ポケベル(2タッチ)入力に適した12キー付き折り畳み式スマホLGS01とMUSASHI

スマホ・ケータイでの文字入力

みなさんは、スマホ・ケータイで文字入力をするときに、どの方式を使っているでしょうか?

多くの方は、スマホで一般的な「フリック」、ガラケーの方やフリックに慣れていない人は、「トグル」式を使っているのではないでしょうか?

ポケベル式入力

みなさんは、ガラケー時代、いや、もっと昔からある「ポケベル式入力」について、ご存じでしょうか?(2タッチ式、ニコタッチ式といいわれることもあります)

2touch-table

(wikipediaより。ポケベル式では、1つのかなを2つのボタンで入力します)

「トグル」式よりも最初の取っ付きやすさで劣るものの、習得後は圧倒的な優位性を発揮していました。

「フリック」式で高速入力できる人もいますが、その「フリック」式と比べても優位性があります。

「ポケベル式入力」は「フリック」よりも、なぜいいのか?

●画面をあまり見ないで打てる

「フリック」ではどうしても画面を多く見ることになります。

●「かな」を打つときに(文字入力のために)頭を使わない⇒他のことを考えて打つことが可能

「かな」=「2つのキー」の組み合わせは、「暗記している」のではなく「体が覚えている」という感じ。

これに対して、「フリック」だと「か」はタップ操作、「き、く、け、こ」はフリック操作となってしまい、「かな」どうしのアンバランスが発生します。

スマホで「ベル打ち」するのに最適な機種は?

高速で「ベル打ち」をするためには、端末が高速に付いてきてくれなければなりません。

また、タッチの感度なども重要です。

「ベル打ち」の人は十文字くらいをブラインドタッチで(画面を見ずに)打つということがよくあるので、変換はかしこいほうがいいです。

そこで、私がおすすめする最強のスマホ機種は?

Zenfone 2です!!

zenphone2

これは画面が5インチで大きく、感度もよく、レスポンスがよく、IMEとしてATOKが標準で付いてきます。

画面でタッチする操作なので、ハードキーがある機種と比べると、画面で指がずれていないのを確認したり修正しながら、画面を少し見るような入力になります。

少し前の機種なので、いまだとヤフオクで新品を1.3万円くらいで買えます。

ハードキーがあるスマホでベル打ちするのが最高!?

なんと!!ハードキーがあるスマホ(ガラホとは違い、各種制限がない)というのが世の中には存在します。

J:COMのLGS01と、

FreetelのMUSASHIです。

(参考画像: 全体的に重いMUSASHI)

MUSASHIの2つの短所

(1)MUSASHIは大きく重い!

特に、画面側が重いので、持ちにくい。

(2)MUSASHIのボタンはシート式のため、感触が良くない。

反面、重さゆえ、人気がなく、8000円くらいで販売しているお店もあります。

LGS01の長所

ボタンの感触がすばらしい。

大きさがちょうど良い。

電池の持ちが非常にいい。スマホなのに数日間持つ。

LGS01の短所

(1)J:COMとの契約が必要。J:COMのエリア外の場合は、売ってくれない。その場合、ヤフオクなどで白ROMとして入手する必要がある。

(3)2.3GHzと2.4GHzのLTE電波しか使えないので、docomoやSoftbankの電波を使うMVNO業者の場合、限られた周波数帯の電波しか受信できないので、電波の入りが悪いです。

ハードキー対応のnicoWnnG

現在(昔から)、ハードキーに対応しているポケベル入力をサポートしているIMEは、nicoWnnG(オープンソース)のみ。しかし、このnicoWnnGは、古いOpenWnnをベースにしていて、かな漢字変換がものすごく賢くないです。全文をひらがなで書きたくなるくらいです(笑)。いろいろと考えると、Zenfone 2でATOKのポケベル入力をするのが現実的かもしれません。

Zen Cartをcoreserverで使う方法

zencart2

Zen Cartは、世界的には最も使われている無料のオープンソースのショッピングサイト構築用のソフトウェアです。

日本では、EC-Cubeの方がよく使われています。

eccube

どちらもPHPという言語で記述されています。

coreserverは、個別サポートはしてくれないけれど、安く利用できる玄人向けのレンタルサーバーです。

coreserver

Zen Cartをcoreserverで使うには、PHPまわりで特別な設定が必要となりますので、ご紹介します。

Zen Cartをcoreserverで使う方法

Zen Cartをインストールする方法については、こちらを

coreserverでデータベース設定をする方法については、こちらを。

データベース設定をして、

http://[yourshop.com]/zc_install

にアクセスして、Zen Cartのインストールを始めると、「Zen Cart セットアップ - システム検査」のページで、

PHP session.use_trans_sidがOnになっているから、続行できない(赤字)

という旨のメッセージが表示されます。

また、PHP Output Buffering (gzip)がOffですという警告も表示されます。

解決策

phpファイルが配置されているすべてのディレクトリに、php.iniを配置する方法もあるようですが、 今回は、1つのphp.iniを変更する方法をご紹介します。

public_html/.fast-cgi-bin/php.ini

をFTPでダウンロードして、テキストエディタで開きます。

session.use_trans_sid = 1

session.use_trans_sid = 0

に変えます。また、

output_buffering = Off
zlib.output_compression = Off

output_buffering = On
zlib.output_compression = On

に変えます。

これでアップロードすれば解決すると思います。

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR