L-04Cのroot化、カスタムROM導入方法

 

前の投稿で書いたように、現在、相場が安く、root化容易で、ハードウェアキーボード付きで、 小型な、DocomoのAndroid端末のL-04Cを使って、月490円で、スマホでのアクセスし放題+テザリング+固定電話の着信をスマホに無料転送できるシステムを構築中です。

その過程で、必須ではないですが、L-04Cにて、root化とカスタムROMを導入しましたので、その方法をメモします。

(1)root化

LGのページからL-04Cの接続用ドライバを落として、PCにインストールします。

「アプリケーション」→「開発」の「USBデバッグ」と「スリープモードにしない」にチェックを入れます。

SuperOneClickv1.7-ShortFuse.zip (場合によっては、SuperOneClickv2.3.3-ShortFuse.zipや

GingerBreak-v1.20.apk )を使ってroot化

この段階でテザリング設定ができるので、ここでやめるのも選択肢の1つ。

ちなみに、テザリング設定は、

(下記をすべて行った後、)

ESファイルエクスプローラーのインストール(マーケットから)
・ESファイルエクスプローラーの設定変更
設定を開いて「Rootエクスプローラー」と「ファイルシステムをマウント」にチェックを入れます。
・テザリングOFFの設定解除
/system/build.propというファイルをテキストエディターで開き、

ro.tether.denied=trueという記述があるので、その行の頭に半角で「#」を付けます。

保存して、L-04Cを再起動します。
・テザリング設定
設定 → 無線とネットワーク
「テザリングとポータルアクセスポイント」を開き、「ポータブルWi-Fiアクセス」にチェックを入れます。後は、一般的なWifi設定。

(2)CWM Recovery入手

ROM のバックアップ、復旧、更新のためのツールです。

CWM Recovery(l04crecovery_v5.zip)を入手して、PCからインストール

(3)カスタムROMの入手

cm-7.2.0-aki-20120618-elini-UNOFFICIAL.zip

SDカードに配置。その際、端末にて、USBマスストレージデバイスとして使用できるように設定します。

(4)Google関連ツールの入手

(マーケット(Google Play)を使用するために必要)

gapps-gb-20110828-signed.zip

SDカードに配置

(5)CWMでの作業

(6)その他

Flash Player 10.2のインストール(SDカードからapkファイルを実行)

(7)これで終了

しかし、これからもいろいろと時間を消費させてくれること間違いなし。

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR