電気自動車の開発競争は終焉するのか!?

パラダイムシフトは起きるのでしょうか?

(パラダイムシフト:その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること --- wikipedia)

メーカーなどにいる企画系の人は、よく市場調査会社の冊子(5~100万円)を購入して、会社の上層部への説明などの際に使います。

日本の市場調査会社として有名な会社には、富士経済、矢野経済研究所などがあります。

市場調査会社の人は、直接いろいろな会社の人に会って、市場予測をするので、けっこう正確です。

冊子はこんな感じのものです。


最近、その市場調査会社の人(自動車担当)と会って、いろいろと話しました。

本題は別なのですが、自動車市場全体の予想の話になりました。

その人(専門家)の予測だと、電気自動車ブームは数年で終焉するそうです。

理由はいくつかあって話を聞きましたが、私は納得できなかったので、長い時間その件で話し合いました。


ところで、最近、トヨタ、Hondaのハイブリッド自動車がたくさん売れていますが、電気自動車が各社からいくつか出ています。

三菱自動車のi mievが既に発売中。SUBARUも同じ日に軽自動車ベースの電気自動車を出しています。

日産自動車がこれから出すLeafは、普通自動車サイズです。

GMが出すVOLTは、発電用エンジンを備えていて、バッテリーがなくなっても大丈夫です。

二輪車でも、ヤマハ、ホンダから、業務用を意識した電気スクーターが出ています。


今まで私は、以下の業界での劇的な変化を当事者としてみてきました。

●電話業界(固定電話・回線交換機から携帯電話・IPスイッチ)

●カメラ業界(銀塩カメラからデジタルカメラ)

●コピー機(アナログコピー機からデジタルの多機能プリンターへ)

どの業界でも、初期においては、新技術の欠点を取り上げ、劇的に変化するというようには思っていなかったんです。

しかし、市場のニーズが開発を推し進め、結局、どの業界でもガラリと変わりました。

自動車業界も、10年後には電気自動車が劇的に増えるように、ガラリと変わるのではないでしょうか。

<皆さんはどう思いますか?コメントを残してくれるとうれしいです。>

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR