語)ごとの在庫管理を行うには、有償アドインを使用する必要があります。

OsCommerceの派生版のalterでは、その機能があったようですが、既に開発も配布も終了しています。

そこで、magento(ebayが関連)をcoreserver(xreaと同じ仕様の玄人向けレンタルサーバーサービス)にインストールすることにします。

magentoだと、configurable products(設定可能商品)という指定ができて、色・サイズごとの在庫管理ができるようです。

うまく行くかなぁ~?

(追記:2013/9/11)

.htaccessとphp.iniファイルを設置して、magentoをcoreserverにインストールすることには成功しましたが、色・サイズごとの在庫管理が、Zen Cartでも、Stock by AttributesとDynamic Dropdowns for SBAを使うことによって実現できるので、慣れているZen Cartを使うことにしました。詳細はこちら

台湾製大型スクーターKYMCO Xciting 250を買いました

xciting250c

出品者が比較的近くだったこともあり、台湾製大型スクーターKYMCO Xciting 250 Type IIを衝動買いしてしまいました。

KYMCOは日本ではSYMよりマイナーで、しかもXciting 250は日本では乗っている人がかなり少なそうです。

走行距離は、33700kmです。調子はかなりいいです。

ヤマハT-MAXというスポーツ系ビッグスクーターに似ているスクーターだけあって、おもしろい走りができそうです。

さっそく、英文サービスマニュアルのPDFファイルを入手していじり始めました。

■ヘッドライトを消灯可能に

xciting250a

以前は、ヘッドライトを消灯可能にすること自体、違法でしたが、最近は規制が緩和されたという説があります。少なくともポジションランプが付いていれば大丈夫とのことで、おそらく最もお手軽な方法で、ヘッドライトを消灯可能にしました。

国内メーカーのバイクと違って、元々、常時点灯を想定して設計されているわけではないので、バッテリーへの負担が高いんです。

方法:ヘッドランプから出ている、緑(アース)、白(Lowの+)、青(Hiの+)のうち、青(Hiの+)の線をハサミ又はニッパーでプッチン。

Hiにしておけば、ヘッドライトが点灯せず、2つのポジションランプのみの点灯になります。

もちろん、このままではHiビームは使えませんが、当面このままでいいでしょう。

■Vベルト(ドライブベルト)

パーツリストによると、純正部品の部品番号は、23100-LLJ3-E00です。SYMでの経験から、台湾ルートで購入すれば、安く純正部品を手に入れることができます。よって、機会があれば台湾ルートで購入することになりそうです。

しかし、国内での入手方法も調べておきたいものです。

出品者によれば、フォルツァ(MF10)のVベルトを流用できる(?)とのこと。

とりあえずサイズを調べてみます。

malossi-belt

各社スクーターのベルトを作っているMalossiのデータ

http://www.malossistore.de/Archive/News/pdf_prodotti%5Cx%20kevlar%20belt_001.pdf

によると、Xciting 250のVベルト(Malossi 6113028)の数値は、

l 995mm, w 24mm, h 11.4mm, 30°

同じベルトを使っているのは、
PEOPLE - PEOPLE S 250 4T LC euro 2、
PEOPLE S 300 ie 4T LC euro 3 (BB60)、
XCITING 250 4T LC euro 2、
XCITING - XCITING R 300 ie 4T LC euro 3

これに対し、FORZA用として記載されている6113189は、

l 952mm, w 22.3mm, h 11mm, 30°

これはちょっと違う。使えなくもなさそうだけど…特性がかなり変わりそうですね

やっぱり、KYMCO純正ベルト又はKYMCO対応ベルトにすることになりそうです…

Xciting(エキサイティング)250ユーザーの方、情報やコメントいただけるとうれしいです。

追記:

■エキサイティング250のVベルトの入手方法

まとめました。

●キムコジャパンのサイトから自分の住んでいる住所に近い特約店を探し、車体番号をもっていって注文

 純正部品の部品番号は、23100-LLJ3-E00

●純正部品を台湾ルートで買う方法

 例、http://goods.ruten.com.tw/item/qa?21109102654472
 通常、代行業者を使う必要あり(独自ルートを持っておくと何かといい)

●マロッシジャパンよりケブラー強化ベルトを入手

 定価9345円(納期1ヶ月 前払い)

●マロッシ本国より入手

 http://www.malossistore.eu/
 部品番号:6113028

なお、ノ-マルより強度のあるケブラ-ベルトが必ずしもノーマルよりも勝っているわけではありません。
ベルトが硬いことで、しならず、ファイナルギアのギア破損の可能性が増します。

■ミラー後付け

ハンドルにつけるミラーホルダーを使ってミラーを後付けする予定です。

純正ミラーの位置は、ちょうど風から手を守ってくれる位置にあるので、すり抜けをしない場合にはいいのですが、すり抜けをする場合には、ちょうどセダン車のミラーと同じ高さになってしまうので、すり抜けに多大な悪影響を及ぼします。

また、購入した際に、元々ミラーが一部破損していましたので、純正部品を買うなり、後付けするなり対処する必要がありました。

完成したら写真をアップします。

<追記:2013/9/4>

ミラーはヤフオクでミラーホルダー2つを送料込みで1060円、ミラーを送料込みで1900円で買って、取り付けしました。

mirrorholderz2mirror

ミラーホルダーは、以下のG1プロダクツから出ていたエキサイティング250専用のものを使いたかったところですが、入手困難なのであきらめました。

xciting-mirror

プラスチック製のハンドルバーカバーについては、穴を開ける加工をした上で残しておく選択肢もありましたが、スマホホルダー(マルチホルダー)やドリンクホルダーを付けたいと思っていたので、取り外すことにしました。

multiholderdrinkholder

 

■点火プラグ交換

点火プラグの端子を見て、標準プラグ(DPR7EA-9)よりも1つ焼け型のDPR6EA-9に変えました。調子よくなりました。

日本では正規販売されていない後継のXciting 250 AFIやXciting 250iではDPR6EA-9が標準プラグになっています。

燃費が23km/l(街乗り)しか出ていないので、向上すればいいのですが…


<追記2013.10.9>

恥ずかしながらこの燃費はタイヤの空気圧が低かったためのようです。出品者はセミプロだったので、てっきり空気圧を入れることくらいしてたと思っていました。その後、25km/lに向上しました。


駆動系を開けてウェイトローラーを純正20gから25gへと増やしました。自然とスピードが上がる感じで、すごく自分好みになりました。まだ高速道路を走っていませんが高速道路も走りやすくなっていると思います。おすすめです。燃費報告は後で・・・

なお、台湾メーカーにありがちですが、プーリーを固定している19mmのナットはかなりきつくしまっていますので、ユニバーサルホルダーとボックスレンチを使う通常の方法だと外れない可能性が高いと思います。外れなかったら中古でもインパクトレンチを入手するしかありません。私の場合は以前にヤフオクで入手した、12Vのバッテリーにつなげるインパクトレンチを使いました。

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR