ISへのロシアの参戦で、米がやっていたことが白日のもとにさらされて、カナダ軍が撤退か!?

ロシアといえば、クリミア半島の併合で世界中から非難を受け、経済制裁をされ、原油・ルーブルを暴落させられています。


(参考画像:クリミア半島でのロシア義勇兵たち)

そこで、ロシアが考えたのは、ISへの空爆開始。

「ISへの空爆開始」なんて、今までアメリカの人工衛星からの情報を元に、連合国がたくさんやってきたでしょ。何をいまさら。。。



(それにしてもアメリカの人工衛星からの情報を元に正確な空爆を行っているのに、なんでISは弱体化しないのでしょう?という疑問は誰しも抱いていました)

ところが…


(参考画像:感謝するシリア人)

米露の「火薬庫」シリアで、両国が代理戦争に突入する可能性について

http://www.mag2.com/p/news/120200



なぜ米軍の6万回にも上る攻撃に耐えたISが、ロシア軍の半月ほどの攻撃に壊滅状態になったのか―。この疑問に明解に答えてくれるのが『田中宇の国際ニュース解説』。米国はむしろISを支援しているのだそうです。
深刻化するシリア情勢

ロシア軍機による「イスラム国」を中心としたイスラム原理主義勢力の空爆が大きな成果をあげている。10月13日の24時間だけでもイラク北部のイスラム原理主義勢力の支配地域に88回の爆撃を行い、「イスラム国」の軍事拠点86カ所を破壊した。すでに「イスラム国」は多くの軍事車両や地上兵器を失い、半ば壊滅状態にあると見られている。

そのため、「イスラム国」の戦闘員の多くは、ヨーロッパのほか、周辺諸国に逃避し、これらの国々が新たなテロの脅威にさらされる可能性も出てきた。3,000名の「イスラム国」の戦士がヨルダンへと避難したことは広く報道された。



アメリカの真の目的は「イスラム国」の壊滅にあるのではなく、アサド政権を崩壊させることであり、そのために「イスラム国」を支援しているのではないかという強い疑念を現した。


ロシアが空爆してみたら、わずか半月でISは壊滅状態…

さすがは、ロシア軍…



きっと、コサックダンスをする爆弾のようなとんでもない兵器を開発したのでしょう…(これは冗談)


(参考画像:感謝するシリア人)

上の記事では

「米国はむしろISを支援」



なぜか? そんなことは、以前からわかっていました。

「アメリカの真の目的は「イスラム国」の壊滅にあるのではなく、アサド政権を崩壊させること」

と書いてありますが、それだけではありません。

あの地域で混乱を起こし、イスラム・アラブの弱体化を狙っているのでしょう。

これが、9.11のリベンジなのです!



まぁ、9.11もあやしいわけですが。

カナダ次期首相、ISとの戦いから戦闘機引き上げ方針
http://www.bbc.com/japanese/34589808

カナダ総選挙で勝利したばかりのジャスティン・トルドー次期首相は20日、イラクとシリアで過激派勢力「イスラム国」(IS)に対して展開している空爆作戦からカナダの戦闘機を引き上げるとあらためて表明した。勝利確定から間もなくバラク・オバマ米大統領に連絡したと、オタワで報道陣に明らかにした。


プーチンのおかげで、アメリカとイスラエルがやっていたことが白日のもとにさらされて、カナダ軍がバカらしくなって撤退という推測ができますね。

関心をそらすために東シナ海で何かあるかも!?

オバマ大統領は事態を把握しているのかな?
関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR