Windows 8.1/10がインストールされているGPTディスクのPCに、Windows 7を追加で入れてWindows 10にアップグレード

なんか、長いタイトルですね。

multiple-boot

複数のWindows

パソコンでプログラミングなどをする人は、同じパソコンで複数のWindowsを入れたいという需要があると思います。Windows環境を壊すことがあるためと、様々な環境でテストする必要があるからです。

しかし、Windows 10を追加でインストールしたくても、有効なライセンスが必要になります。

そこで、Windows 7の有効なプロダクトキーを持っている人であれば、Windows 7を追加でインストールできれば、その後で、Windows 10に無償アップグレードできるわけです。

可能でしたが…

こんなことを考えるのは私くらいでしょうか?

いや、世の中には私と同じようなことを考えている人はきっといるでしょう。

そこで、やりました!

結論から言えば可能でした(不可能ではなかったという意味です)。

しかし、いろいろと手順が複雑で、経験と根気がないとハードディスク全体を消しかねないので、おすすめしません。既存のWindowsのパーティションごとバックアップして、HDD全体を消してdiskpartでMBRディスクに変えてOSを復旧したりインストールしたりする方法の方がいいような気がします。

いちおう、私がやったことを残しておきます。

なぜ難しいのか

なぜ難しいのかというと、

●Windows 7は、MBRディスクで動き、GPTディスクでは動かない。したがって、GPTディスクからMBRディスクへと変換をする必要がある。

●データ損失を伴わないGPTディスクからMBRディスクへの変換は、特殊な有償サードパーティーツール(AOMEI Partition Assistant Pro Edition)でしかできない(私の知る限り)。

●Windows 7をインストールして、Windows 10にアップグレードできたとしても、MBRディスクのままでは2回目くらいからそのままでは起動しなくなるっぽい。

●その後、既存Windowsと新しいWindows 10をきちんと起動できるようにするのは難しい。(Windowsのツールだけでは無理っぽい)

どんなツール・方法を使ったのか?

●(もちろん、事前にデータをバックアップ)

●BIOS設定にて、UEFIブートの設定(例、Legacy Support)をEnableにしたりDisableにしたりする操作をします。

●データ損失を伴わないGPTディスクからMBRディスクへの変換のために、AOMEI Partition Assistant Pro Editionを使用(変換は一瞬で終わります)

●DVDからではなく既存WindowsからWindows 7インストール(DVDからだと失敗しました)

●最小限の再起動の後、Windows 7を認証させ(電話での数字入力が必要)、Windows 10へのアップグレード(何回かの起動の後、そのままでは起動できなくなるので注意)

●その後に、AOMEI Partition Assistant Pro Editionを再び利用して、MBRディスクからGPTディスクへの変換

SystemRescueCDに付属しているtestdisk(無料)

MBRディスクのままでは、Windowsが何回かの起動の後(2回目?)、そのままでは起動できなくなるようです。

したがって、それまでにGPTディスクへの変換とEasyBCDによるBCD Deploymentを完了させるか、起動できなくなるごとに下のtestdiskなどで起動可能にする必要があるようです。

このようにして起動できなくなったときに、それを直すのに有効でした(私の場合は、linuxのgpartedを起動させてしまって途中でNTFSのパーティションテープルを壊してしまいましたのでその修復にも有効でした)。

SystemRescueCDは現在も開発されています。この種のことをするのであれば慣れておくといいと思います。

systemrescuecd

TestDisk-Recover
実際にCDが販売されているわけではないと思います。

どうやらlinuxのLive CDで動かしたGNU Partedが、パーティションを壊したようです。したがって、teskdiskで復活させました。

testdiskでは、書き込みや編集をする前であれば、復旧できる可能性が高まります。Intel/PCを選び、Analyze、QuickSeachの後、pでディレクトリ構造を見れるかどうか確認して、もし見ることができたら、元のパーティションに*またはPなどを設定します。

●起動時に毎回、EasyBCD(無料)で(Add Entryをして)、BCD Deploymentまでを行います。最終的には、GPTディスクに変換後に、古い方のWindowsで行うことができたら、成功したといえると思います。なお、Windows CDで起動後に、「修復する」を選び、自動修復や、コマンドプロンプトを出して一連のbootrecコマンド(bootrec /fixmbrなどの4つ)などを使う必要もあるかもしれません。

(これだけの情報では、やはり慣れていないと成功するのは難しいでしょう)

いや~時間もかかるし、大変でした。

上にも書きましたが、既存のWindowsのパーティションごとバックアップして、HDD全体を消してdiskpartでMBRディスクに変えてOSを復旧したりインストールしたりする方法の方がいいような気がします。

そもそも苦労してWindows 7からインストールする必要があるのかどうかをよく考えた方がいいような…

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR