数学・算数の勉強は、東京出版の「大学への数学」「高校への数学」「中学への算数」がいい

「大学への数学」シリーズ

みなさんは、東京出版の月刊誌「大学への数学」「高校への数学」「中学への算数」をご存じでしょうか?

たかが子供用の数学のために月刊誌があるのです。

高校生、中学生、小学生高学年は、塾なんかに行くよりも、この雑誌を買うことをおすすめします。

いや、正確に言うと、この雑誌を読むような人は数学の塾なんか行く必要はありません。

難しい?

レベルは?というと、最初は難しいと思う記事がほとんどかもしれません。しかし、自分でもわかりそうな記事もきっとあると思います。

そして、徐々にわかるようになっていくと思います。

難しい問題は受験に出てくるレベルを越えています。

学力コンテスト

この月刊誌「大学への数学」「高校への数学」「中学への算数」の目玉コーナーは、「学力コンテスト」です。

毎月問題を3、4問ほど解いて、指定期日まで(発売から2週間ほどしかない)に東京出版に添削料として切手6枚くらいを同封して、送ります。

そして、成績上位の人は、名前、学校名、学年、志望校が掲載されます。

「学力コンテスト」の難易度は、はっきり言って、ものすごく難しいですが、錬られているいい問題です。

例えるならば、大学への数学の「学力コンテスト」の問題は、東大の二次試験の数学の問題よりも難しいか同等です。

しかし、時間はたくさん使うことができます。時間をたくさんかけて難しい問題を解くことで、正確に解く技術も養われます。

考えてみれば、社会人になってから仕事上で直面する問題も、数日調査して考えて、解決策を導き出すことが多いのではないでしょうか?

なぜいいのか?

「学力コンテスト」は、ものすごく難しいのですが、時間はたくさん使うことができるので、いろいろな方法を試すことができます。

そして、可能な方法でチェックして、完璧な答案を作り上げていきます。

成績がいいと成績上位の人として掲載されるようになって、モチベーションも上がります。

そして、この「学力コンテスト」に慣れてくると、他のあらゆる問題が非常に簡単に思えるようになります。

親子でチャレンジするのもよし

お子さんがいる方は、親も一緒にやってあげましょう。

楽しいですよ!!

と書きましたが、おそらく「学力コンテスト」は親が経験したことがあるレベルよりもはるかに難しいです。

購入は書店よりも通販で

通販だと発売日(1日前?)に家に届きますので、書店で買うよりもおすすめです。

「学力コンテスト」を解くには、1日でも早いほうがいいのです。

大学への数学(amazon)

高校への数学(amazon)

中学への算数(amazon)

おすすめです!!

WordpressのプラグインKtai Styleが使えなくなった気がする(php7が原因のようです)

Wordpress

Wordpressは、最も使われているコンテンツ管理システム(ブログ管理システムともいう)で、オープンソース、無料です。

「テーマ」という機構があって、外観を気軽に変えることができます。

また、「プラグイン」という機構があって、第三者のプログラムを気軽に導入することができます。

WordpressのプラグインKtai Style

今まで、WordpressのプラグインKtai Styleを使っていました。

これは、アクセスしているのが、ガラケー、スマホ、PCかどうかを識別して、それぞれに応じた外観(+軽さ)のサイトを表示してくれるものです。

例えば、ガラケーの場合はこんな感じです。軽い(データ量が少ない)ページですね。

Ktai Styleは使えなくなったか…

ところが、Wordpressを最新版に更新すると、Ktai Styleのおかげで、ページが表示されないようになってしまうような気がします。

Ktai Styleを使っている方は多いと思います。

Ktai Styleは、停止する必要があるかもしれません。

そうしないとページが表示されないかも。


<追記:2018/1/17>

原因は、使用していたサーバー(coreserver)でphpがphp7に勝手に更新されたためだったようです。

WordPress の Ktai Style を PHP 7 で動作するように修正したにて、不具合の原因と修正方法が掲載されていますが、修正版は掲載されていません。使用しているサーバーのphpがphp7に勝手に更新されることもあるかと思います。

どうやら修正版がどこかで掲載されるまではktai styleは使わない方が良さそうです。

あるいは、代替プラグインがあるかもしれません。いい代替プラグインをご存じな方はコメントにて教えていただけると助かります。

かな漢字変換システム(IME)あれこれ+Japanist 10発売!!

かな漢字変換システム


かな漢字変換システムというのは、「かな」(ローマ字入力ではアルファベット)を入力して、「かな」と「漢字」が混ざった文字列に変換してくれるソフトウェアのことです。

Windowsでは、IME(input method editor)、Macでは、入力プログラム、Linuxでは、インプットメソッドと呼ばれています。

WindowsでのIME


Windowsでは、標準のMS-IMEの他、Google日本語入力ATOKJapanistがあります。


Microsoft-IME (MS-IME)



Windowsでは、標準で、MS-IMEが付属していて、多くの人がこのMS-IMEを使っています。

しかし、このMS-IMEは、昔から変換性能が低いことで有名です。


Google日本語入力



そこで、無料でインストールできる「Google日本語入力」を使っている人もいます。

この「Google日本語入力」は、MS-IMEよりも変換性能が高く、また、webからデータを収集する機能があって最新の用語でも変換できる割合が高くなっています。

なお、Googleは、「Google日本語入力」から、webからデータを収集する機能などを削除して、mozcとしてオープンソース化をしています。オープンソース化とは、プログラムのソースコードを公開して他の人が改変できるようにすることです。AndroidやLinux用のmozcから、いくつかの派生版が出ています。


ATOK


atok


「Google日本語入力」は、無料なのはいいのですが、webからの文章から辞書を自動構築している割合が高いようで、ときどきトンチンカンな変換をすることもありますし、誤用をそのまま使ってしまっていたりしているようです。

このような事情で、有料ですが、徳島にあるジャストシステム社のATOKを使っている人が多くいます。

ATOKの辞書は、日本の会社の人が時間をかけて構築したものなので、トンチンカンな変換をすることはまずありません。

そして、昔から、句読点まで一気に打ち込むような使い方に向いています。


ichitaro


このATOKは、日本語ワープロソフトの一太郎にも同梱されています。


また、ATOK Passportに入ると各種プラットホーム用のATOKを使うことができるようになります。これに入って、スマホとパソコンでATOKを使う人もいます。

ちなみに、Android向けには、ATOK for AndroidとATOK for Android Professionalがあって、ATOK Passportに入っている人は、後者を使うことができます。後者の特徴の1つとして、物理キーボードを使って入力することができることがあります。

なお、Androidで物理キーボードを使って入力するには、mozcベースの無料のOyaMozcがあります。nicoWnnGとWeb IME Mushroomを組み合わせて使っている人もいるようです。


Japanist


japanist10logo


早く入力する人で、短い単位で変換をする人にとっては、ATOKを使っていると「変換が遅い」という問題にぶち当たります。


Google日本語入力でも、予測候補の表示の際などに、遅いと感じることがあります。



(Japanistでの入力予測)


そのような方は、富士通から出ているJapanistがいいでしょう。

変換速度や予測候補表示速度は、「爆速」です。



(Japanistでのヒント表示)


ちょうど、2017/10/27に、Japanist 2003から15年ぶりにJapanist 10へとバージョンアップして、Windows 10に完全対応したところです。


japanist4_thumb-1


(快速親指シフトの設定画面)


Japanistには快速親指シフトという機能があって、普通の日本語キーボードで親指シフトをできるようにするエミュレーターが入っているのですが、けっして親指シフトユーザーだけ向けではありません。


通常のローマ字入力を使っている人にも、速く表示される予測変換候補や高速な変換を体験でき、ストレスのない入力が可能になる優れたソフトウェアだと思います。

その他


現在、Windows 10に対応しているIMEは以上です。


中国の会社が作ったものもありましたが(Win10未対応)、大切なデータが不正利用されるおそれがあります。やめましょう。

日本語入力にこだわりたい方は、かな漢字変換システムを変えてみましょう!!

ライダーのための有用なグッズをたくさん紹介します(保存版)

高校生の時からほぼ毎日、日常の足としてバイク・スクーターに乗っている私。。。


(私が乗っているHonda PCX150 - Hondaサイトより)

バイクなしの生活なんて考えられません。

もちろん、ライダーのためのグッズにもこだわっています。

今回は、車種に依存しないすべてのライダーのために有用なライダーのためのグッズを紹介します。

コスパを重視して選んでいます。

安全のためのグッズ

ヘルメット

ヘルメットといってもいろいろとあります。安いものは、プラスチックがファイバー強化されておらず、強度に問題があります。

安い物もたくさん販売されていますが、できれば、SHOEIかArai、あるいはバイクメーカー純正のものを使いたいものです。

SHOEIとAraiを比較してみると、

SHOEI:間口が広くてかぶりやすい

Arai:間口が狭くてかぶりにくいが、フィット性がよく長持ちする

というような特徴があります。

なんと、私が今使っているAraiのフルフェイスヘルメットは高校生の時に買ったものです。30年間近く持っています(笑)。本当は、劣化するので買い換えた方がいいですね。いや、買い換えようと思うのですが、なかなか壊れないもので・・・

SHOEIのヘルメットを使っていた時期もありましたが、フィット感が長持ちせずに、途中で捨ててしまうことになりました。

というわけで、私がおすすめするのは、Araiです。できれば、まぶしさを低減することができるものがおすすめです。

グローブ

こけたときに地面と最も接触するのは手です。そのため、グローブは重要です。

強度
寒さ対策
雨対策

という観点で、選ぶことになるかと思います。皮製、ネオプレーン製、補強材入りのものなどがあります。最近は、スマホ対応が多いですね。

シューズ

シューズは重要です。できればかかとが隠れるものがいいです。

普通の靴を履いていると、何かに軽く足が当たったり、取り回し時に変な力が加わったりして、ねんざすることはよくあります。

バイク用のシューズだとわからないようにするか、わかるようにするかという観点でも選ぶといいと思います。

プロテクター入りウェア

着る物にプロテクターが入っていると安心ですね。プロテクターが目立たないようなものだと、着れる機会が増えます。

胸部・脊椎プロテクター

バイクの死亡事故の原因を統計的に調べてみると、頭部の次に、胸部が多いとのことで、最近、胸部プロテクターが重視されています。

この胸部・脊椎プロテクターは、脊椎も守ってくれます。私も買いました。

娯楽性のためのグッズ

カラビナ付きBluetoothスピーカー又はスピーカー付きMP3プレイヤー

音楽を聴きながら運転すると、意外と落ち着いて運転することができます。

そこで、普通の人が考えるのは、イヤホンをスマホやMP3プレイヤーに接続することです。しかし、これだとイヤホンがヘルメットに当たって耳が痛くなります。ヘルメットをかぶるときに一苦労です。

そこで、小型のカラビナ付きBluetoothスピーカー又はスピーカー付きMP3プレイヤーをヘルメットの固定具にカラビナで固定して首の近くに置くことをおすすめします。これだとほぼ自分しか聞こえないので、他の人にも迷惑をかけません。(厳密にいうと、都道府県によっては条例違反になるかも!?)

Bluetoothスピーカーだと、音源は別途スマホから取る必要はありますが、スマホの着信も確実に知ることができます。防水タイプだと、風呂場でも使うことができます。

寒さ対策

ハンドルカバー

これは見た目に問題がありますが、防寒効果はバツグンです。

ウィンドシールド(風防)

疲れ防止や高速道路での安定性にも効果的です。

前から大きな物が飛んできた場合にも、無傷でいられる可能性が高くなります。排気ガスも直接浴びなくてすみます。

私は、グランドマジェスティの純正の大型ウィンドシールドを中古で買って、加工して、ホンダのPCX150に取り付けています。

オーバーパンツ・バイク用ズボン

安全性のためにも重要です。ただ、かさばるので、私は、冬以外はレインウェアのズボンしか使っていません。

雨対策

レインウェア

私は、空気を通さず、薄いために収納性がいい、カジメイクのものを使っています。上下で1200円くらいしかかからずに安いです(笑)。

バイクに備え付けるとなると、収納性がいいことも重要です。

レインウェアは、防寒具にもなります。

収納グッズ

リアボックス

リアボックスがあると、いろいろなものを収納できます。旅行の時にも雨の時にも重宝します。

安全性を考えると、LEDストップライト付きのものがおすすめです。ストップランプの配線を分岐させることになります。なお、点滅するタイプのものは、違反となる可能性があります。


いかがだったでじょうか?自分はこういうものを使っているとか、コメントにて教えてくださ~い!!

ASUS Zenfone 3 Max ZC520TLをいじる

ASUS Zenfone 3 Max ZC520TLは、台湾メーカーが出している5.2inchのSIMフリースマホです。

zenfone3max-1

特徴は、

安い!!(新品がヤフオクで13000円で買えます)

4100mAhの大容量電池が入っていて電池の持ちがいいこと

です。上の画像のように他のスマホの充電も可能です。

この機種のいじり方

とりあえずいろいろとリンクを貼りました。しかし、Zenfone 3 Max ZC520TLでも、チップセットがMT6737TとMT6737Mがあり、これらの場合は、Kevin さんやベトナム人の方法をそのまま使うのはできなそうです。

CPU-Z

まず、CPU-Zというアプリを入れて、チップセットを確認することができます。

Kevin Arrowsさんの解説(MT6737T用scatterファイル)

https://appuals.com/root-asus-zenfone-3-max-mt6737t-chipset/

ベトナム人動画

https://www.youtube.com/watch?v=Y2yKgvgftXk

ベトナム人ブログ

http://cellfonehelp.blogspot.jp/2016/10/root-zenfone-3-max-root-zenfone-pegasus.html

文鎮を直す方法

https://www.youtube.com/watch?v=FXDTGMsGfcg

WWモデル用のファイル群(MT6737T用scatterファイル)


https://drive.google.com/file/d/0B2kFletApi72UkZWUmRONVdwUHc/view

ロシア人のまとめ(ファームウェアなど)

http://4pda.ru/forum/index.php?showtopic=770294

MT6737M用scatterファイル

http://www.gizbeat.com/10881/leagoo-t1-twrp-download-and-root-leagoo-t1/

ASUSのサイト(ファームウェアをDL可能)

https://www.asus.com/us/support/Download/39/2/0/20/k7XLnjZ3peZ8J0ei/32/

(上記は詳細不明)

Kevin Arrowsさんの解説

以下、引用させていただきます。

Required Files(必要なファイル)

SP Flash Tool(上のファイル群を使用!?)
Mediatek USB VCom Driver
TWRP 3.0 for Zenfone Max 3 (WW Mediatek version)
TWRP 3.0 for Zenfone Max 3 (EMCC Mediatek version)
SuperSU

Stock ROMs

(安心のためROMダウンロードを推奨)Optional to download, but recommended to always have a stock ROM in case of device failure.

ZC520TL Firmware

How to Xoot the Asus Zenfone 3 Max (MT6737T Chipset)
  1. Begin by downloading and extracting the Mediatek USB drivers to somewhere on your computer. These drivers allow the SP Flash Tool to properly communicate with basically all Mediatek chipset devices. (上のMediatek USB driverをダウンロード)
  2. (未署名ドライバーをインストールできるようにする)We need to disable Driver Signature Enforcement in Windows, so Press Windows Key + X and choose “Command Prompt (Admin)” from the menu. Now type into the command terminal:
    bcdedit /set testsigning on

The terminal will output “The operation was completed successfully”, so restart your PC. When it boots back to your desktop, you will see a “Test Mode” watermark in the bottom-right corner of your screen.

Note: If your command prompt returned “The value is protected by Secure Boot policy”, then Secure Boot must be disabled in your BIOS settings. Refer to your BIOS manual.

PRO TIP: If the issue is with your computer or a laptop/notebook you should try using the Reimage Plus Software which can scan the repositories and replace corrupt and missing files. This works in most cases, where the issue is originated due to a system corruption. You can download Reimage Plus by Clicking Here

  1. (デバイスマネージャーで操作)Open Device Manager on your computer – the easiest way is to hold Windows Key + R to open the Run command, and type “devmgmt.msc” and click OK.
  2. Click on your computer’s name, and then click the Action tab, and choose “Add Legacy Hardware”. Click Next in the Hardware Wizard box, then choose “Install the Hardware that I manually select from a list”, and click Next again.
  3. Enable “Show All Devices” before clicking Next, then “Have Disk” > Browse > navigate to your Mediatek drivers folder you extracted earlier. Be very careful which driver you choose to install, you must choose only the driver for your Windows version and system type (e.g. Windows 10 64-bit or Windows 7 32-bit).
  4. Now choose the Mediatek Preloader USB VCOM Port and click Next a couple times, then wait for the driver installation to finish. If an error comes up like “This Device Cannot Start (Code 10)”, just click Ignore and Finish.
  5. Now extract the TWRP recovery to your desktop, and also extract the SP Flash Tool. Run the Flash_Tool.exe with Administrator privileges.
  6. (Scatterファイルの選択)In the SP Flash Tool, click the “Browse” tab and then navigate to your TWRP folder. Select the “scatter.txt” file for your device. Now uncheck all of the options except Recovery.
  7. (USBデバッグを有効化)Enable USB Debugging on your Zenfone 3 Max under Settings > Developer Options. If Developer Options is not enabled, go to Settings > About > tap “Build Number” 7 times until it notifies you that Developer Options is now granted.
  8. (フラッシュ書き換え)Turn off your phone, and click the Download button in the SP Flash Tool. Connect your phone to your computer via USB, and the SP Flash Tool will automatically begin installing TWRP. You’ll see a green button in SP Flash Tool when it’s done.
  9. Now transfer the SuperSu.zip file to your phone’s SD card, turn off the device, and boot into TWRP recovery mode (hold Power + Volume Up).
  10. In the main menu of TWRP, choose “Install”, then navigate to your SD card and select the SuperSu.zip file you transferred over. Swipe right to install, and then reboot your device when it’s done.

PRO TIP: If the issue is with your computer or a laptop/notebook you should try using the Reimage Plus Software which can scan the repositories and replace corrupt and missing files. This works in most cases, where the issue is originated due to a system corruption. You can download Reimage Plus by Clicking Here

いじれた方は教えてください!!

カテゴリ
プロフィール

ぽち

Author:ぽち
ようこそ!脱サラして好きなことをのんびりとやっています。
このブログが役に立ったという方やご意見や質問・要望がある方はコメントを書いてくれるとうれしいです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR