米国国務省元次官の「ウェンディ・シャーマン」と副長官「トニー・ブリンケン」との会話「(韓国人は)本当に疲れる人々です」※オチがあります

こちらで面白い記事が掲載されていたので紹介します。

<ウェンディ・シャーマン>と<トニー・ブリンケン>の会話

wendy-sherman

ウェンディ・シャーマン(女性) - 米国務省元次官(現在はハーバード大研究員)

関連記事:シャーマン米国務次官、日本の反省は促さず韓中に無条件協力を要求 2015.3.1

※彼女の発言のすぐ後にリッパート駐韓大使襲撃事件が発生しました。


tony-blinken

トニー・ブリンケン - 米国国務省副長官
関連記事:慰安婦合意:在米韓国系市民団体、米国務副長官の罷免を要求 2016/1/28


会話日時:2016.2.5

シャーマン(国務省元次官)
「ブリンケン副長官!昨年10月以来、おひさしぶりですね。国務省の仕事は最近いかがですか?」

ブリンケン(国務副長官)
「シャーマンさんが去った10月以降、さらに忙しくなりました」

シャーマン
「昨年末、韓国と日本の間で長いあいだ熱くなっていた大きな件が一つ解決しましたし、今は少しは余裕があるのではないですか」

ブリンケン
「話になりません。あれで両国間の慰安婦問題が一段落したと思いましたが、そうではありませんでした。一方はそれなりに合意に従う雰囲気ですが、もう一方の国民は不満でいっぱいで、今大騒ぎです」

シャーマン
「片方の国民というのがどちらの国のことなのか、言わなくても分かります」

ブリンケン
「とにかくしつこい。こないだ私が『両国とも、合意に忠実に従わなければならない』という原則的な発言を一度したのですが、韓国人が、この言葉が気に入らないとして、国務省LA支部にまで集まってデモをして大騷ぎをしました。今は完全に私をターゲットにして辞任要求運動までしています。私の辞任を要求する嘆願書を、もうすぐオバマ大統領に送る計画だと伝え聞きました」

シャーマン
「話になりませんね。私は昨年2月、あまりにも韓国と日本がお互いに感情的に戦っているので、セミナーの席で、『民族感情は悪用されることがある。政治指導者が、過去の敵を非難することで安価な拍手を得るのは難しいことではない』という趣旨の発言をしましたが、それ以来、韓国のマスコミや韓国の政治家、一般の韓国人たち、米国内の韓国人たち、すべてが立ち​​上がって大騷ぎでした。『シャーマンが妄言を言った』と激しく攻撃してくるんです。韓国人は、自分たちの意にそぐわないと『妄言判定』を下すので、副長官も今後注意を払う必要があります」

ブリンケン
「それですが、韓国人たちは、すでに私を名指しで『戦争犯罪の共犯者』という非難を浴びせているのです」

シャーマン
「本当に疲れる人々です」

ブリンケン
「知れば知るほど、性格が荒くて、人を非難して悪口を言うことを特に好む人々だと思います」

シャーマン
「できれば相手にしたくない人々ですね」

ブリンケン
「シャーマンさんは今は公職を離れたので、韓国人を相手にする必要がないですが、私は公務上継続してかれらに対処する必要がありますので、本当に苦しい心情です」

シャーマン
「頑張って下さいね。世の中には良い人もたくさんいます」

ブリンケン
「そうですね。世の中には良い人も多くいることを心の慰めにして、耐えなければならないようです。良い言葉を色々とありがとうございます。次またお目にかかるのを楽しみにしてます。それではこれで」

※上記の会話は、仮想。

バンダービルド

引用ソース
https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?idx=&id=133133&table=TNTRCGJ&sub_table=TNTR01CGJ&cPage=1


なかなかおもしろい仮想会話ですね。

最後の「上記の会話は、仮想」を読むまでは、「こんな会話がオープンになることがあるのか…」と思って「?」でした。

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR