特許・情報フェア&カンファレンス2009

2009年11月4日(水)~6日(金)に東京・北の丸公園、科学技術館にて開催されていた特許・情報フェア&カンファレンス2009へ行ってきました。

http://www.business-i.net/event/pif/

特許・情報フェアは初期(10年前)には行っていたのですが今回はひさしぶりです。

(余談ですが、その際、大手電機メーカーが自社のツールからボタン一つで呼び出せる外部プログラムとして私が当時作っていたプログラムをデモしてくれていたときにはびっくりしました。)

写真を撮ってレポートしようかとも思いましたが目立つのでやめました(狭い業界でライセンス交渉で知り合った方に会ったりする可能性が高いもので…)

そこで、初期の特許・情報フェアと比べての今回の感想ですが、

  • 出願管理システムは増えていました。(大手電機メーカーの他、MS-Accessで作ったシステムまで)
  • 明細書チェックツールも若干出ていました(以前は私のプログラムしか出ていませんでしたが…)。生成ツールはまだ初期レベルといった感じでした。
  • マップツール・分類ツールを出しているベンダーが幾つかいました。
  • 調査会社も幾つか出ていました。
  • 特許明細書の翻訳会社も3社ほど出ていました。日英翻訳のレートを聞いたら30円/wordという返事が返ってきて高くてびっくりしました。
  • 以前と同様に、大手電機メーカー(東芝、日立、富士通、松下など)は広いスペースを使い、自社の出願管理システムなどを宣伝していました。
  • NRI、Thomson Derwent、パトリス、Wizdomainなどの検索会社も広いスペースで多く参加していました。
  • 三極特許庁ブース、ヨーロッパ特許庁、米国特許商標局(USPTO)のブースがありました。(ただし、USPTOは担当者が急遽来日できなくなってしまったとのことでJapioの方がEFS-Webなどの資料を配付していました。)
  • 2009/7に民事再生法適用を申し立てた株式会社パトリスも元気に出展していた(おしゃべりに付き合ってくれた担当者の方、ありがとうございます)。
  • パテントサロン(特許関連ニュース・求人のサイト)も出展していました。さすがメジャー特許サイトです。(以前働いていた会社が同じ大坪さんに挨拶をしようと思いましたが他の方とお話をされていたのでやめました)
  • マイナーな業界の割には来場者が多く、この業界で働いている人は多いんだなぁと感じました。
関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR