KYMCO エキサイティング250のまとめ

Kymco Xciting 250(エキサイティング250)という台湾製スクーターに乗っています。

このスクーターは、日本メーカー製のものと比べて、車高が高く、ツアラー的、スポーツ的な走行ができるおもしろいスクーターです(下記のようにサスを交換した場合)。

良く言うと、T-MAXを意識した設計のXciting 500とエンジン以外のほとんどの部分を共有している、以前のKYMCOのフラグシップモデルです。

※逆に言うと、足つき性が悪いので、近場に行く際に乗りにくいという印象を持つ人もいるようです。ちなみに、エキサイティング250は中古市場やヤフオクではかなり安く手に入れることができます。このために、盗難に遭いにくいという利点(!?)があります。


この投稿では、このエキサイティング250の情報をまとめてみたいと思います。(徐々に)

        定期整備箇所

      • エンジンオイル

      マジェスティ125、RV125などの台湾スクーターと同様にオイルフィルターがないので、早めの交換が必要です。300、1000、3000、5000、...以降2000kmごと、に交換することになっています。

      エンジンの底のドレーンボルト(下を向いている)の他に、エンジンの左側にも横に向いているボルトがありますので、まずはこちらから出して、最後に下から出した方が楽です。あるいは、(交換サイクルが早いので)横からだけでも十分です。ギア付きバイクと比べて湿式クラッチがないので、車用の安いオイルでもOKです。オイルの質よりも交換頻度が重要になります(実際に交換してみるとわかります)。

      • ギアオイル

      300、3000、7000、...以降4000kmごと、に交換することになっています。

      ギアオイルを入れる際は、細いホースや注入器のようなものが必要です。

       

    • エアフィルター

    3000、7000、11000kmに交換することになっています。グランドディンクと共通部品なので、純正以外でも安い同等品が日本でも購入可能です(下記リンク)。

    • ドライブベルト(Vベルト)・ウェイトローラー・スライドピース

    ドライブベルトは、古くなると切れやすくなり、また、ロー気味になるので最高速が落ちます。2万キロごとくらいに交換する部品です。

    (切れてから、あるいは切れる兆候が出てから交換する選択肢もありますが、後輪がロックしたりエンジン(のクランクシャフト)を壊すリスクが少しありますので、早めに交換しましょう)ただ、KYMCOやSYMではプーリーを押さえるナットがかなり固く締まっていることが多く、ホルダーでは外せずインパクトが必要なことがあります。

    純正Vベルトは、Kymco取扱店で注文ができます。

    純正Vベルト以外は、マロッシの強化ベルトのみです。

    ●マロッシジャパンより入手
     定価9345円(納期1ヶ月 前払い)
    ●マロッシ本国より入手
     http://www.malossistore.eu/
     部品番号:6113028

    (100Euro以上は日本でも送料無料なので、マロッシジャパンから入手するよりも安い 私の場合は2つ買って1つはヤフオクで売りました 到着は4日くらいでした)
    ●ヤフオクで探す
    マロッシから2つ買った人が出品しているかもしれません。

    ウェイトローラー・スライドピースも適宜交換する必要があります。

    • バッテリー

    Xciting 250は本来、常時点灯仕様ではなく開発されたスクーターですので、バッテリーが弱くなりやすいようです。弱くなってバッテリーのインジケーターが点灯したら充電器を入手して充電しましょう。それでも回復しなくなったら交換です。

    YTX12-BS(Yの部分は互換品の場合他の文字)が装着されていると思いますが、バッテリーの下のスポンジを引っ張って取ると、YTX14-BSも入るようになります。

    実際にパーツリストでは、YTX14-BSになっています(コストを抑えたか!?)。値段があまり変わらなければ、?TX14-BSを買った方がいいと思います。

    • バルブクリアランス(タペットクリアランス)の調整

    SYMのRV125シリーズのように狂いやすいというわけではないようです。オーナーマニュアルでは、300、3000、7000、11000kmごとに調整することになっています。INもEXも0.1mmに合わせます。調整するためには、シリンダーヘッドの鉄製カバーを外す必要があります。これは、シート下のトランクボックスを取り外せば、プラスチックカバーを外さずに外すことができます。ただし、適切な長さの10mmメガネレンチが必要です。

    タペットクリアランスの調整には、9mmのメガネレンチ(厚みが薄目のものが好ましい)が必要です。私の場合、4万キロ時点で、IN 0.10mm、EX 0.13mmでしたので、EXを0.10mmに合わせたら、始動性が改善し、低速トルクも増え、エンジン性能がかなり改善しました。2万キロ以上調整していない人にはおすすめです。



      故障対応


    • セルモーター(スターターモーター)

    こちらを参照。


    • スタータークラッチ(ワンウェイクラッチ)

    こちらこちらを参照。


    • ACジェネレーター(ステーターコイル)

    こちらを参照。


      おすすめカスタム

  • サスペンション交換

純正サスペンションは、台湾での3~4人乗りにも耐えるべく固いサスペンションになっています。

ホンダフォルツァMF06、MF08の純正サスペンションを流用できます。ヤフオクで1500円+送料というような激安で中古を購入できます。なぜかというと、フォルツァユーザーはローダウンのカスタムをする人が多いからです。

かなり乗り味が良くなります。比較的簡単に交換できますので、費用対効果を考えると、かなりおすすめです。

  • ミラー移設

普通の位置に変えることができます。すり抜けが楽になります。

私の場合、ヤフオクでミラーホルダー2つを送料込みで1060円、ミラーを送料込みで1900円で買って、取り付けしました。ミラーは長めのものが必要です。

ただし、状況に応じて、ディスクグラインダーなどの工具を使って、ハンドルバーに付着する溶接の隆起を削ったり、穴開けドリルでネジを貫通させてホルダーがすべって回るのを止めたりする加工が必要な場合があります。私の場合、左側だけはこのような加工が必要でした。また、私の場合、プラスチック製のハンドルカバーは撤去しました。これを残しながらきれいに取り付けられている方も多いようですが、私は特に問題が発生していません。

  • ウェイトローラー最適化

スクーターは、ドライブプーリー(エンジンのクランクシャフトにつながった滑車状の部品)裏のウェイトローラーが、エンジンの回転数の上昇に伴って遠心力で外側に動こうとするのを利用して伝達比率(ギア比)を変えています。

ウェイトローラーの重さを重くすることによって、シフトアップを早めてエンジン回転数を減らすことができます。

逆に軽くすることによって加速性能を上げることができます。

純正では20gのウェイトローラーを使っていますが、私はこれを25gに変えました。自然とシフトアップする感じになり、かなり乗りやすくなりました。

 

  • プーリーセット交換

スクーターのカスタムといえば、駆動系をいじる場合が多いです。

マロッシからプーリーセット(マルチバリエーター2000)が販売されています(他はないのです)。

こちらのサイトが参考になります。

私は導入していません。

(値段が高く作業量も多いので、おすすめというわけではありません)

  • HID導入(ヘッドライトを明るく)

H4対応のキットを使います。私の場合、25Wのリレーレスタイプを3500円くらいで購入して、「差し替え」だけの簡易的な取り付けました。十分に明るくなりました。ただし、リレーレスだと、点灯が不安定になったり電線への負担が大きくなるリスクがあるようなので35W以上は難しいと考えた方が良さそうです。

 

  • シート開閉センサー無効化

シート開閉センサーが有効なままだと、シートがきちんと締まっていない場合、トランクのライトが付いたり、インジケーターのライトが付くので、バッテリーの放電対策という点で気になります。

シート下のボックスを外して、後ろ側の右側のロック部分につながっている線をニッパーで切ると、シート開閉センサーが無効になります(いつも閉じた状態と扱われます)。これでわざわざシートが締まったかどうかをあまり確認しないでもよくなります。

 

 


参考サイト(他力本願…)

日本代理店のEKA社が運営するサイトです。エキサイティング250の情報はProduct Lineupからは削除されています。取扱店の一覧があります。Downtown 200i、GD250Zなどのページがあります。

日本では販売されていませんが、FI化されている最新版です。

ミラーが通常位置にあります。

車体はあまり変わっていないように思います。

外国から個人輸入はどうでしょうか?(書いてみただけです)ただ、$5,249はけっこう高い値段ですね。

実際のオーナーの評価やカスタム内容を見ることができます。

疑問があったときやトラブルの際は、バイクに詳しい常連さん(バイク屋レベルな人も多い)やエキサイティング250オーナーが親切に教えてくれます。現状、エキサイティング250の情報交換ができる最も活発な掲示板です。

GIVI製キャリア、BEAMS製マフラーが販売されています。

貴重なカスタム例がたくさん掲載されています。ただし、ミラーホルダーのようなパーツは今では入手困難です。

マロッシプーリーセットの導入結果、リアミラー移設、HID導入などが報告されています。

TMAXを意識したインプレッションです。

「まず跨ってハンドルを握ったところからすでにTMAX。エンジンを掛けて走り出してもやっぱりTMAXです。ですからTMAX大好き人間としては悪い印象はなにも出てきません。スポーツスクーターとしての素質充分。」とのこと

T-MAXに乗りたいのに、免許の問題や価格の問題であきらめている方は、Xciting 250を検討してみてはいかがでしょうか?

沖縄の場合、台湾から直接輸入なのでしょうか!?

 

(適宜追記予定)


番外編

現在、なんと25年前に買ったアライのロード用ヘルメットを使っているのですが、最近、このエキサイティング250で使うために、オフロードヘルメットの購入を検討中です。オフロードヘルメットは日除けがあるのがいいですね。ちなみに、最初からシート下に収納することはあきらめています。...どれにしようかな~

関連記事

コメント

Secret

教えて下さい。

以前の記事を見させていただいたのですが、千葉の激安のバイクショップを教えていただけませんか?
PSX125の購入を考えています。
よろしくお願いします。

バイク屋

PCX125は最新技術を使っていて燃費良くていいスクーターですね。シートは改善の余地がありますが・・・シートを変えたくなったら、買うのではなく、上に盛ることをおすすめします。http://hp.vector.co.jp/authors/VA010310/gutara/kaizo.htm#KAIZO3
に、元の表皮に手を加えないで盛る方法が書いてあります。
ところで、すいません。私がフォーサイトを安く買った千葉のバイクショップの名前は忘れました。たしか、蘇我の近くでした。
当時、私は
http://www.goobike.com/
の雑誌版でフォーサイトの販売価格の一覧を見て、最も安くなっていたお店が上記店でした。
上記サイトで安いお店を調べてみてはいかがでしょうか?新車でも値段がかなり違うものです。PCXの場合、タイ仕様もあるので、色、加速セッティング、保証などの関係でどちらがいいか決めておくといいと思います。
カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR