豊洲市場移転問題の世論誘導報道は何なんだ!埋め土、地下水、埋め立て地

koike 

(アラブ語が堪能な小池都知事)

このブログでは、居住空間でのオゾンを発生する電気製品の危険性を以前から訴えてきました(健康問題のカテゴリー)。

その関連のページのアクセス数が一番多いです。

そんな、大気汚染、環境問題、化学物質問題に詳しい私ですが(学生時代は応用化学系)、

最近の豊洲市場移転問題の世論誘導報道は何なんだ!

と思っています。

toyosu-water

テレビに出演して、「安全性を第1に対応してほしい」とか話している人は、わかっているのでしょうか?

簡単に書くと、以下が問題になっています。

●地下水がたまっている。

●地下水には環境基準の4割のヒ素(As)が含まれている
(当初言われていたベンゼンなどは検出されず)

●地下水が食品の安全性を脅かす(!?)

●埋め土をするという話があったにもかかわらず、埋め土をしなかった。

という話です。

pers-small__

●埋め立て地の低い場所に市場を作れば、地下水がたまるのは普通

●海に近いので風通しがいい したがって、風通しを良くしていれば地下水の影響はないといえる

●ゴミを埋め立てたところから出る地下水に許容量未満の有毒物質が含まれていても普通

●地下水の有無とは関係なく、埋め立て地の空気が悪いのは当然

(私のように化学物質に敏感な人は、東京の埋め立て地(例、葛西)に半日いただけで気持ち悪くなることもあります)

●埋め土を全体にしたところで、何かが大幅に改善するとは思えない

●アルミニウムなべや缶飲料からの混入という形で日常的にアルミニウムを摂取している方が問題では?

●「豊洲市場の空気が悪い」としても、働く人たちには関係あっても、食品には(ほとんど)関係ないのでは?

●空気がいいところに住みたいなら、都心に住むな!

 

のように思っているのは私だけでしょうか?

なお、移転を延期して、安全性などの確認をすることには別に反対ではありません。

一般人が評価することが難しい「化学物質」や「安全性」を根拠とした「マスコミの世論誘導」に疑問があるだけです

テレビでは皆同じようなことしか言わないので、違ったことを書いてみました。

私も誤解しているのかもしれません。コメントをいただけるとうれしいです。

(画像は豊洲市場関連の参考画像)

toyosu-map

関連記事

コメント

Secret

世間一般とは異なる考えですね

世間では誰の判断で盛り土をしなかったのかで犯人探しのようになっていますね。
盛り土をしたところで大して改善しないのであれば盛り土をしなくて正解だったんだと思います。
それに、埋め立て地の地下水から水銀が出たとしても、当然のようにも思いますね。
テレビでの世論誘導にはウンザリです。
カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR