PCX、GN125H、マジェ125と悩んだ末のSYM RV125JPの購入

今まで足スクーターとしてマジェスティー125に乗ってきましたが、以前の投稿で書いたように、白煙対策として、オイル下がり対策(バルブステムシール交換)をしたのですが、そもそもオイル上がりであったようです(シリンダーのゆがみ!?)。

(始動時は白煙が出ないのにエンジンが暖まった後のアイドリング時に白煙が出始めるため)

そこで、マジェスティー125は、ゆっくりと直すことにして(シリンダー取り替え)、別の125ccのバイクを新たに購入しようと決めました。

購入時に迷ったバイクは以下の通りです。

●Honda PCX125

(タイ仕様を安く売っているお店でタイ仕様)

これの新車を買おうとほとんど決めていました。

何しろエンジンの信頼性、アイドリングストップ、燃費は魅力的です。

しかし、...実際にまたがってみたら、ライディングフォーム、シート、足を置く場所の内側が出っ張っているところが気に入りませんでした。したがって、却下。

ちなみに、タイ仕様と日本仕様は、どちらともタイで作られていますが、
●保証内容(日本仕様は全国で2年、タイ仕様は購入店の3ヶ月~1年の保証)、
●シートの色(日本仕様は黒でタイ仕様は茶色)、
●ボディーカラー(赤は日本仕様のみ、銀、金色はタイ仕様のみ)、
●駆動系のトルクカム(日本仕様は加速が抑えられている)(タイ仕様はフルパワー)
が違うようです。

他に、エンジン内部(バルブカム)、マフラー、検品基準も違うという説もあります。
ウェイトローラーもだったかな。

PCX日本仕様の品薄状態が続いていて待ちが長いのでタイ仕様にする人もいるようです。

●SUZUKI GN125H

(中国の大長江汽車というメーカーが旧モデルになった日本設計のアメリカンタイプのバイクをライセンス生産しているもの)

これは新車なのに激安です。乗りだし14万円くらいです。

PCXを見に行ったお店に置いてあって、またがってみたら、思わず気に入ってしまいました。

新車なので各部のパーツがピカピカです。スクーターよりもメンテしやすそうです。

中国のメーカーのバイクの割には品質が良く、万一トラブルがあっても、中華補修パーツはあるし、日本製のSUZUKI GN125の部品をほとんど使えます。

しかし、...グランドマジェスティーのウィンドシールドが付かない!(付けると変)

冬でも乗っている私としては、スクーターの楽ちんさに慣れてしまったので、今回は却下。

これで新車を買う気がなくなりました。

新車を買うと盗まれる心配をしなければならないし(気軽に駐車できないんです)…。

ちなみにPCXタイ仕様とGN125Hの最安値は、バイクショップロミオさんだと思います。

●マジェスティー125 FI

(性懲りもなく)

Honda PCXにまたがってみると、マジェスティー125のライディングフォームがすごくいいことを痛感しました。

次もマジェスティー125にすれば、既に購入してある替えパーツや特殊工具を有効活用できるというメリットもあります。

今回はマジェスティー125 FIという新しめのインジェクション仕様を(ヤフオクではなく)ショップから中古で購入しようと思っていました。

しかし、...設計が古いのにもかかわらずスタイルとヤマハブランドのおかげか中古相場が高いし、しかも同じ種類のスクーターに続けて乗るのはあまりにも面白くなさすぎる…

●SYM RV125JP, RV125EFI, RV125i

そこで、性懲りもなくヤフオクを見ていると、SYM RV125JPの落札相場が異様に低い。

理由は単純です。

(1)台湾メーカーのブランドだから

(2)デザインが地味(座席の高さが高い)

しかし、エンジンの完成度が高く信頼性があり、リアもディスクブレーキで、足の置き場が広いという利点があります。

なので、ヤフオクでいい商品が出るのを狙っていました。

(本当はRV125EFIやRV125iも狙っていましたが、ほとんど出品なし)

そこで、なんと、走行距離が18000kmしかないRV125JPが、信頼できそうなショップから出ているではありませんか…。

SYM RV125JP

なんと、前回の程度が最悪なマジェスティー125よりも安い6万5千円でRV125JP(ただし、シールドが欠品)をゲットできました~!!

というわけで、現在はRV125JPに乗っています。(コマジェくんはお休み)

シールド(スクリーン)が外されていて無かったのですが、マジェスティー125に付けていたグランドマジェスティーのシールドを付けて快適です。

RV125JPの純正よりも10cmくらい上までシールドがあってシールド力UPしています。

いや~最高です。こんなにいいとは思いませんでした。

台湾メーカーがこんないいビッグスクーター出すから、どんどん日本の製造業は衰退していきそう…

収納、フラットな足場、フォーサイト250と同じような調子で走れる静かで伸びる信頼性がありそうなエンジン、リアのディスクブレーキ、冬でも一発始動、ネットで英文サービスマニュアル入手可能…。

マイナスな点は、燃費ですが、パワーがスゴイのでこれは仕方ないでしょう。フォーサイト250よりはいいと思います。

あと、ヘッドライトが常時点灯式な点。

とりあえず、アイドリング回転数はかなり下げ(900rpmくらい)、バッテリー上がりが怖いのでヘッドライトは対策しました…

RV125JPはキャブレータ式で旧式ですが、その後、RV125EFIでインジェクション化して、最近RV125iでフルモデルチェンジしています(少し大型化しました)。

家の近くにSYM取扱店がある方はおすすめです。こちらから「ディーラーリスト」で調べることができます。

マジェスティー125と比べると、中古で買う場合、同じ走行距離数でも程度はいいと思いますし(いじっている可能性が低い点などで)、値段が安いと思います。

マジェスティー125に乗っている乗り換えを考えている人で、PCXのライディングフォームが気に入らない人は無理にPCXにせず、新型のRV125iを新車で買ったりRV125JPを中古で買うことを検討してみてはいかがでしょうか。

追記:下のコメントで書いたように、SYMのバイクは、半数くらいの個体が、バルブクリアランスが狂い、始動性が悪くなるそうです。これの対処はバルブクリアランスを調整するしかありません。

(参考:調整時の画像):

1気筒に4バルブあるため、吸気側(In)、排気側(Ex)それぞれ2つバルブがあります。確か、シックネスゲージ、12mmのレンチ、8mmのメガネレンチ、そして、プライヤー又はラジオペンチ が必要です。

Joyride Service Manualより:

これは、0.12mmを目標に合わせ、0.10mm~0.14mmの範囲内であれば正常であるという意味です。(RV180JPも共通)


RV125でのバルブクリアランス調整(タペット調整)を写真付きで開設しているサイトがありますのでリンクを貼ります。

1-2

私のRV125JPは調子がいいためバルブクリアランス調整をやっていないのですが、私がやるとしたら、排気側の調整は下側にあっていじりにくいので、(ガソリンを少なくした状態で)本体を寝かせてやります。

始動性については、スパークプラグを交換するだけで改善する場合もあるそうです。

また、当たり前ですが、エアクリーナーのフィルターを長い間交換していなければ交換した方がいいと思います。バイク屋さんに頼んだのであればやってくれるとは思いますが…

ところで、私はバルブクリアランス調整は、8mmのメガネレンチとプライヤーでやっていましたが、プライヤーの代わりにタペットアジャストレンチという専用工具があってこれを使うと楽ですね。送料を含めて1000円で買えるのならこれを買ってやった方がいいと思います。








8mmのメガネレンチは、上のタペット調整レンチを買えば必要ないみたいですね。

バイクいじりにはお得な工具セットがあると、ボックスレンチ、ラジオペンチも入っていて何かと重宝すると思いますが、インチサイズのソケットが入っているものは避けた方がいいでしょう。使いませんので…











追記:2011/6/24

エンジンが冷えている時にのみ始動性が悪く、暖まってきてからは調子がいいのであれば、チョークが効いていない可能性が高いです。

特に、チョークが効いていないバイクのエアクリーナーを交換した場合、なおさら始動性が悪くなることがあります。

多くのキャブ式スクーター・バイクでは、オートチョーク機構が針をキャブに押し付けることで始動後数分間チョークを効かせる機構があります。

RV125JPの英語マニュアルでは、Auto by-starterと呼んでいます。マジェスティ125の英語マニュアルでは、Auto choke unitと呼んでいます。

このオートチョーク機構の検査は以下のように行います。

●10分間以上エンジンを停止

●2つの端子の間の抵抗値を測定(正常は10Ω以下)

●オートチョーク機構をバッテリーにつないだ後すぐには空気が通路を流れず、5分後には流れることを確認(異常であれば交換)

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR