Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールする方法(WinToFlash使用の場合)

前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)では、主に、USBメモリーを使用してWindowsをインストールする方法や、Windows XPのインストールの際のF6キーによるハードディスクコントローラーの読み込みを回避する方法をご紹介しました。

今回は、一般的に、Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールする方法をご紹介します。

(0)事前準備

(0a)Windows XPインストール用ブータブルUSBメモリーを準備

Windows XPインストール用CD(もちろんこれは必要)から作ります。

前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)で書いたように、WinToFlashを使用するのが楽です。

(0b)Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーを準備

Windows 7インストール用DVD(もちろんこれは必要)からWinToFlashを使って作ります。3GB以上のUSBメモリーが必要です(中身はフォーマットされます)。

(0c)EasyBCD

ブートマネージャー設定ツール(無料)(どのOSを起動するかを設定するツール)です。後で使うので、Windows 7に、EasyBCD (Non-commercial Free版)をインストールしておきましょう。

(1)Cドライブを分割して新しいDドライブを作る

CドライブにWindows 7がインストールされている場合、同じドライブにWindows XPをインストールすることはできません(厳密には不可能ではありませんが…)。

よって、Cドライブを分割して新しいDドライブを作ることになります。もちろんCドライブ以外に十分な容量の別のドライブ(ボリューム)が既にある場合は作る必要がありません。

(1a)CD/DVDドライブがDドライブになっている場合はCD/DVDドライブをQドライブなどに変えます。

「コンピュータ」を右クリック|管理|ディスクの管理|で該当ドライブを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。これによって新しいドライブをDドライブとすることができます。

エクスプローラなどで新しいドライブの前にCD/DVDドライブが並ぶのが違和感があるために行います。

(1b)パーティション分割ソフトウェアでCドライブのサイズ変更(resize)を行い、空いたスペースに、Dドライブを新たに作ります(通常、NTFSフォーマットで作ります)。

パーティション分割ソフトウェアとしては、Windows上で動作する、

EaseUS Partition Master (無料のHome Edition)

がいいでしょう。SystemRescueCDに入っているParted(Linuxベースの無料のパーティション操作ツール)などを使う選択肢もありますが、ブータブル(起動可能な)USBメモリーやブータブルCD/DVD(CD/DVDドライブがある場合)を作るのは面倒なためです。

(なお、この手の無料ソフトをインストールする際は、「自動」ではなく、「カスタム」を選んで、広告ソフトウェアを一緒にインストールしないようにしましょう。一度インストールしてしまうと除去するのが面倒だったりします)

(3)Windows XPをUSBメモリーなどからインストールする

これについては、前回の投稿(最新PC(SATA)に楽にWindows XPをインストール - nLiteを使ってF6フロッピー回避の自動化)で、主に、USBメモリーを使用してWindowsをインストールする方法や、Windows XPのインストールの際のF6キーによるハードディスクコントローラーのドライバーの読み込みをインストールCDに統合する方法をご紹介しています。

なお、相当に古いPCやWindows XPのインストールに配慮しているマザーボードのPCでないかぎり、F6フロッピーによるSATAハードディスク用ドライバーの導入が必要になります(ブルースクリーンになります)。

上記投稿では、nLiteを使ったF6フロッピー回避方法を説明しています。

(4)WinToFlashを使用して用意したブータブルUSBメモリーからWindows XPのインストール

(4a)ハードディスクでなくUSBからPCを起動

PC起動時に、ESCキー、F2、F8、F12キーなどを押して、起動媒体選択画面を出します。

Acer Aspire One D270では、F12キーです。

そして、USBメモリーらしきものを選んでEnterキーを押します。

(4b)WinToFlashの起動画面が出たら、1st, text mode setup …を選んで、Windows XPのインストールを開始します。

(4c)再起動したら、起動選択画面にて2nd, GUI mode setup …を選びます

もしうまく起動できなければ、2nd, GUI mode setup …の下の選択肢を順に試して起動させてみます。

Windows XPのインストールが終わると、再起動となります。ここで、USBメモリーを抜きます。しかし、

(4d)おそらく再起動できません

再起動できた場合は(6)へ

(5)Windows 7を起動可能にする

Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーで起動します。そして、立ち上がった後の画面で、「インストール」ではなく、「コンピューターを修復する」を選びます。

その後、再起動することになり、ブータブルUSBメモリーを抜いて起動させますが、おそらくまだ起動できません。

そこで、再度、Windows 7インストール用ブータブルUSBメモリーで起動 → 「コンピューターを修復する」を行ってブータブルUSBメモリーを抜いて再起動させます。

これで、Boot Loaderが修正されWindows 7が起動可能になっているのではないかと思います。

しかし、まだWindows XPが起動可能になっていません。

(6)Windows XPを起動可能に

これは、Windows 7起動後、(0c)でインストールしたEasyBCDを使います。

EasyBCDを起動して、

●Add New Entryを選び、Windows NT/2k/XP/2k3を選択して、Add Entryを押します。

●Edit Boot Menuで、デフォルトのOS、待ち時間を設定できます。

これで再起動をすると、起動画面で、Windows 7に加えてWindows XPも選択可能になっていると思います。

これで、Windows 7搭載PCに後からWindows XPをマルチブートでインストールすることが(運が良く根性もあれば)できたと思います。

EasyBCDはLinuxとのマルチブート環境の構築にも使えます。

(不明な点などがあればコメントをお願いします)


追記(2014/2/1)Windows Vista以降の場合は4GB以上の容量のUSBメモリーが必要です。

WinToFlashと同様な機能がある「Windows 7 USB/DVD download tool(ダウンロートはこちら)」という無料ツールがMicrosoftから出ています。WinToFlashではなくこちらを使う手もあるようです。

関連記事

コメント

Secret

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR