流行りのAUTOWAYで激安台湾メーカー製タイヤ→業者で装着

皆さん、台湾メーカー製の製品を使っているでしょうか?(※中国メーカー製とは違います)

<参考画像:ASUStekのEee PC ― 私も愛用しています>

台湾メーカーには、コストの面ではもちろん日本メーカーは負けているのですが、最近は、品質でも勝てていない分野が増えているような気がします(パソコンなど)。

パソコン、DVDディスクでは、売上高が1位です。

<参考画像:RiTek社のDVDメディア(日本のメーカーのDVDメディアはほとんど中身がRiTekだったりします)>

私は、そんな台湾メーカー製のものを購入することが好きです。何より安いし、日本のメーカーが持っていないものを持っているし、日本のメーカーの将来がなんとなくわかるからです。

今日、車(1500ccの小型車)のタイヤ交換をしてきました。

最近流行りの激安タイヤネットショップのAUTOWAYでNankangという台湾メーカーのタイヤを購入して、FITコーポレーション町田店まで配送してもらって、今日交換作業をしてもらいました。
4本合計で2万円くらいですみました。

nankang1

AUTOWAYでの支払い

NANKANG RX615 175/65R14 82Hが1本2900円×4
1本当たりの送料500円×4
割引 ー400円
合計 13200円

FITコーポレーション町田店での支払い

タイヤ4本の交換作業・バランス調整6300円
タイヤ廃棄代 250円×4
合計 7300円

総合計 20500円でした(4本分)。

ディーラー、オートバックスなどで国産タイヤを取り付けると、これよりもかなり高くなること間違い無しです。

元々高価な商品が2~3倍以上するのですから大きな差ですね。

FITコーポレーションのように、AUTOWAYで購入したタイヤを取り付けてくれる業者さんはAUTOWAYのサイトの「取り付け店を探す」でリストされています。

たくさんの業者さんが登録されているので、きっと近所の業者さんもあると思います。

直接配送OKかどうかは事前に確認してください。
直接配送OKなFITコーポレーションは、(横浜市)都筑店、町田店、厚木店があります。

使用感ですが、NankangのRX615は溝が多めに掘られているタイヤ(接地面積が少ない)で、評判通り、かなり静かでハンドルを軽く切れます。

nankang2

水はけが良さそうなので雨に強そうですし、燃費も良くなりそうです。Nankangは元々は1940年に日本領の時代にタイヤを作り始めた歴史のある会社です(ある意味日本メーカー(?))。NankangはFordなどには純正タイヤとしても採用されていて、私は信頼性は特に問題視していません。

それよりも重要なのは、タイヤに適正空気圧を入れ、タイヤの特性をドライバーが把握して、路面状況に応じて運転することだと思っています。

皆さんもAUTOWAYで激安台湾メーカー製タイヤはいかがでしょうか?

私はかなり気に入りました。

<AUTOWAYの宣伝です>



関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR