三菱自動車の燃費偽装問題は、優れたPHEV技術を得たいというフランスの国家的な陰謀に巻き込まれたのか?

asahi1

(asahi.comより)

三菱自動車の燃費偽装問題は、表向きは、皆さんご存じのように、

ダイハツ、スズキなどとの軽自動車での過酷な燃費競争

が背景にあって、

三菱自動車社内で、ほとんど営業的な観点で決められた燃費の具体的な数値目標(ほぼ絶対的)

が決められ、開発サイドは

そんな数字いまさら出せるわけないだろ!数字を作れって意味かよ!!

というようになった、という事情が外に出てきています。私は元メーカーの社員ですので開発と首脳陣との葛藤のストーリーで妙に納得してしまいます。同じような方はたくさんいるでしょう。


国家的な陰謀に巻き込まれたのか?

本稿では別の観点でこの問題を論じていきたいと思います。まずは、関係の整理。

  • 三菱グループの多くの会社は、三菱重工を筆頭に日本の防衛事業に大きく関わっていて、それを弱体化させようとしている勢力がある。
    (三菱重工が建造中の旅客船が何度も火事になったのは他国の息がかかった人による放火であるという説もある)
    ちなみに、ネットで検索してみればわかりますが、「朝日新聞」(共産勢力のために日中戦争や太平洋戦争をけしかけ、慰安婦ねつ造報道でも有名)がこの問題の報道に熱心です(似たようなネタを何度も報道することによって読者に大きな印象を与えようとしています)。
  • 日産の実態は 「フランスの国営企業ルノー」の子会社
  • 今回の燃費偽装の問題発覚は日産から。
  • ルノーはフランス国家が筆頭株主であるフランスの準国営企業
  • フランスは諜報活動もする国家
  • ヨーロッパの大衆向け自動車会社のVW、ルノー、プジョー、フィアットは、早急に、ディーゼルからクリーンなハイブリッド/電気自動車に切り替える必要に迫られているがうまくいっていない(VWのディーゼル問題を受けて)
  • 三菱自動車がアウトランダーPHEV向けに開発したPHEV技術はどこも欲しがる優れた技術。
  • 三菱自動車のPHEV技術は、現状は電池が高価なので電池をそれほど必要としないトヨタのハイブリッドに押されているだけ。電池が安価になれば本命のハイブリッド技術。
  • 実際に、PHEVの似た技術で、ホンダがアコードハイブリッドやオデッセイハイブリッドを作っているが、アウトランダーPHEVほどのハイブリッド時の燃費や走行性能(特に4WD性能)が出ていない

accord-h


という訳で、主題です。

三菱自動車は、優れたPHEV技術を得たいというフランスの国家的な陰謀に巻き込まれた!?

(多少飛躍している感がありますが…)

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR