日本にいながらアメリカの電話番号を取得して受信も発信もする方法

日本の電話番号を海外で使用

日本の電話番号を海外で使いたければ、FUSION IP-Phone(基本料無料)や050plus(基本料月315円)で050で始まるIP電話の番号を取得できます。

そして、スマホやPCでアプリを入れれば受信も発信もできるようになります。

海外に住んでいる日本人は重宝すると思います。

アメリカの電話番号を持つといいことがある!?

逆に、日本にいながらアメリカの電話番号を取得して受信も発信もする方法はないでしょうか?

もちろん基本料無料で。

これができれば、アメリカにいる友達への国際電話が安くなりますし、アメリカ企業が提供している1-800や1-888番号の通話無料番号にかけることもできます。

英会話の練習にもなるかもしれません。他にも、ここでは書けない「あんないいこと」や「こんないいこと」があります(笑)

そして、アメリカ企業のWebでのオンラインサービスでは、ログインするときに、電話発信して数字を入力しないとログインできなくなっていることがあるのです。

しかし、国際電話が電話番号として登録されていても、料金がかかるおかげか、電話発信してくれず、ログインできなくなります。

例えば、私が口座を持っているBank of Hawaiiのオンラインバンキングでは、ログインにアメリカの電話番号が必要なのです。

私が使っているCallcentric

もしかしたらもっといい業者があるのかもしれないのですが、私が使っているCallcentricをご紹介します。

私は、

Make Calls – Pay Per Call

Receive Calls - Free Phone Number

という組み合わせで使っています。これだと、

●基本料無料

●最初に$5.00(以上)の入金が必要(PayPalやクレジットカードで可能)

で利用可能です。

●050のような「いかにもな番号」ではなく、NY州の町の番号を取得できます。

●Toll Free Numberでも、$0.01/min.くらいかかります。理由は不明(笑) おそらくCallcentricで発信する場合は最低この金額がかかるということなのでしょう。

●アメリカとカナダの人は、緊急番号の911番号(日本の110と119番号の両方に相当します)の費用を負担しないといけないので基本料が有料になりますが、日本にいる人は無料で済みます。

環境構築(PC、Android、iOS、Macなど)

PCでもAndroidでも(iOS、Macも)、Zoiper(無料)がおすすめです。

なぜかというと、設定が楽だし、私がきちんと使えているから(笑)。

Android用のZoiperアプリでは、Callcentric用の設定が含まれています。

PC用のZoiperには、Download – Windows – Community Freeとして入り、Need a provider?のところで(下の画像)、Callcentric用の設定がデフォルトとなっているZoiperをダウンロード可能です。

voiper-callcentric

アプリを起動後にPreferenceのところなどで設定します。

ただし、Callcentric Numberと自分の電話番号は、(似ていますが)別ですのでご注意を。アプリでは自分の電話番号は入力せず、UsernameとしてCallcentric Numberを入力します。

Callcentric Numberは、My accountのページの画面左側のCallcentric #で確認することができます。

一方、自分の電話番号は、My accountのページの画面中央のProducts – DID Free Phone Numberで確認することができます。

遅延・音質は?

FUSION IP-Phoneはもちろん、050plusよりもいいような気がします。

ただし、MVNO SIMを使った遅い接続では遅延などが発生するとは思います。

情報求む

うまくいったとかコメントで教えていただけると助かります。

また、他の業者の情報もお願いします。

私は、4つくらい試した中ではCallcentricが一番良かったです。

Voiperで設定が用意されている上のUniVoip1-VOIPIPCommsVoifoneが良さそうかなと思い、見てみましたが、基本料が高くて、Callcentricの方が良さそうです。他に、OnSIPなどを試しました。

2013年のボストンマラソンでの爆破テロ事件を描いた映画「パトリオット・デイ」とボストン市

最近、テロ事件が頻発

最近、ヨーロッパなどでテロ事件が頻発しています。

ラマダンの月だということが影響しているようです。

そんな中、2013年のボストンマラソンでの爆破テロ事件を描いた映画「パトリオット・デイ」を見てきました。

patriotsday

Boston市と隣接市の大きな違い

元ボストン市民の私としては、すごく興味がある映画でした。

主演は、警官役のマーク・ウォールバーグです。この人は「本当の」ボストン出身の人です。

なぜ「本当の」と書いたのかというと、よくアメリカ人で「I’m from Boston」という人はいるのですが、よく聞いてみるとBoston周辺に住んでいたという人が多いのです。ボーンシリーズで有名なマット・デイモンは、隣のケンブリッジ市出身です。

ちなみに、現在、偶然にも、マット・デイモンがプロデュースでケイシー・アフレック(ベン・アフレックの弟)が主演の「マンチェスター・バイ・ザ・シー」もやっています。

あらすじは、

ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

とのことです。

Boston市と隣接市の大きな差

なぜ私がBoston市と隣接市でこだわるのかというと、Boston市には貧困層が住んでいる地域が多く、busingでバス通学させて分散させるので、Boston市の公立学校はどこも貧困層の人が多く、そんな状況なので、中級階級以上のアメリカ人は、Boston市に住まずに隣接市に住むのです。するとますますBoston市の公立学校は貧困層のたまり場となるのです。

アメリカの都市は、多かれ少なかれこのようなことになっていることが多いです。

Boston市の公立学校

もちろん私はBoston市の公立学校へ行っていました。

(参考画像:ボストン市立小学校。こんな感じの学校です)

(参考画像:実際の現在のボストン市立小学校の画像です)

Boston市の公立学校の人種構成は、写真のような感じです。

ある日、クラスの中で、白人とマイノリティーの比がどのくらいか数えてみました。

すると、ほとんどがマイノリティーでした。

マイノリティーでなくてメジョリティーじゃん!!(笑)。

これが普通のアメリカの公立学校だと思っていた私ですが、ある日、隣接市の公立学校に訪問する機会がありました。そして、マイノリティーの少なさに唖然としました。

なんだ!この差は!!
アメリカというのはいろいろな人種が一緒に学校で学ぶところと思っていた自分は何なんだ!!
と感じたことを一生忘れません。

そして、JFKも通っていたという私立学校の行事に参加する機会がありました。

そしたら、なんと、白人比率96%くらいで、黒人は1人しかいませんでした。唖然としました。

New Kids on the Block

マーク・ウォールバーグも、やはり、貧しい家庭で、9人兄弟の末っ子として生まれました。

元々、兄のドニー・ウォルバーグがNew Kids on the Block (後にNKOTB)というアイドルグループで歌手だったので、マーク・ウォールバーグはその関係で歌手から入り、今は俳優業に専念しているようです。

(ドニー・ウォルバーグ)

New Kids on the Blockは、Bostonの貧困層の白人を黒人のMaurice Starrが集めてできたグループです。

最近、再結成して営業を行っているようです。

ボストンマラソン

前置きが長いですが、まだ続きます(笑)。

ボストンマラソンというのは、ボストン市民にとっては1年に1回のお祭りのような愛されている行事です。

知り合いが走っていることも多く、誰でも善意で応援に行ったことがあるような催し物なのです。

そんなボストンマラソンで爆破をしたのが、本事件の犯人でして、それだけでもボストン市民にとってはとんでもないことなのです。

映画「パトリオット・デイ」

映画の中には、爆破で足が吹き飛ぶところなど、テレビでは出てこないようなシーンが描かれていて、見れば誰でも犯人を憎むような演出がされています。

アメリカの映画館では上映中に涙するような人も多いと思います。

(これ以上はネタバレになるので控えておきます…笑)

どのような人におすすめ?

爆破テロとはどういうものなのか知りたい人

アメリカ人のテロに対する思考回路を知りたい人

アメリカ人に感情移入して涙したい人

ボストンが好きな人

かな?

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR