確定申告をe-Taxでやる方法+弥生会計

また確定申告の季節になりましたね。

確定申告は税務署にすいている時期に行って、いろいろと教えてもらうのが一番だと思いますが、たいていの人は、気が付けば、もう混んでいる時期になっていると思います。

今回は自宅で申告ができる方法をご紹介します。


(参考画像:e-Taxサイトより)

必要なのは、

●Windowsパソコン

最新パソコンが22000円で買えます。私の好みは、台湾メーカーacerから出ている小型ノートパソコンのAspireシリーズです。値段とキーボード配列が好みです。同じ台湾メーカーのAsustekから出ているEee PCでは、PageUp、PageDownのキーが独立で用意されていません。書類を読む際など、PageUp、PageDownキーをよく使いますからね。Ctrlキーが左手前の角にあるのも私好みです。

acer Aspire One HAPPY2シリーズ パパイヤミルク オレンジ AOHAPPY2-N71B/O

acer Aspire One HAPPY2シリーズ ストロベリーヨーグルト ピンク AOHAPPY2-N71B/P

acer Aspire One HAPPY2シリーズ バナナクリーム イエロー AOHAPPY2-N71B/Y

acer Aspire 5750シリーズ ノートPC 15.6インチWXGA Corei5-2410M Windows 7 Home Premium 64bit ブラック AS5750-N54E/K


●インターネット環境

下記のように申込者にキャッシュバックするキャンペーンをやっているところがいいでしょう。一般的に、光よりもADSLの方が安いですので、一般的なユーザーは、ADSLで接続上の問題がある場合を除いてADSLで十分だと思います。。

このサイトからYahoo! BBにお申し込みの方全員に商品券プレゼント


◆今なら35,000円キャッシュバック◆BIGLOBE光入会キャンペーン実施中


月額1,970円ぽっきりでブロードバンド【GMOとくとくBB】


□■DTIのADSL 月額1,995円 光も


楽天ブロードバンドのADSL及び光ファイバーの回線開設




●ICカードリーダーライター(公的個人認証サービス・住民基本台帳カードに対応しているもの)(約2000円~)

Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316

SHARP 公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系 RW-5100

SANWA SUPPLY 公的個人認証サービス e-Tax対応 接触型ICカードリーダライタ ADR-RW5100


●住民基本台帳カード(ICカードが入っているもの 写真は入っていなくてもOKです)

お住まいの市役所や区役所で1000円くらい払ってもらってきます。




このハードウェア環境をそろえると、他のお役所でやっている様々なシステムも利用することもできたりします。

ここからが大変なソフトウェア環境の構築です。


●ICカードリーダーライターのドライバーのインストール

これはICカードリーダーライターに付属のCDを利用して行います。

ちなみに、Smart Cardというサービスが「開始」状態になっている必要があります。

スタート|ファイル名を指定して実行|services.msc

で確認ができます。その他のトラブルはメーカーのサポートへ(お役所がらみの製品なためか、一般の製品と比べて意外と親切に教えてくれます)。


●事前準備
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/jyunbi.htm
に従って順番に行います。

公的個人認証サービス利用者クライアントソフトなどをまとめてインストールできます。

●e-taxソフトのダウンロード
http://www.e-tax.nta.go.jp/download/index.htm
に従って行います。(「【STEP1】e-Taxソフトのダウンロード」から)

住民基本台帳カードやICカードリーダーライターを持っていない等の理由で、e-Taxを利用してインターネットを介して申告などをしない場合でも、e-Taxソフト上で数字を入力して、プリントアウトして郵送や持参で提出することは可能です。e-Taxソフトのチェック機能などを利用したい場合はとりあえずインストールしておくといいかもしれません。

インターネット上の説明でわからない場合は、書籍を購入した方がいいかもしれません。

はじめてチャレンジ! インターネットで確定申告 平成21年3月締切用

自分ですらすらできる 確定申告の書き方 平成22年3月15日締切分

e-Tax電子申告でこう変わる




青色申告を行っている個人事業者や法人の方

個人事業者や法人の方は、通常、各種恩恵を受けられる青色申告を行っていると思います。

青色申告を行うには、所定の帳簿を付ける必要があります。

帳簿を付けていない場合は、青色申告特別控除の特典を受けられなかったり、経費が認められなかったりする可能性があります。

帳簿を付けるためにExcelを使用している人もいますが、通常は難しいと思いますので、市販の会計ソフトを使用するのがオススメです。

市販の会計ソフトの中でも最も多く利用されていて、無難な機能を持っているのが「弥生シリーズ」です。

個人事業者の方は、こちらの廉価版がオススメです。


やよいの青色申告 12


企業の方は、こちらがオススメです。企業の場合、確定申告以外にも、提出する書類が多いので、e-Taxをやっているとかなり便利です。

弥生会計 12 スタンダード
弥生会計 12 プロフェッショナル

弥生会計 12 スタンダードバリューパック(+販売)

弥生会計 12 スタンダードバリューパック(+給与計算)



とはいえ、実際に運用するとなると、書籍があると便利です。弥生会計については機能が劇的に進化したりはしていないので、必ずしも最新の弥生会計12の本でなくても古い本でもいいと思います。

はじめて使う 弥生会計12

今日から始める弥生会計12
はじめて使う 弥生会計12

できる弥生会計 10 (できるシリーズ)

弥生会計08導入ガイドブック (LOCUS PERFECT MASTER SERIES)

弥生会計06ではじめる らくらくパソコン会計


最新 個人事業者のための 帳簿のつけ方 申告のしかたがわかる本

最新 知りたいことがパッとわかる 勘定科目と仕訳が見つかる本

会計ソフトだけではダメ! 本当の会計の話



この他、無料税理士相談会を利用したり、税理士に相談するといいと思います。

ちなみに、地方税のオンライン申告には、eL-Taxというシステムを使います。

このeL-Taxは、国税用のe-Taxとは、システム構成も操作方法もまったく違います!!

しかもeL-Taxでは、ほとんどの自治体がオンライン納税に対応していません(自分たちがeL-Tax対応させようとする、やる気がありません)。

ユーザの利便性を考え、そして、税金の無駄を省くために、国税用のe-Taxと地方税用のeL-Taxを統一してください!!

このようなわかりやすい税金の無駄(重複開発による)を見せつけられると、納税モチベーションが下がります!!
(それでも、きちんと納税していますが…(苦笑))
関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR