プロの文字入力者(テープ起こし)は300文字/分でフットスイッチも駆使?

テープ起こし(テープリライト、音声ファイル起こし、トランスクライビング)については、こちらの投稿にて、その仕事と音声まわりの支援ソフトについて、紹介しました。

今回、おもしろい記事があったので、ご紹介します。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12294932.html

■大和速記情報センター 速記部主任(43歳)

(略)

「納品までの早さ」を売りにする創業62年の業界の老舗には、会議や座談会、会見など様々な文字起こしの注文が舞いこむ。1分1秒を争う作業の極意はキーボードから手を離さないことだ。ペダルを踏むと音声を聞き直せる独自の装置を駆使し、ひたすらキーをたたく。1分間に起こす文字数は社員平均より2割ほど多い300字超。集中すると2時間の会議の音声を4時間ほどで起こす。業界では「3倍の時間で起こせたら一人前」(同社)で、普通は6時間以上かかるところだ。手がける議事録は年約500本にのぼる。

(略)

◇凄腕のひみつ

■親指キーでかな入力

文字入力で愛用するのが「親指シフト」のキーボード。中央下の親指キーを使うと手を大きく動かさずにかな入力が可能だ。キーを打つ回数もローマ字入力より減り、入力速度が増す。

(略)

oyayubi-shift-keyboard

(この記事より-値段が高いだけに耐用性がいいようです)

テレビの字幕入力者は、複数キーの同時操作をするステノワードを使うことが多いようです。

(高速入力キーボード「ステノワード」)

これは、まともに文字を打てるまでにキーの組み合わせなど覚えなければならないことが多くて、素人が使えるものではありません。しかも、キーボードは市販されていません。

しかし、この記事の方は、親指シフトキーボードのようです。親指シフトは、昔に富士通が開発した技術で、今ではオープンな規格となっています。文字キーの単独押下の他、左親指キーまたは右親指キーとの同時押下で、日本語のかなをアルファベットと同様に3段で打つことができます。同時押下といっても少しのずれは許容され、小指で事前に押さなければならないシフトキーとは違って直感的に同時に打つことができます。

この記事の方は、文字入力のベテランです。タイピングゲームなどでも200文字/分を達成できる人は少ないのに、300文字/分(5文字/秒)というのはすごいと思います。

携帯型親指シフトキーボードFKB7628

私も親指シフトを使っていますが、速さというよりも(速さももちろん速いのですが)、

●頭でローマ字変換しなくていいので頭が疲れない

●打鍵数が減るので指が疲れない(手も)

という点が大きいように感じています。

親指シフトについては、日本語入力するのに、ローマ字変換なんかやめて、親指シフトで! が詳しいです。

ちなみに新たに覚えようとしても50音のかなのキー+半濁音(ぱぴぷぺぽ)の55のキーを覚えなければならないのでそれなりの覚悟はいると思います。入力マニアにはおもしろいかもしれません(笑)

この記事の写真を見ると(音声操作用に)フットスイッチも駆使しているようですね。

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR